お金にまつわるはなしの最近のブログ記事

2009年12月 8日

バイク王でバイクを売った話がいろいろひどいので俺の経験を書いてみる

最近はてブでちらほらとバイク王系のエントリを見かけたのだけど、高価買い取りって言ってるのに見積もりが安くて憤慨しているといった内容で、バイク王がひどいっていうよりは、書いてる人たちがあまりにもひどいので自分の経験を書いてみる。

1年ほど前、駐禁が厳しくなったりバイク通勤が禁止されていたりしたのもあってあまり乗らなくなったスズキのGSX-R1000(2001年型)を売りに出すことにした。
パーツはほぼノーマルで、リアフェンダーをカットして車外品のウインカーをつけていたのと、ブレーキホースをメッシュに、フロントマスターをブレンボのラジポンに。ライトは片目をソーラムのHIDに換装していた。

大阪と東京、大阪と九州を何度も往復したもはや戦友と呼べるパートナーである。走行距離は30000kmを超えていた。

ネット見積もりでは60万ぐらいらしいのだけど、それはないだろうと思いつつ見積もりを申し込み。
王様の家来は速攻でやってきた。

奇しくも当日は大雨。夜だったこともあり、団地のポーチにバイクを入れてチェックを受けた。エンジンを始動して機関のチェックと灯火のチェック。ブレーキや各種スタンドまわりをみて、外観のチェック。

フレーム番号をPDAに登録してチェック内容も合わせて送信。ものすごくスマートで感心したもんだった。車体の写真も携帯で撮影して送ってた。そんな解像度で大丈夫なのだろうかと思ったけど、問題ないらしい。

しばらくすると王様からコールバックがあった。
おそらくフレーム番号から様々な情報を引き出して、細かいチェックを指示しているのだと思われる。家来は王様の指示に従って、細かいポイントをさらに口答で答えていた。

一通り手続きが終わるのに20分ぐらいか。

若い男性の担当者と世間話をすることにした。彼は買い取り業務はこれが今日のラストで、バイクを積んでそのまま家に帰るようなことを話してた。駐車取り締まりが厳しくなったりしたことで、売る人は増えているような事も話した。
ふとしたところで彼はこう切り出した。「岡本さんはこのバイク、いくらで売れると思いますか?ちなみに、最高買い取り価格というのは、走行距離が200km未満の新品同様のバイクであった場合を指すんです」と。

俺は少し考えてこう返す。

「ヤフオクや中古市場で同程度の同車種の売値は40万円から50万円。利益率を10%と考えると店の仕入れ値は36万円から45万円。あなた方がこのバイクを直接売りに出すとは考えられず、オークションなどの流通に乗せたりすることを考えると、市場価格の6割で買い取るのが妥当とすれば、買値は24万〜30万円になりますね。」と。

担当者は感心したそぶりで「僕もそれぐらいだと思っています。もう少ししたらこの端末に買い取り価格が表示されます。」営業トークだろうと思っていたけど、少しして端末がデータを受信。買い取り価格は24万円だった。

正直売値としては相当安いと考えるべきだろう。市場価格の半額程度になってしまっているのだから。

ヤフオクで売るなら一番高くなるけど、名義変更やクレーム対応などの面倒さがどうしてもある。仕事などの都合でその時間が取れない場合、ヤフオクで売るのは賢明ではないと考える。最近よくやるのは、ヤフオク等で売る場合に得られる差額を手を動かす時間で割って、自分の実際の見積もりで出す工数と比べて、安ければやらない、高ければやるといった判断方法だ。
自営だからこそできるとも言える。

業者に売る場合は、所有権を渡してしまった段階であらゆる責任を押しつけられる安心感がある。しっかり手を入れて整備してきたバイクではあるが、人の命を乗せて走られますと胸を張って言うにはそれなりの整備コストがかかってくるだろう。そのあたりもキッチリ転嫁できるわけだ。

安いけど納得。というのがそのときの心境。ただ、どうしてその価格になったのかは聞く価値があるので聞いてみた。

担当者は「このタイプのGSX-R1000は初期タイプですよね。2001年から発売されています。フレーム番号を調べたところ、2001年の初期ロットであることがわかりました。つまり、同一年式でも一番古い部類なのです。カスタムパーツの選定は見事です。センスがあると担当の者も言っていました。ただ、リアフェンダーのウインカーが社外品になっていたのはマイナスなのです。これはそのままだと売れないので、別のパーツを使ったりして直す必要が出てくるかもしれません。目立った傷や転倒の跡もなく、走行距離にしては外観はとても綺麗です。2001年式でここまで綺麗なのはあまり見ません。しかし、色がスズキカラーじゃないのがちょっと残念ではあります(黒/銀だった)。」1年以上前の話だから詳しく覚えてないけど、こんなことを言われた。

