業務日誌の最近のブログ記事

2009年11月 3日

会社を作りました

普段一緒に仕事をしている人と、会社を作りました。

個人のアライアンスを組んで仕事をしてきたのですが、やはり個人へ仕事を出せる会社というのはなかなかなく「法人格だったら出せるのに」という話もいくつかいただけていたりしたのですが、なかなか踏み出せずにいたところ、僕自身の環境が法人格を必要とする流れになってきているのもあり、予定を半年ほど前倒しして会社を作ることにしました。

そして先日11月2日に登記申請。速攻で電話がかかってきて補正があるっぽいですが、ひとまずコマを一つ前に進めることができたのだなって思ってます。

会社の名前は 株式会社hatteって言います。新会社法の施行により、ローマ字での登記が可能になったのもあって、なかなか見られない社名でもあります。
もともとアライアンスを組んでいたユニット名がhatteだったので、そのままそれを社名にしました。

「hatteって何ですか。はってって読むんですか?」とよく聞かれるのですが、hatteは日本語で書くと「張って」になります。
クライマーならすぐわかる言葉ですが、クライマーとそれを確保しているビレイヤーの間にある命綱、これを「張って」という意味で使われる言葉です。

この言葉が使われるときは、完登したときと途中で休みたくなったり、危険な状態になったりしたときです。いわばビレイヤーとの信頼関係を行使する、そんな意味が込められていると思って、hatteという名前にしました。

名刺をいただいている方々や、知り合いの皆様には改めてご挨拶状をお送りさせていただく予定です。

これからは会社としてがんばっていきますので、よろしくお願いします。

2006年9月12日

久々の業務日誌

ColdFusion ラブ。かわいいぞこん畜生めってノリで週末買いに行こうと思ったら(13万するのだが)、どの店にも在庫なかった。
PHPでいいかな…いやいや、ColdFusionで仕事してるのに、持ってないってなんか恥ずかしいじゃない。

SubVersionの便利さ(というかUpdateしてCommitしてるだけだが)に惚れかけている。
是非とも我が家にも導入したい。

ネット工事の現地確認は14日らしい。
家仕事に支障でまくりで胃に穴が開きそうなんですが。

さ、原稿かかなきゃ…

2006年3月 6日

業務日誌0305

うちなーんちゅ。
ちゃんぷるちゃんぷる。

下旬に沖縄に行きます。せっかくなので寝ないで写真撮りまくってきます。

しかしこの時期飛行機の割引がきかず、往復で6万数千円飛んでいくんですが、 心優しい嫁さんのお父さんが株主優待券をくれていたおかげで、半額にすることができました(もう一枚はヤフオクで落としました)。

たまったマイルは関西〓石垣便でつかっちまおうかと思っています。2往復できる。

2006年2月13日

業務日誌0212

秘密兵器のテストに出かけたけど、秘密兵器使わず。 結局部屋の窓からテストした結果をmixiに晒してサブリン氏からアドバイスをもらったりする。

諸々たまっている小さな仕事を中心に片付ける。
okamot.comに新しいコーナーを新設予定。MIND GAMES。僕が研究開発を進めている脳ゲー(最近すごい流行ってるね) をチョコチョコとアップロードしていきます。
元アシの依頼もあって携帯版とかもある。

英語版も作って、広く世界に発信する…つもり。

2006年2月 3日

業務日誌0202

思いがけず英語漬けになりそうな予感。外人の心をつかめるといいのだけどな。

2006年1月17日

業務日誌0116

備忘録:1月18日はCarl Zeiss ZFの発表日です。

仕事が立て込んできた。去年の今頃はのんびりしていた記憶があるが、今年はとんでもないスタートダッシュをキメているようである。
ざっと数えて並行している仕事が5件。

新しくアシスタントは取るつもり無いので、外注するなどしなければならなくなってきた。というか、不採算性の高い仕事は切るべきか、 値上げするべきか…悩む。

2006年1月16日

業務日誌0115

マネフリSNSのセットアップ。文字コードがらみで悩み倒し。
URLだけ決定。動作さえするようになれば、デザインよりも先に適当な方に招待メールをぶん投げます。
欲しい人はメールちょうだい。

東京出張中、六本木あたりにいた頃、ある方から仕事の依頼が舞い込む。

僕はその話を喜んで嫁さんにした。
彼女は冷静に「ここでちゃんと結果を出さないとダメだ」と檄を飛ばす。
気合はかなり入っている。はず。

ここ最近新規案件が少なくて、元アシNに見せてやりたくても見せるものがない。
彼女はいまももの凄い勢いで成長を続けているわけで、僕はそれを指をくわえてみているだけである。
ちょっと悔しい。

2006年1月13日

業務日誌0112

東京出張。

浜松町→六本木→恵比寿とハイキング。
昼に恵比寿でsaburi.comのサブリン氏を始めとする方々に会い、AFURIというラーメン店でゆず塩ラーメンをいただく。 ゆず風味が上品に効かせてある塩ラーメンで、スープをすするとほんの少しニンニクの香りがしてくる。
東京来たらそばかラーメンか寿司だな。うん。

