東京/大阪の最近のブログ記事

2009年10月 1日

今日から始まる丸の内公共レンタルサイクルをのぞき見してきた

JTB首都圏が丸の内で次世代型交通システムと称して始める、コミュニティサイクル社会実験がいよいよ今日からスタート。
あらかじめ登録を済ませておけば、30分以内なら無料、それ以降は10分100円、3時間以降は5分100円で自転車を借りて乗ることができる。

詳しくは資料(PDF)にあるとおり。

料金設定からも、チョイノリを推奨するかたち。観光や通勤などで、駅からオフィス、あるいは駅からショッピングなどの足を提供すると言うことらしい。
今のところ、大丸有エリア内に4カ所のエコポートという自転車置き場を整備し、そこで自転車を借りて、目的地に近いエコポートで自転車を返却するというシステムだ。

自転車はFeliCaあるいは、専用のICカードを用いて個人認証を行い、あらかじめ登録したクレジットカードから料金を引き落とすようになっている。24時間以上自転車を借りた場合、自転車代金相当額が引き落とされてしまうので、盗難抑止にもなっている。

そんなエコポートを通勤途中に見かけたので、写真を撮ってきた。

IMG_3003
場所は新丸ビル裏。自転車が既に10台設置されてあり、いつでも出撃OK。ちなみに、一部のエコポートは普通の自転車置き場としても利用できるように設計されている。

IMG_3004
メーカーはパナソニック製。折りたたみも可能でかなりシャレオツな感じ。ぱっとみレンタルサイクルだとわからないのもいい。フレームを固定している機械にカードをかざして利用するようだ。

IMG_3005
大手町ビル裏のエコポート。ここには2台の自転車がスタンバイ。 僕が勤務しているJAビルはここからさらに歩くので、京葉線から超遠いJAビルにもエコポートを是非設置してもらいたいものだ。

事前登録はJTB首都圏の店舗(大手町と有楽町)で実施中。しかしPRというPRがあまりされていない気がして、果たして利用者がどれだけいるのかまったくわからない。
僕自身も事前登録に移行と思っていてまだいけていないので、今日にでも行ってみようと思っているところ。

大丸有エリアにはすでに、無料コミュニティバスである「丸の内シャトル」が巡回している。これとの使い分けをどうするかにも注目したい。

2008年10月10日

自転車相手にムキになる車って何なの

僕のチャリ通ルートは、マンションを出ていきなり国道357号線。千葉と東京を結ぶ大動脈、湾岸道路に出る。
この道路をまっすぐ西に走って、東雲というところで晴海通りに入る。東京マラソンでおなじみのコースを逆にたどって、築地をぬけ、銀座をぬけ、皇居外周をかすめ、国会議事堂の裏手から最高裁の裏手へ行って、会社に着く。

大阪からこっちにでてきて自転車通勤をたまにやるようになってから、こちらのドライバーの紳士さに感動した。たぶん自転車人口の違いだろうが、自転車と並んで走ることに慣れていて、適切な車間で追い越しをかけてくれたり、渋滞でも苛立ったりせず道を空けてくれたりする。

関東自転車界はなんて快適で恵まれてるんだって思ったものだけど、今日はさすがに頭に来た車がいたので紹介。

平日朝の湾岸道路って新木場を先頭に荒川ぐらいまで混むことがよくあって、僕は道路の左端の路側帯の白線の右側(つまり、通行が許されているギリギリのライン)を走っているのだけど、渋滞中に抜いたトラックがなぜか渋滞開けた瞬間にものすごい勢いで煽りはじめ、前に回って急ブレーキを踏む始末。
左側は完全にふさがれていたので「あ、停車するのね」と右に回ったら間髪入れずに幅寄せ。

何を苛立ってるのかよくわからないけど、エネルギー的に質量が大きい方が勝つのわかってるし、車って運転者の周りに鉄板があるから、チャリごときぶつかっても乗ってる人は安全で傷一つ負わないわけで、それはつまり、勝ちがわかってる上での勝負をしかけてるわけで、正直こっちからすると迷惑この上ないわけです。
法令を遵守して走ってるのにいきなり喧嘩売られてるわけだから。

何か僕が彼に悪いことをしたというのなら、車を降りて、面と向かって文句を言えばいい。
それができないからって、持ってる強大なエネルギーを武器に襲いかかってどないするねんと。
仮にこれが「怖いお兄さん」だったら降りて文句言ってくるよね。だって、怖いお兄さんはそれで戦っても勝てるって思ってるから。
降りてこないって事はその段階で負けを認めていて、車体っていう武器でしか戦えないって事。つまり僕はそれを相手にする必要は無いって事。