結果的に俺は書類にサインをして、24万円を手にした。時間にして1時間ほど。

「あ、これで手続きは完了ですので、もう大丈夫ですよ」と言われたけど、視界から「元愛車」が消えゆくまで見送ったのは言うまでもない。

ネットでは買い取り価格提示後に「やっぱり売らない」と言った場合の例がおおくあるので、この例はまれなのかなと思うのだけど、もう少しゴネれば良かったかとたまに思い出しては考える。

ただ、バイクを売るというちょっと面倒なことが、たったの1時間で完了し、そのごすぐに仕事に戻れたというのは本当にメリットだといえる。忙しい人は利用してもいいと思う。
なじみのバイク店があるならそこを利用するのもいいだろうし、相見積もりをとるのもいいと思う。

たまたま運が良かっただけかもしれないけど、バイク王はそんなに悪いもんじゃなかったよというお話でした。

2009年11月 3日

会社を作りました

普段一緒に仕事をしている人と、会社を作りました。

個人のアライアンスを組んで仕事をしてきたのですが、やはり個人へ仕事を出せる会社というのはなかなかなく「法人格だったら出せるのに」という話もいくつかいただけていたりしたのですが、なかなか踏み出せずにいたところ、僕自身の環境が法人格を必要とする流れになってきているのもあり、予定を半年ほど前倒しして会社を作ることにしました。

そして先日11月2日に登記申請。速攻で電話がかかってきて補正があるっぽいですが、ひとまずコマを一つ前に進めることができたのだなって思ってます。

会社の名前は 株式会社hatteって言います。新会社法の施行により、ローマ字での登記が可能になったのもあって、なかなか見られない社名でもあります。
もともとアライアンスを組んでいたユニット名がhatteだったので、そのままそれを社名にしました。

「hatteって何ですか。はってって読むんですか?」とよく聞かれるのですが、hatteは日本語で書くと「張って」になります。
クライマーならすぐわかる言葉ですが、クライマーとそれを確保しているビレイヤーの間にある命綱、これを「張って」という意味で使われる言葉です。

この言葉が使われるときは、完登したときと途中で休みたくなったり、危険な状態になったりしたときです。いわばビレイヤーとの信頼関係を行使する、そんな意味が込められていると思って、hatteという名前にしました。

名刺をいただいている方々や、知り合いの皆様には改めてご挨拶状をお送りさせていただく予定です。

これからは会社としてがんばっていきますので、よろしくお願いします。

2009年6月19日

マネックスグループ株式会社 第5回定時株主総会・株主懇談会ライブ更新のおしらせ

ことしも株主総会の季節がやってまいりました。
毎年マネックスの株主総会に出席しては、中継されない質疑応答内容等をメモしてアップロードしていたんですが、今年はちょっと趣向を変えて、ライブ更新をすることにしました。

当日は会場から、株主総会の模様や質疑応答内容など、オンライン中継では見ることができない情報をアウトプットしていこうと思います。電波が通じれば。

会場はこちら。
http://live.monexfreaks.com/

2009年5月21日

三菱電機の経営の堅さを、他社比較で実感してみた

「三菱電機は、派手に儲からないけど、派手に損もしない。」と言った話を聞いたことがあって、確かめたくてビズった。

うおおおおおおお

たしかに!
派手に盛り上がってないし、盛り下がってもいない!
データがちょっと古いので、今囁かれている「電機メーカーで一人勝ち」が見られないのが残念だけども、三菱電機の堅さがよくわかりました。ビバ三菱。

2009年5月17日

情報をアートする、グラフ化サービスのvizoo

昔、MONEX freaksってサイトをやっていたとき、マネックス証券のIR情報を抜いてきて、Illustratorでグラフを作ってGraphical IRなんてことをやっていたんですが、それのWEBサービス版みたいなのがリリースされました。

サービスを開発しているフィルモア・アドバイザリーは、マネックス系のベンチャーキャピタルから出資をうけてます。その縁もあって、マネックス・ユニバーシティへグラフコンテンツの提供をしていたりします。

vizooはおそらく国内の上場企業のIR情報+株価情報を網羅しているデータベースと接続されていて、それらのデータを組み合わせたりいろいろいじくって、オリジナルのグラフを作って、それをBlog等に貼り付けることができます。