古い古いShockwaveの話などを聞かせてもらい、16時ちょい前に解散。僕は五反田へ。

初めての五反田。
指定されたビルにはいると、ハーマンミラーだのvitraだののショールームがある。 ビル全体がクオリティ高杉なデザイン系の会社で占められている。「こ…これが五反田クオリティ!」とちょっとびっくりする。

ここで古い友人との再会。
話したいこと、聞きたいことがどんどん出てくる。でもお互い時間がない。何から話していいのかわからないし、 何から聞いていいのかもわからない。でもまぁ、それなりに話はできた。
新しくなった名刺を受け取って、僕は印刷しすぎた名刺を渡す。

場所を東京全日空に移してミーティング続行。
長州小力と平山あやを見る。小力は私服でも小力である。どこからみても小力は小力である。

ミーティング後、解散して僕は浜松町までタクシー。万札出したら20円かえってきた。へ?9980円もするの?ここ羽田?
ドライバーは1000円と勘違いしたらしい。そして、釣り銭ないらしい。カードで支払う。

羽田のドンサバティーニでいつものように夕食をと思ったら、本日のパスタが「金時豆の…(苦手なので最後まで読まない)」と 「なんとか野菜の…(そういう気分でもない)」だったので、銀座アカシアでハヤシライスをいただく。注文後30秒ぐらいで出てきた。
残った時間はラウンジでトマトジュース。

小学生の恋愛を描いたようなドラマをやっていて、ラウンジでチラチラみていたら飛行機の時間に。
搭乗開始時刻が遅れているようだったけど、ゲートに向かってドラマの続きを見たら、小学生の女の子を母親が誰かにうって200万もらって、 工事中のビルの中で裸にされて写真撮られて、撮ってる男がじつは女の子とつきあってた小学生の男の子の父親で、 男の子は父親を殺してしまっていた。
ラウンジからゲートまで歩いている間に何があったんだろ。まるで違う番組を見ているような展開のすごさだった。

ドラマ途中で搭乗。あれからどうなったんだろ。

離陸後、川崎の工場地帯を見るのが好きで、窓に目をやったらもの凄い悪臭に襲われる。
窓から離れると悪臭は消える。腐ったぞうきんをさらに熟成させたような猛烈な悪臭がする窓。と、思ったら、 後ろの席のオッサンが靴を脱いで足を組んでいて、その臭い足がシートの隙間からこちら側にのぞいていた。
川崎上空で雲の中に入ったので、窓から離れて寝る。大阪までワープ。

さすがに帰宅後はぼろぼろだったけど、一日で溜まりきったメールを処理して、仕事を終わらせてから就寝。
収穫だらけの1日だったよ。

2005年12月26日

業務日誌1225

風邪引いた。
でも、朝から撮影に出かけたり、夕方に撮影に出かけたりする。今年12月はあたり月だ。休日にコンディションのいい日が運良く重なる。
順調にカット数を重ね、ハッセルとD2xでそれぞれたっぷりと写真を残せた。

春ぐらいから続いていたある仕事が完了。いただけるギャラから嫁さんに「BOSEのスピーカーほしいか?」と贈ろうとしたら 「高いからいらない」と言われる。

たいした風が吹いているわけでもないのに、 防波堤で立ち上がるとふらついてそのまま数メートル下の地面(東側)or海(西側)に落ちそうになる。必死でこらえる。
GPSとリモートコードが同時に使えるかのテストをちょっとやって帰宅。
メール処理を少しこなして、椅子に座ったまましばし放心。
そうしている間に母と姉がやってきて、プチクリスマスパーティーなど。コーヒーを入れて差し上げる。

終了後、死んだように寝る。
アスピリンが効いたのか、朝は調子よかったけど、これを書いている今、今年最大級にやばい。

2005年12月16日

業務日誌1215

結局元アシNにはサーバーのアカウントを発行することにした。メールアドレスもそのまま置いておくよ。
プログラム的な話をするごとに、こいつはやっぱりすごいと思わされるのだけど、僕とは住む世界が違うんだろう。 アシとしての復権は考えられない。

僕よりまともなCGIが組めるようになれば(僕もひどいもんだが)、コラボれるだろうな。今はそういう期待をしてる。

昨日から継続するCD-ROMの仕事。数々の問題点をクライアントのT氏とともに「キター!」「デター!」「オッシャー!」 とクリアしていく。
親しき仲にも礼儀ありというが、彼との仕事は気が知れた友人と進めているようで、とても楽しい。

森山直太朗の「12月」をヘビーローテ中。
聞いてると言葉にできない寂しさに包まれる。
この季節はどちらかというと「別れ」の曲の方が似合う。この季節に別れるってのは、山頂を目の前にして引き返すような、 ある種の潔さと後悔のせめぎ合いのようなものを感じずにはいられないんだ。

2005年12月15日

業務日誌1214

とあるCD-ROMの仕事をしていたころ、元アシNとメッセ。
Rubyな話を中心に。

なんだかアシとして存在していた頃に比べて、彼女を客観的に見ることができるようになったせいか、 プログラムの癖とかそう言うのがもの凄いよくわかった。お互い変に向上心に満ちていたり。
自分の教え方がちょっとずれていたと言うことも。

経理な都合で彼女のアカウントを削除したのだけど、それのせいかRubyなCGIは作れないという。
環境なんていくらでも用意できるだろうに。
手を差し伸べるべきなんだろうか。