というか、自転車相手にムキになる車って何なの。バカなの?
事故や嫌がらせ対策で、ポケットに常にiPhoneを忍ばせてあるのだけど、撮影する前に東雲の倉庫街へ車は消えていきました。
二度と会うこともないだろうから、ここで愚痴。仮に証拠掴んで会社に文句言ったところで、何もならないからねぇ...事故が起きて初めて警察は動くわけだし。

mixiのあるコミュでは「煽られたら、その人はきっとウンコ漏らしそうなんだ」って思うようにすると、なんかばかばかしくなって道を譲りたくなると書いてあった。
ものは言いよう、気は持ちよう。

きっとあのトラックも、室内に大嫌いなゴキブリが出てきたりしたんだろうな。あのタイミングで。

2008年3月31日

千鳥ヶ淵とか国立劇場の桜まとめ

いつだったか、つじ田という麹町にある魚介系つけめんのお店で並んでいたところ、ちょうど近くを通りがかった方達がこんなことを言っていた。

「東京は日本で一番桜の開花が早い。」と。

緯度的には日本のラオスこと大阪よりも北にあるのに、日本で一番開花が早いとはこれいかに?
と思ったらホントに早かった。
東京24番目の区として名高い千葉県浦安市よりも全然早かった。

会社の近くは千鳥ヶ淵という都内有数の桜の名所で(大阪で言う大阪城みたいなもんだ)、昼休みに昼食をサクっと済ませて桜並木を堪能するというのが、この時期の弊社社員の定番なので、僕も負けじとカメラをブン回してきたので謹んでここに報告することにする。

というか、細々と続けている写真サイトに写真はアップしてありますんで、以下のリンクを踏み踏みしてもらってもいいし、まどろっこしいのでスライドショーしやがれって人は、オンラインのPhotoshop Expressをお楽しみいただきたいと思います。

アーカイブ:Flickr SAKURA TOKYO
細々と続けている写真サイト:UNTITLED DOCUMENT(実はサイドバーに写真へのリンクがあるの知ってました?)

PHOTOSHOP EXPRESS

2008年1月18日

羽田第二旅客ターミナルのラウンジで公衆無線LANのFreeSpotが使えるようになってたよ

DSC_0177_8_9_tonemapped.jpg
signetではなくエアポートラウンジです。特定クレカ会員が使えるってやつです。

詳しい時期はわからないけど、1/13に行ったときには使えるようになってたので、昨年中に整備されたっぽい。RBB TODAYによれば、2007年11月1日の記事で追加された旨が書かれてあった。

それまではPHSを持参したりしてチマチマつないでいたのだけど、もうそんなことしなくてもブロードバンドでガンガン仕事していける。他に迷惑がかからないレベルでやりたい放題。

僕はエアポートラウンジは比較的空いていてトイレがきれいで快適的なので、まさにこのために利用していると行っても過言ではないのだけど、無線LAN整備でさらに利用率が高まりそうな予感。
ただ、関東にでてきたせいで飛行機の利用機会自体が激減してるので、メリットを享受できる喜びは半減。

あと、第二ターミナルの場合、エアポートラウンジは北ピアにしかなく、運良く60番前後のゲート(保安検査場に近い便利なゲート)付近を利用することになった場合はとんでもなく遠い。北ピアか第一ターミナルみたいに中央に作ってくれないかな…あるいはsignetにいれてk うわなにをするやめr

2007年12月31日

恐怖の通勤快速

僕が東京に出てきて最初にうけた洗礼めいた物と言えばこれ。
大阪にいた頃はバイクや自転車で通勤していたので、JRはおろか、地下鉄私鉄もあまり乗らなかったのに、いきなり電車通勤です。しかもJRとメトロ。

ある日、仕事を早めに切り上げて、新木場にちょうど停車していた快速に乗ったら、それが通勤快速でした。
京葉線の通勤快速。

新木場から蘇我までノンストップ。
特急が止まることがある新習志野すら通過。

ごくたまに、ディズニーに行く人が間違えて乗ってしまってえらい目に遭うそうです。
僕が間違えて乗ったときも居ました。
蘇我駅から折り返して戻ってくるときのむなしさといったらないです。

そんな通勤快速の動画を見つけました。夜ですが。恐怖を体感できます。
前半に見所がいっぱいあるので見てみてください。
舞浜周辺の夜景と新浦安の異様なマンション群。そして市川塩浜通過後のAmazonの配送センター。

大晦日の舞浜駅にいってみた

すごい人でしたが、成城石井は平和でした。
我が最寄りの駅を堪能してください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東京/大阪カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは普段の仕事です。

次のカテゴリは業務日誌です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。