株価系のBlogやってる人にとってはかなり便利かなと。反面、企業分析とかそういうの全く興味ない人には、自前データを使えない現在の仕様では、全く使い道がないです。
あと、ちょっと使ってみて思うのは、たとえは、日本と中国の一人当たりGDPの違いを見たいとか、日本の土地の平均価格推移とREITの関係を知りたいとか、株価とその他のデータをmixするのもできないです。なぜなら、株価やIR情報しか扱えないから。

なので、グラフを作るにはある程度のセンスが求められます。

たとえばネット証券の決算を分析したい場合、僕はこうやります。

A:口座数の合計値
B:信用取引口座数の合計値
C:注文数
D:信用取引の注文数

まずこのデータを取得しておき、新たに以下のデータを生成。

C/A:口座当たり注文数
D/B:口座当たり注文数(信用)

こうすることで、お客さんがどの程度稼働しているかを知ることができますよね。

さらには、決算情報と連動することで、こんな事も。

A:口座数(純増)
B:広告宣伝費

これらをmixして

B/A:新規口座獲得にかかった広告宣伝費

それ以外にも、他の人が作っているグラフを見ると、いろいろおもしろいです。
気になる会社や業界の、IR情報をいろいろいじってみたい人は是非。

http://www.visualzoo.com/

2009年5月 1日

自分が将来あるべき姿をイメージし続ければ、実現できる...のか?

東京で仕事をするようになってもう3年目。こっちに出てきた当初は丸の内っていわれてもあまりぱっとしなかったのだけど、何かと丸の内を経由する生活をしていると、この街で働いてみたいなという気持ちが強くなってきた。

マネックスの本社もあるし、携帯電話で英語でベラベラしゃべりながら、やや早歩きでヒールをカツカツ言わせまくっているOLとか、客先でヘマしたのか、公衆の面前で先輩社員からボッコボコにされてる新米営業マンとか。
六本木のような嫌らしい華やかさは微塵も感じられず、上品なファサードとサバイバルな内面を併せ持つ、まさに競争の街。
という印象だというと言い過ぎか。

仕事帰りに有楽町で地下鉄を降りて、TOKIAの椅子で向かいに見えるパシフィックセンチュリープレイス丸の内(ここにマネックスが入ってる)を眺めつつ「絶対ここで仕事してやる」とつぶやきまくっていたら、不思議な縁があって5月の中旬から丸の内で働くことになりました。

どこかのニュースサイトで、自分が将来あるべき姿をイメージし続けると、それを実現する確率が少し上がるんだとか。
将来のビジョンをきちんと持っているかどうかって話だとすれば、単に「丸の内で働いてやる」っていう気持ちがビジョンに該当するかどうかは微妙。
ただ、今回の件で将来にわたっての長期的なロードマップを作るようになって、今、やっとスタートラインに立ったという気持ち。

手書きのグニャグニャした地図を持ちながら、フリーランスな人生のスタートであります。

2009年4月14日

フリーランスは全く「フリー」なんかじゃない

「フリーランスって全くフリーじゃないですよね」

と、そんな話をしていた夜の事。
フリーランスとしてやっていくには、何が必要なのかをわかっているつもりでも、あえて考えてみた。

ものすごい個人的な事を言えば、フリーランスの神髄というのは、徹底したリスク管理にあるんだと思う。
営業から経理まで、全ての業務をそつなくこなしつつ、事業を継続して行くにはどれだけの仕事をどれだけこなしていくかということを、常に頭に入れておかなければならない。
ここまでできる社会人ってそうそういないと思う。いるなら経営者になるべきだと思う。いや、そういう人だったらそもそも「サラリーマンが向いているはず」なんて考えは起こさないと思う。

社会人からフリーランスになる上でネックとなるのは、まず、お金の問題。具体的に言うとこんな感じ。
1:保険料や年金が全額負担になる
2:売り掛けが発生してから入金があるまで、タイムラグがある
3:交通費は全額実費

社会人でいると、保険は適当な保険組合に加入した上で労使折半されているので、負担が小さくなる。
これが国民健康保険だとそんなわけにも行かず、全額負担になる。家族構成にもよるけど、月額で数万単位で変わってくることもザラで、独立を考える際に一番はじめに悩むところじゃないかと思う。
会社員からシフトした場合は、任意継続って方法もあるにはあるけど、これも全額負担に変わりない。

次に入金のタイムラグ。仕事にもよるだろうけど、納品をして、検収して、請求書を出して売り掛けが発生して...そのあと最初の締め日の翌月○日払いとか。数ヶ月空くこともあれば、大手企業と直で取引すると手形という形で来ることもある。この場合は半年待つことになる。
このタイムラグを甘く見ていると、売り掛けはあるのに現金がない、いわゆる黒字倒産という状態になってしまう事もある。
独立するならまず気にかけたいポイントでもある。