彼女をアシとして使い続けるのは、僕の意志に反するという理由で関係を解消したのだが、彼女から勉強する環境を取り上げるのは、 僕が彼女をアシとして雇うきっかけになった、彼女の才能という杭を打ち続けることにならないか。
出る杭はのばしてやりたい。だとすれば、僕が今やっていることは、自分の意志に反していると言えないか。
とか自問中。

2005年12月14日

業務日誌1212

とあるストーリーをガリガリと書く。
変に矛盾点があったりすると嫌なので、たとえば「これが生まれた経緯は」とか「これが作られた背景は」 とかそういう設定的な部分もしっかり考えてみた。
当然、それは表に出ることはなく、僕が制作する上での資料としてしか存在しない。でも、なんかちょっとスッキリするわ。

そこにあるものにもちゃんとした理由があるっていう。ね。
ほら、カメラとかいじってて「何でこんなところにスイッチがあるのよ!」とか思うじゃない。でも、実際使っていると「あ、なるほど。」 と思わされるじゃない。そういうもんだよ。

そういえば、僕の師匠でもある高木敏光氏と僕の神様である廣鉄夫氏によるWhite Chamberが20日にいよいよ公開。
続編については“横浜”で明かされてた。

年末は何かと忙しくなりそうだわ。

2005年12月12日

業務日誌1211

アシNお疲れ様。今日から一人で仕事します。

任せるつもりだった仕事は全部自分で片付けることに。
その方が気楽か?
自分が本当にやるべきことはなんなんだろ。と思いを巡らせていたら、寝てしまって朝だった。
全然寝た気がしない。

2005年11月17日

業務日誌1116

東京の仕事の更新。請求関係がちと曖昧になっているのが怖い。
子供用に新しいレンズが欲しいぞと。あはははははははははは。

「お金がないときの岡本さんの生活が見てみたいです」とアシNに言われる。彼女が見る僕は、いつも“大人買い”をしているらしい。

スーパーで食材を購入。
それとなく食べたくなったカレーを制作。タマネギを炒めつつニンジンを切る。
そこに切り落としのロース肉をぶち込んでサクッと炒めて煮込み。
既製のルウを使ったとはいえ、デキは上々。

コッソリとあるゲームを制作中。進捗はアチラでそれとなく公開中。

2005年11月14日

業務日誌1113

ストーブ出しました。
するめが焼けます。さっそく焼いている人がいました。
エスプレッソマシンを手入れしました。さっそく新しく豆を焼きました。ラテを入れました。

夏よりも冬の方がなんとなく味がある気がします。

仕事中、ラーメンが食べたくなったので、ストーブにやかんを乗せました。
しばらくたってお湯が沸きました。カンカンカンカンと独特の音がしてます。PCのノイズよりうるさいんですけど、気に触りません。

夏よりも冬の方がなんとなく味がある気がします。

2005年11月 7日

業務日誌1106

と言っても半日ぐらいをバイクの整備に費やす。

アシN用課題制作中。素人にはちょっと荷が重い感じもするが、いいか。
Flashだけにとどまらず、いろんなソフトを組み合わせていかないとな。

2005年10月27日

業務日誌1026

同時進行していたあるプロジェクトが一方的に解散。

やった!

いや、儲けがなくなるし、これまでの費やした時間は返ってこないしで、いいことばかりじゃないんですけど、いろいろ思うところあって、 やるべきかやめるべきかすっごい揺れ動いていた。

ま、仮に彼らが「ConceptU*Dって最悪よ」と噂を振りまいたところで、東京のクライアントなんか星の数ほどあるわけだから、 痛くも痒くもないぜ。
…と強がってみる。

しかし、今回の件ではある方にとても迷惑をかけちゃった(あるいはこれからかけちゃう)。近く、東京に出没しますので、 一杯やりましょう。神田でいいです。僕、蕎麦好きです。神田の。

空いた時間は延び延びになっている麹町なプロジェクトとアシNの教育と自分本来の仕事でもある写真に突っ込もう。あ、子供ね。うん。 忘れてないよ。

2005年10月13日

そういえば

今日は結婚記念日なんだそうです。朝まで気がつきませんでした。

昨日はあるプロジェクトのフェーズ1が完了して一旦納品になったので、一緒に仕事していたIさんと雑談をしていた中で 「予定日いつでしたっけ?」って話になって「あと1週間ぐらいっすねぇ」と言っていたら 「初産は半数ぐらいの方が1週間ぐらい早かったりしますから、そろそろ名前決めておかないと、明日突然って事もありますよ」 と言われてしまう。

