HOME > Profile Shop写真素材ProfileはげログPhotologForumLink仕事雷情報

■Concept U*Dの沿革

大学在学中(1996年)にとあるきっかけでPCを入手。そのままHTMLを独学で学び始める。
とりあえず、当時ブームだったファッションアイテムの店舗情報などを発信し始める。
アルバイトで教育ソフト制作会社に入社。はじめは輪転機やコピーを駆使して資料を作り倒す仕事をする。
なぜかWindows CE1.0のPocket Wordでマニュアルを作る。それが評価されて、はれて制作部に異動となる。
私語が多いと注意される。この件については今も根に持っている。
Photoshop3.0に出会う。CGの将来性を改めて痛感することになり、化学屋から一転CG屋への道を歩み始めることになる。

Canon EOS55 購入。

Macromedia Flash2.0に出会う。そのおもしろさに早速会社に売り込むことにする。
ちょうどあるアニメーションを作る仕事を与えられたのをきっかけに、Flash3.0を大々的に売り込み、見事採用される。
そのころ、制作部からサポート部へ異動。就職活動もまともにせず、そのまま正社員になることに決める。
FlashとDTVを融合させて、販促ビデオを制作。このころからサポート業務とマルチメディア系制作を掛け持ちするようになる。

新部署 マルチメディア制作部 ができる。そのまま潜り込むことにする。

社員が二人しかいない部署なのにPCが5台とかある環境を生かして、殺人的スケジュールをこなし、1つの製品を世に送り出す。
度重なる徹夜の嵐。徹夜明けで卒業式に挑み、徹夜明けで入社式に挑む。

正社員となり、PC環境を充実化させるためにThinkPadを購入。(600E)

CONTAX G2とBiogon28mmを衝動買い。いつの間にかフィルムスキャナも買っていた。
ということで、写真サイト Untitled*Documentがスタートする。

ものすごい勢いでレンズが増殖を始める。
45mmを買ってすぐに16mmを購入。しばらくして21mm、そして90mmを買う。
これらのレンズをひっさげて、あちこちの山や建築物などを片っ端から撮りに行く。

あるイベントをきっかけに SONY VX2000を購入。U*Dにビデオコーナーを新設する。
ThinkPad買い換え。(T22)

2002年に入って、ファイル数が増大してきたサイトの完全リニューアルを考え始める。
PHP+MySQL環境が整っているサーバーに引っ越し。同時にシステム開発の勉強を始める。

U*Dの機材にCONTAX RTSIIIを追加。例によってその後ものすごい勢いでレンズが増える。

家の冷蔵庫がフィルムに占拠される。

フィルムスキャナ Nikon Super Coolscan 4000ED と汎用スキャニングソフトのVuescanを導入。
超高解像度に対応する。

2003年1月 Concept U*D 開業。
ストックフォトを中心としたサービスを開始。
WEBデザイン業も仕事として受注を開始する。

商品撮影やモデルさん撮影の仕事が入るようになり、ものすごい勢いでスタジオ機材が増殖。

2003年10月。阪神タイガースが優勝したのでハッセルブラッドを購入し経済の発展に微力ながら貢献する。
しかし、レンズ1本何十万もするので、思ったように増殖させられず、未だ80mmだけでがんばっている。

決算期をまたいだ2004年初頭。TOYOFIELD45AIIを導入。大判写真の世界に足を踏み入れる。
当初は150mmだけで満足していたが、2ヶ月もたたないうちに90mmを導入。
このカメラを最後にもうカメラは買わないと決めた。

2004年10月。mixiで知り合った方からD70を勧めてもらう。同時に師匠がD70を購入。
何日か悩んだ結果D70を導入。その後1月もたたないうちにレンズが二本増える。
同時にデジタルカメラを露出計代わりにする撮影法に切替。

こんな感じで今に至ります。

著作権利用規約リクエストフォーム特定商取引に関する表記

Copyright©2005.Shingo Okamoto