ブルベアセレクトバトルの最近のブログ記事

2004年8月14日

収支報告

時価評価額 17,028円(2,972円の損失)
前回より311円戻せた。

ポジションはベアを継続。

2004年8月 9日

久しぶりの報告

時価評価額 16,717 円(3,283円の損失)
ポジション ブル
強気で攻めていたけど、アメリカもこちらも駄目駄目っぽいので金曜日約定でベアにスイッチ。
リタイヤ色が濃くなってきたぁぁぁぁぁ

2004年7月14日

ダブルブルに死す

現在の評価額17,755 円(-2245円)
敗因:選挙で民主躍進の報道がなされ、政治不安が台頭したのか日経が暴落した。
対処:損が2000円を超えたと見られるポイントに来たときにマネーファンドにスイッチして、選挙の様子を見ることにした。
結果:選挙前の金曜日に反発。翌月曜日も「自民大敗とならなかった」ということで続伸。
感想:あーベアにしなくてよかったよ。マネーで助かったよ。

現在のポジション:マネーファンド(値動きなし)

この後どうするの?:相変わらず強気(ブル)で行くつもり。銀行統合の結果がどう動くか様子を見てからポジションを決定したい。

本日実行した格言:わからないときは何もしない。by 内藤忍(マネックス証券)

2004年7月 3日

1週目

040702.GIF

思惑とは見事に逆に動いて781円の損失をたたき出しました。
アメリカの雇用統計がよくなかったり、月曜休みの連休に突入していたりで、月曜も芳しくない動きになりそうです。
しかも、日本市場に於いてもなかなか12,000円を超えられないとか2月からずっと続いていた売買高10億越えが金曜日に10億割り込んで連続記録が止まっちゃったとか、いいニュースがないです。

スイッチングしてもいいんですが、スイッチングにも手数料がかかるわけでその手数料を考えてうまくやらないと駄目です。
例えばこの先数パーセント下げてから上昇に転じると考えると、一旦ベアにスイッチして上昇しはじめた時にダブルブルにスイッチするといった2回スイッチしちゃうと手数料が2回分かかります。
そういうのは避けたい。
下げ分のリスクを取っておきながら上昇すると見て、ブルにスイッチするか、ダブルブルのままで行くか。
月曜の締切時間までたっぷり悩むことにしよう。

2004年7月 2日

ファンド購入

040701.GIF
ということで、ファンド購入しました。
ダブルブルです。日経12,000円超えを思いっきり意識しました。

んが、昨日のNYは爆下げっすね。
約定は7/1なんですが受け渡しがまだ後なので、評価額がいくらになるかはまだわかりません。
いきなり2000円ぐらい飛んでいきそうな予感。

2004年6月25日

ブルベアセレクトファンドで逝こう

逝っちゃだめ。

投資信託の中でもギャンブル的な性質が強いブルベアセレクトファンドを紹介したい。
ギャンブルっぽい投資商品といえばクレディリヨネのマーケットファイヤーがあるけど、これは予想を外すと0円になる上に、選択肢が3つもあるので正直勝てる気がしない

で、ブルベアセレクトファンド。マーケットファイヤーみたいに2倍になるとかいう可能性は少ないけど、0円になる可能性も少ない。また、上がるか下がるかに賭けるので明快。わからなくなったときは一時的にマネーファンドというものに待避できるようになってます。
じゃ、どういう風に売買していくのか見てみましょ。

続きを読む: ブルベアセレクトファンドで逝こう

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちブルベアセレクトバトルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはフリークライミングです。

次のカテゴリはマネフリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。