うへー。

雲古とか書いている場合じゃないじゃないか。

取り急ぎ、僕が推す名前を1つ決めて、これで。と嫁さんへ進言。

なんか、いろんな人と字がかぶるらしい。
あと、画数がどうのこうのと言ってる。僕からすればそんなのどうでもいいんだけどな。

2005年9月28日

業務日誌0927

オーバーワーク症候群って呼ばれる、手とかの末端のふるえが出始めて、字が書けなくて「ウッヒョー」と思っていましたここ数日。
まだなおってません。

2005年9月16日

業務日誌0915

半徹夜で追い込み。
カフェインドリンクは使わないで、ミルクティーでしのいだ。

会社の方もめまぐるしく仕事が押し寄せてきていて、今までのワーキングスタイルが全く持って使えなくなってきた。
リストラクチャリングの時期か。

珍しく仕事のメールが1通もこないなと思っていたら、東京サイドで激しく動いていたという話を夜に聞く。
深夜1時過ぎに痛恨のネットワークトラブル。最近よく落ちる。
念のためルーターたちを再起動したけど状況は変わらないため、プロバイダだと割り切って、b-mobile接続に切り替え。
作業しているうちにネットワークが復活したようなので、それまでの成果物をさっさとアップロード。

2日連続徹夜はまずいので、3時半過ぎに落ち。
寝る前に嫁さんの枕横で「太鼓の達人ポータブル」をぶちかます。

某mixiで散々吠えていた嫁さん用イヤホンを注文。17日に届く予定。
FF7アドベントチルドレンをAmazonで購入。エンドロールにある方の名前が載っているらしい(ネタバレを避けてます)。

来週の九州撮影の準備を開始。

--TODO
某Rのモーションサンプル(全然進んでない)
某Aのプログラム(やる気はあるんだ)

2005年9月15日

業務日誌0914

追い込み。

カフェインドリンクを導入するも、所々で落ち。
ひっきりなしになる電話の応酬とメールのやりとり。アップデートされていくプログラムたち。

ふとした思いつきで、EZDLっていう名前のアプリを思いつく。
コッソリと準備を進めてみる。
ユーザービリティをちょっぴり改善できるナイスなソリューションだよ。
(プラグイン使うので、意味無いという説もあるけど)

2005年9月12日

業務日誌0911

10日金曜日は某大企業なサイトの打ち合わせで恵比寿へ。土曜日はどうしても大阪にいたかった理由もあり、日帰り。

僕の担当はFlashプログラミング。デザインは別の方が行って、モーションをどうするかを決めて、それを僕が現実のものにする。 もちろん、できないこともある。そこの判断がつきにくいのはいつものことで「できないことはないのだけど、この工数では厳しいと思う」 といった感じで答えたり。

ここ最近は数理系のプログラムに興味津々で、物理学の本や数学の本を買いあさっては、○○風の動きをするには…とか考えてる。 できることなら、それを実装して一発ぶちかましたい。

最終で大阪に戻り、土曜日はアシNにFlash教えたり諸々の雑用をこなす。で、夜にまた東京に戻る(戻るって言うのか?)。
新宿アカシアとかいう店で「大納言ハヤシ」なるものを注文。ハヤシに和牛ステーキが乗っていて1800円。まぁまぁか。
予約しておいた空港内の羽田エクセル東急で1泊。ネット環境が完備されてあり、LANコンセントがデスクにあった。
ケーブルが1mしかないので、これは今後は数メートルのを持って行くべきだと思った。
だって、ベッドで使えないんだもん。

知らずの間に落ち、気がついたら5時前。うだうだと起き出して、早朝便の準備が進む空港を眺めつつ、朝の用意と飯。

ミネストローネがうまかったぞ。しかし1800円も出すなら、スープストックに行くかもしれないな。

チェックアウトして、いつも迎えに来てくれる姉へ感謝の「東京バナナ」を買う。ついでにアシNへも。

いらない荷物をお土産と共にコインロッカーに入れて、いつもの店で少々買い物して「縁起担ぎ」を済ませる。
モノレール快速→JR→メトロを乗り継いで麹町。
昼食はオサレなイタリアン。先方が出してくれた。ピザ2種、パスタ2種。
突然の大雨で店から出られなくなったり。
取締役のM氏が傘を買いに行って戻ったら止んでしまったり。
ビルに戻ったら停電してたり。

定刻20時まで作業を進め、いつもの電車で空港まで戻る。
快速ゲット。
いつもの時間に空港について、いつものタイミングでスープストックのカレーセット。ものすごい勢いでかき込みつつ、 家の人にメールしたりアシNに連絡しようと試みたが、アシNには連絡つかず。

本屋で「使ってはいけない」(って名前だったと思う、あとで調べるよ)って本を買ったのだけども、何というか、買って損した。

2005年9月 1日

業務日誌0831

1年の2/3がすぎた。

Photolog更新したよ。日が結構飛んじゃったけど。誠に不本意。もうしわけない。

今週中に写真のサンプルを納品せなあかん。しかし、まだ何もとってない。アイデアはあって、 おそらく機材もあるんだけど(CG風な世界を写真で表現してみる)とる時間がないぞ。

採用されるといいな。

2005年8月28日

業務日誌0827

久々に使っているPCの遅さに苛立つ。
んで、ノート用のメモリを買いに出かけた。高いので1枚だけ。1GB。36800円。
もともと512MB2枚差しだったので、これを1枚入れ替えて1.5GBととなった。
ギャラ入ったらもう一枚買いに行く。

というか、いい加減まともなデスクトップを1台買っておきたい。

2005年8月22日

業務日誌0820

なんだかなぁ…って感じがいくつか。
週末の予定を全キャンセルして、ある制作に注力。

んで、友人(大学生)が開業したとかで、アシN来訪。これまでにない集中力でチュートリアルを終わらせてた。
(僕は教えるどころじゃなかったので、自習してもらった)
友人の影響力は偉大だ。負けたくないらしい。なぁに、君の師はそんじょそこらのクリエイターとは違うから、 まじめにやればいい職人になれるよ。変態と紙一重の。

「この環境って、こういう業界の駆け出しの人からすれば、喉から手が出るほど欲しいわけですよねぇ」みたいなことを横で言ってる。
そらそうだ。
必死でためたお金をはたいて、それでも足りなくて借金して、時代に遅れないように適宜アップデートして、そんな環境を自由に使えるんだぜ?
せっかくの環境なんだから、もっと利用しろ。利用し尽くせ。

「早く事務所開いてくださいよ」

な、これじゃ満足できないってのか!

「住吉の長屋」が売り家だったらな…速攻で事務所用に買いたいんだが。

2005年8月19日

業務日誌0818

20日アップの仕事を急いで片付ける。
しかし、MIAW(Directorで用いられるサブウインドウ。ブラウザ上では動作しない)を巧みに使ったプログラムの登場で、 一気に形勢逆転。崖っぷちに。別のMIAWはなんとか移植できたものの、こいつはさすがに無理。
とりあえず、だましだましファイルをコンバートして、4時過ぎに作業一段落。進捗のメールなどを発射しているところに、 サブリン先生からメッセージ。

「アーロンのポスチャーフィットってどない?」という話題から中判デジカメに至るまで、少々チャットの後東京の仕事へシフト。 これはこれで佳境に来てる。
月曜アップで作業しないといけない分がたまってるため、必然的に週末の予定をすべてキャンセルすることに。

空が明るくなってきたので「朝日を見たら負けだと思ってる」のコンセプトの元、5時過ぎ就寝。って、今朝の話になってるし。

2005年8月16日

業務日誌0815

午後のレビューに間に合わせるべく、数日間こもりっきりのような状態で制作に次ぐ制作。
なんとか間に合わせ、少し気を抜きつつ写真の仕事。

徐々にだらけてくるのと同時に、止められない眠気に襲われつつ、 アシNにスクリプティブアニメーションのプログラミングをちょっとだけ教える。

22時過ぎに気絶しかける。
直しの電話を受けて、なんとかその日のうちに渡す。
そして気絶。

フレキシブルに対応できるような、スクリプトを書いていた過去の自分を思いっきり褒めてやりたくなった。
なるほど、こういった対策も見積もり内に盛り込む必要があるんだ。そして、その分見積もりが高くなるわけだけど、 結果としてはウィンウィンなわけだ。

2005年8月 6日

業務日誌0805

究極のドーピング(だと思ってる)のリポD様が登場する前に気絶。というか、ドリンク剤未だかつて飲んだことがない。 眠眠打破とRegain Brackだけだわ。
車運転できたのが奇跡。

チャゲアス衝動買い。1clickは恐ろしい。

iPodにはER-4Sをつないで聞いてるのだけど、ふと思いついてCECのヘッドホンアップであるHD51(ええ、旧世代ですよ。 ええ)を通して、SONYの定番モニターヘッドホンMDR-CD900ST(青山スタジオ仕様)で聞いてみたら、びっくらこいた。
圧縮されたオーディオとは思えん透明感。ER-4Sは低音が抜けちゃうせいもあるのだけど、ガッツンガッツンきてます。やばいです。 萌え死にます。

で、聞いてるのはYAHYAHYAHなんですが。
とりあえず、今からそいつを、これからそいつを殴りに行こうか。

2005年8月 5日

業務日誌0804

生活習慣が少しずれた。
急ピッチで制作を行っている某案件。鬼門だったattachMovie(←実はすごい苦手だった)を克服した関係で一気に制作が進む。
しかしあれだ。階層を脳内展開しないといけないので、_parent._parent._parent…と叩きまくらなきゃいけない。
さすがに面倒なので、_rootとか_globalを使い始めた。あぁ、らくちん。

ウエイト配分は今まで通り、ほとんどをそちらに注力。

ドーピングとして缶コーヒー。テンパっている精神状態のせいかやたら効く。

2005年8月 4日

業務日誌0803

テンパってる案件、クライアントのチェックリストを元に、一気に作業を進め中。

山ほどある設定項目をglobalで管理させる外部asファイルを書いて、画面に反映させられるよう処理。

要となるメニュー自動生成機能については、8割ほど完成。

苦手だったcreateEmptyMovieClipとかattachMovieとかの扱いになれてきたっていうか、 もうゴリゴリやれるようになった。
UIScrollBarの使い方が今ひとつわからず、MX Components for Flash MX2004のScrollPaneを改造した。

Flash HACKSによれば、V2Componentはプロジェクト中に5つ前後使われることを想定して設計されているらしい。 このため、1つや2つしか使わないのであれば、ファイルサイズ的にはあまり効率のいい話ではないらしい。 アクセシビリティ機能などの充実がV2Componentであげられるけど、これらに目をつぶれるのなら、 V1Componentを使った方がいい。

リソースをそちらに割いたので、別案件のウエイトが下がってしまった。あとでがりっとフォローしないとな。

2005年8月 3日

業務日誌0801

あぁ、もう今年って半分もないんだな。

遅れまくりの案件2つ。今月締めの案件1つ。
各プライオリティを柔軟に設定して、どちらも首の皮一枚でつながっております。オラオラ。
あ、まて、もう1件あったな。いや、さらにもう1件だ。これらはペンディングでよいのか。動きがあるまで待機だ。

この状態を見たアシNは「デスマーチ!デスマーチ!」って喜んでいる。
いや、ほら、あのね。早く一人前になってくれよ。
嫁さんは「焦らせてはいけない」とアシNのフォローに回る。
アシNLesson2突入。作業スピードは徐々にあがってきている気がする。

先月いっぱいだと思ってたけど、今月いっぱいこんな感じになるだろな。

2005年8月 1日

業務日誌0731

デッドライン越え。

すこぶる体調が優れないので、昼寝を決め込んでみた。
その後、仕事。

「今日はひきこもります」と言っていたアシNが、気が変わったらしく来訪。
テキストのレッスン1が終われば焼きトウモロコシ(@祭)を食わせると約束して、作らせてみる。
レッスン1はバナー広告の作例。
単純なトゥイーンの組み合わせだけど、テキストを分解してバラバラに動かしたりとちょっと凝った内容。

アシNはテキスト通りに作ってはいるものの、背景色や打ち込む文字などは自分の好きなように変えて作ってた。
これができるかできないかで、後々の成長も変わってくるもんだ。といつも思う。

タイムリミットを設定していたのだけど、その時間ギリギリにレッスンを終えたので、成果物をチェックして、OK。
約束の焼きトウモロコシを食べさせる。

次はレッスン2。簡単なインタラクティブメニューの作成になるのだけど、一気にレベルアップだな。これ。

アシNデビュー戦は僕が進める「マネフリバージョンアップ作業」にした。
実務で簡単はFlashはなかなか入ってこないので、自由度があって確実にできるプロジェクトを選んだ。 しかもCMSが絡んできたりしてやりごたえはかなりあるはず。

2005年7月31日

業務日誌0730

テンパイ。というか、リーチ13面待ち。
重なる作業、迫るレビュー、新しく組む人との打ち合わせは楽し。
頭痛がし始めたので適当に寝る。そして仕事がつまって自分の首しめる。

住吉大社のまつりスタート。騒がしい。でも、規模は縮小したよう。

Photolog更新さぼり中。でも、すぐに「毎日更新してたフリ」します。

アシNが夏休みに突入。机が用意できたので、さっそくFlashを覚えさせる。トゥイーンができるようになったらしい。そして 「あなたを超えます」と宣言された。超えたら大阪は君に任せて、僕は福岡に行くよ。

銀行残高。9回裏2死2ストライクからの満塁逆転サヨナラホームラン。ボーナス支給もあって、 今月の収入は売れっ子お水のねーちゃんみたいになった。

2005年7月28日

業務日誌0727

暗礁に乗り上げていたファイルコンバート作業。
いろいろあった問題を解決していって、ディレクトリ構成やファイルのリンクの状況をメモっていっていたら、 ある一定の法則性があることがわかった。
コンバートの関係で使えなくなる機能がコア部分に存在するため、適当なビヘイビアをつくって共有化させて、 擬似的にその機能があるかのように振る舞わせることで一気に解決。

テスト版として規模の小さなコンテンツのセットをコンバートしFTPで発射。問題なければ残りを処理するつもりでいるけども、 すでに作業をはじめていたりする。

月末締めはもう一件。
わりと大きなプロジェクトで、別部門が手間取っているのだけども、画面構築の僕の方はお構いなしで作業を進めていけるところまでやることに。

本業ではボーナス支給。かなり久しぶりでその存在すらも忘れていた感じ。馬鹿みたいに大きな請求が来ているのをよそに、 スポーツデポでNikeのTシャツを大人買い(1枚)。
オークリーのDucatiモデルとか転がってたらやばかったな。

2005年7月25日

業務日誌0724

天神祭だったん?

Shockwave関係で悩んでいた件が解決、ものすごい勢いで前進するも、 今度はShockwaveで使えない機能の代替について悩む。メールを発射して、作業を保留。
書類作り。
Flash。

土曜日に仕入れた物理と数学の本を本棚に入れるべく、本棚を整理。
いらん本は捨てちゃおうかな。
アシNへ渡す教科書も買った。
朝にAmazonからがばっと本が届く。
大重さんのAS2.0(アシNにあげたやつと一緒)のと、企画系のとプレゼン系のと。カレー本。僕は無類のカレー好き。キレンジャー。
カレー食べたい。カレーカレーカレーカレーカレー!カシミールのカレーが食べたいんだ!

購入したり届いた書籍は以下の通り。

1:ゲーム開発のための数学・物理学入門 Beginning Math and Physics for Game Programmers
2:ゲーム開発のための物理シミュレーション入門―Physics for Game Developers
3:Flash hacks―プロが教えるテクニック ツール100選
4:できるクリエーター Flash 独習ナビ MX2004 & MX対応できるクリエイターシリーズ
5:ひとつ上のプレゼン。
6:あのヒット商品のナマ企画書が見たい!
7:The カレーブック 関西版

教科書を取りにアシN来訪。
試験前だというので机を貸してあげ、中国語を勉強してもらう。
買ってきた教科書を軽く見せて、「なんでバナーつくらなあかんの?」っていうので「これはまず、 バナーのサイズに合わせるという操作をすることで、ムービーの基本設定を知ることができるんだよ。」と説明。
実務でよくあるシーンがまとめられている(と思う)本だと思う。

とりあえず、教科書を活用できるよう、アシNは早くFlashMX Professional 2004を買うように。

2005年7月23日

業務日誌0722

3件同時進行。
ウエイトのバランスをとりつつも、午前中はFlash7割Director3割。夕方ぐらいからはFlash2割Director8割。

サブHDD(60GB)が悲鳴を上げはじめた。ケースもコネクタが壊れてて、そろそろ買い換え時かな。
メインとサブを100GBにして合計200GB環境を作っちゃおうか。環境移行が面倒なんだが。

そして今日。
朝からいい風が吹いてます。
「カイトカイトカイトカイトカイト」とつぶやいてます。

2005年7月22日

業務日誌0721

かなりの勢いでテンパっているので、かなりの勢いで制作に集中。
風邪引いた。
のどいたい。咳なのか吐き気なのかようわからん状態。鼻声。プリティ。

午前2時過ぎ就寝。

2005年7月21日

業務日誌0720

あるファイルコンバートの案件をさっさと片付けるために、何百もあるファイルをコンバート。
これだけで完全に動作する保証はなく、エラーが出たらそのファイルのエラー原因を突き止めなければならん。見積もりミスった。
本当は10個だと思ってたんだ。まさかその何十倍もあるとはね。

東京の仕事、ちょっと難航している。テラヤバス。
担当の方に「ちょっとまってください」メールを発射して、ものすごい勢いで画面の再構築をやってる。
ちなみに僕の作業タイプは、突貫工事型でこつこつ時間をかけてやるのはどうも性にあわない。

今月の書類発行をすっかり忘れていて、これまたヤバス。

この間納品した仕事の修正依頼っていうか調査依頼。
調査してその結果をメールで発射。お金請求していいのかな。

これまた別の案件での修正依頼。無償対応。

月末は忙しくなるなぁ。

と。アシNが「レポートやるっす」と来訪。
PCとプリンタを使わせてあげる。レポートが時間ちょっと前に終わったので、先日のAS2.0のおさらいをやる。
なぜそういう動作になるのか。大重さんが丁寧なコメントを入れてくれているのだけど、さらにそれを細かくかみ砕いて説明。
配列関係のカウントが面倒だって話をしたら、妙に通じた。さすがプログラム系。
※配列内の要素は先頭が0で始まるので、最後の要素の番号は、配列の要素の個数をn個とした場合、n-1になる。 個数nはlengthで取り出せる。この-1があちこちで大切な役目をになってたりして、 たとえば配列内をループ処理するときとかの条件の記述とかにも絡んできたりする。

たった5行ぐらいのスクリプトをじっくり説明し終えたとき、すっきりするぐらいに理解できたらしく、とても喜んでもらえた。
次くるときは次のステップ。飲み込みが早いのでAS2.0の本はプレゼントした。

アシN用椅子を探してるのだが、どうせなら楽ちんな椅子がいいなと。高さ調節がついてないとつらいだろうなと。 って突き詰めていったら、アーロンぐらいしかないじゃないっすか。

2005年7月19日

業務日誌0718

アシNがついに来訪。
このBlogを見ている人の期待と不安をよそ(嫁さん曰くほとんどが不安らしいが)に、とりあえずFlashを教えることにする。
このときのために「ブレードランナーの部屋」を2日がかりで片付け倒し、なんとかかろうじで人を呼べるレベルにした。

※片付けの内容はmixiでライブ中継したりしていて、僕以外誰もいないはずなのに「たまに後ろに立っている髪の長い女性は奥様?」 という廣さんの心温まる声援に、マジで背筋がぞっとしたりしてたのしかったですよ。

人を呼ぶというのは家を維持する上でも重要なんだなといつも思う。

手元に適当な教科書がないので、オライリーのやつを出そうと思ったが内容が高度すぎてパス。
代わりに大重さんのこれを教科書代わりにすることとした。
「いきなりAS2.0かよ!」という声が聞こえてきそう。プログラマー肌の子なのでこういうロジック系で攻めた方がいいと思った。

ただ、Flashも触るの初めてだから、とりあえず二つの鉄則を知ってもらう。
1:アニらせたいときは必ずシンボル化
2:トゥイーンしたいときは1レイヤーにつきシンボルインスタンスは1つ

でははじめよう。

大重さんの本をぱらりとめくって、テキストフィールドに計算結果を突っ込む簡単なムービーを作ることにする。

「あの、テキストフィールドってなんですか?」

テキストフィールドの作り方を解説。

「あの、ボタンってなんですか?」

ボタンの作り方を解説。

教科書となっている本はFlash初心者向けじゃないので、基本的な事項は省略されている。なので、そこは僕がフォローする。
とりあえず本にあるようにスクリプトを書いて、動かしてみてって感じだけど、なぜそうなるのかっていうのはわからないらしい。
今ちょうど試験中なので、休みに入ったら本格的に進めていきたいところだ。

給与については一応きちんと話をつけた…とおもう。
親の偉大さを再認識した祝日の午後。

2005年7月16日

業務日誌0715

暑いね。

怒濤の更新依頼があり、都度処理。
ファイルのバージョン管理方法に疑惑が生まれるも、何とか事なきを得た。

夕方にクライアントとメッセで話をしていたら、WEBデザインの話に。そういえば最近あまりやってない。 DirectorとかFlashのプログラムを書いてばかりなので、少し新鮮。

夜は後輩の結婚祝い飲み会。地鶏をたらふく食べる。

日が変わって帰宅後、先ほどのクライアントからメッセージが。WEBデザインを発注してくれることになったようだ。
アシNの荷がまた重くなった。メッセにログインしてきたところをすかさず捕まえて事情を説明。
翌日「カイトミーティング」することにした。

アシNはまだ実務に使えるレベルではない。
ダイヤの原石をそのまま指輪にできないのと同じで、多少は磨かなければならない。

ともあれ、これらがうまく回ればちゃんとした給料出せたりする?

2005年7月15日

業務日誌0714

朝からやりとりしていた仕事、夕方ぐらいにやっとFix。おつかれさまでしたー。はいはい請求書きりまーす。

別件で並行しているやつはデバグ作業。しかし場所はわかったものの原因はわからず。これも早くつぶさないと、後が怖い。

夕方にT社へ。サイトの更新や今後の保守についてかるーく話し合う。んで、この仕事の一部をアシNに任せようと思っていて、 深夜にレポートやろうとしているアシNに話す。
役不足だとのたまうが、アシとしているのなら、やっぱりいろんな仕事を回してやりたいというのが親心。
週末、もう一度ちゃんと話をしよう。

さらに深夜、流れたと思っていた某案件が再開するとのお話。クライアントは東京なので、こいつぁまた東京に向かいまくりの人生か。
とにかく、並行しているものでつぶせるものはさっさとつぶしておかないとやばそう。

2005年7月14日

業務日誌0713

珍しく仕事が重なったのに、南港に出ていたりして。

帰宅途中、黒いリゲインを購入。 麦チョコの味がするって聞いていたので、 眠眠打破より飲みやすいんだろ。淡い期待を胸に財布に残っていた野口さんを使い切る。

自宅に戻ってきて、駐車場に車を入れようとしていたらクライアントから電話。駐車位置ではない適当な場所に車をとめたまま、 しばらくお話。
ファイルの送信予定などを伝えて電話を切る。階下の方に変な目で見られる。

リゲイン飲む。
確かに麦チョコの味。超ケミカルなコーヒー風味は眠眠打破とあんまかわらん。やや薄味だけど量が多い。

明日(今日だけど)打ち合わせなのに資料できず。
領収書と請求書と見積書のフォーマットができてきた。こういう無駄な作業が速い。

アシNはVBで遊んでいるという。Cは?ねぇCは?
早く仕事できるようになってくれ。とりあえず、FlashとHTMLは使えるようになれ。

別のクライアントからお助けメール。
東京からはミーティングの報告メール。

約束していたファイルを送信して、別の技術的な質問にお答えするメールを発射して、お助けするスクリプトを書いている途中で気絶。
朝起きたら枕元でDirectorが走りっぱなしだった。で、 99%ぐらいできていたスクリプトを取り急ぎ手直ししてパブリッシュしてFTPに発射。

朝風呂上がりでRAGDOLL眺めてたら、 遅刻しそうになった。

2005年7月13日

業務日誌0712

ヨドバシに会社で使うサウンドボードを買いに行く。昨日は私用で出かけたのに。2日連続。 2日連続でカメラの接眼部ラバーを買い忘れる。メガネ傷入るじゃないか。

ここ最近天候不順で撮影にならず。一応出かけるんだけどな。万に一つの可能性にかける。

帰宅後、だらだら仕事。
普段から仲良くしていた大学生Nをアシスタントに迎え、新規プロジェクトを立ち上げるべくいろいろリサーチを開始。
というか、アホみたいにプロジェクトが並行している中、やれるのか?

東京のI社の人からメール。今後のスケジュールについてちとお話。

親戚のサイトの更新準備。さっさとCMSを導入したいのだが。

少し前に買った領収書のつづりを紛失。1枚も使ってないのに。
イライラしながらIllustratorを立ち上げて、専用のを作ることにした。窓空き封筒に突っ込めるタイプにしよう。
ついでだから、封筒のデザインもやっちゃおう。

半分寝ながらメッセンジャーでやりとりしていたのか、朝起きたときにみたログの壊れように爆笑。
僕は寝ぼけながらついさっきまで見ていた夢の内容をアシNに報告していたらしい。
「男とキスする夢を見た」
「なんかトレンドマイクロ者に責任とらされるゆめをみてあいました」
原文まま。
トレンドマイクロと取引はないし(ユーザーだけど)、男とキスする趣味もない。

僕は超ロングではっきりした寝言を言うことで有名らしいのだけど、 寝チャットは初めてだわ。

アシNはC言語でトランプゲームを作ろうとしている。 対抗して僕はASつかってやろうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち業務日誌カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは東京/大阪です。

次のカテゴリは浦安インサイドです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。