そして交通費。
本当に馬鹿にならない。会社員だと非課税で交通費が支給される。会社によっては毎月だったり3ヶ月ごとだったり。
僕の場合、JRとメトロを使いまくっているので、毎月にして数万の交通費が飛んでいく計算になる。
基本的には東京駅まで210円支払って行き、そこからメトロを乗り継いで目的地まで行くという感じで攻めている。このため、東京駅までの定期を買おうかなと思ってるぐらいだ。
舞浜−東京の場合、定期代は1ヶ月で6300円。6ヶ月だと30240円だ。営業日ベースで見ると1ヶ月の割引率は25%。6ヶ月の割引率は40%。これが休日も入れて計算すると、1ヶ月が50%、6ヶ月が60%にもなる。
東京駅が範囲に入っている定期を持っていると、面倒な丸の内口から八重洲口への通り抜けができてしまう便利なオプションも付く。
メトロは定期の割引率が小さいので、都度購入でもいいかもしれないけど、JRの定期は持っておいても損はしないかもしれない。

毎日の訪問先が数社に渡る場合、そのほとんどがメトロ線内にあるならば、東京メトロの全線定期をオススメしたい。月額16820円でメトロ全線乗り放題。記名された本人と持参人1名が利用できる。お得モデルとしてはこんな感じだ。
190円区間x2+160円区間×3。一日900円程度をメトロに使ってるなら、全線定期がお得って事になる。

ちなみに、全線定期がいるほど移動はしないが、たまに数駅またがって移動する予定が入るって人は、東京メトロ一日乗車券を。この場合一日の運賃が710円以上だとお得になる。また、取引先が都営線上にあるときは、メトロ+都営がフリーになる東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券がオススメ。この場合は一日の運賃が1000円以上だ。

お金的な面ではだいたいこんな感じだけど、実際はもっとたくさんある。経費どうすんのとかそのあたりも。経理も自分でやるわけだから。

あとここには書いてないけど交際費。これがフリーランスになると会社員よりもいっぱいかかると思った方がいい。僕はフリーランスに片足突っ込んだ瞬間、飲み会の回数が激増した。倍とかそういうレベルじゃないぐらいに。

そして次にあげたいのは時間の問題。フリーランスは文字通り、時間を自由に使うことができる職種ではある。しかしながら、本当に自由に使える時間というのは、予定という名の拘束時間にバッファを加えた残りであると言ってもいい。本当に少ない時間しか自由に使えないのだ。

1:休日返上っていうか休日が不定
2:不眠不休っていうかいつ寝ていいか謎なときすらある
3:分単位のスケジューリングなんて無理

フリーランスは毎日が休日のようであり、毎日が平日のようでもある。要は仕事次第。締め切り直前に追い込まれた状態であれば、土日であろうがガンガン仕事するのがフリーランス。
俗に言われる「ON/OFFを使い分けて自分なりの生活パターンを」とか言うのは嘘。自分なりの生活パターンの前にリリース日を基準としたスケジュールがあり、それこそいつ寝ているのかわからん代理店の人を相手にすることだってある。
リリース後もイレギュラーな対応に迫られることもあれば「12時間後にデータ下さい」なんていう無茶ぶりだってある。
会社員だと「無理」と突っぱねられることができたとしても、フリーだと難しい。

同様に、睡眠時間も削られてしまうことがあるわけだ。
かつて一緒に仕事していた代理店の人は「岡本さんはいつ寝てますか?それに合わせて僕も寝るようにします」なんて言ってきたことがあった。足並みそろえて効率アップ!的な考えが見て取れるけど、こんな親切をしてくれる人は稀で、朝起きたら着信履歴が担当者で埋め尽くされてるなんて事もよくある。
寝ないで仕事するのはつらいけど、それぐらいの気概を求められるのが、フリーランス。

そしてスケジューリング。これは最近僕が痛感していることなのだけど、営業とかでご挨拶にうかがおうとすると、都合のいい時間をいくつか指定しなければならないことが多い。最初の数件はそれで何とかまわるんだけど、候補として出した時間に他の予定を入れられるのは、そのお客さんからの予定をFIXできたときになるのだ。
つまり、対応先が増えれば増えるほど、予定を入れられる余裕が少なくなってきてしまうのだけど、最終的には断片的な虫食いスケジュールになってしまう訳だ。
予定と予定の間が数時間空いてしまうような場合は、僕は外でも仕事できるように、MacBook Proの17インチをいつも持ち歩いている。

「重たくない?疲れるでしょ?」ってよく聞かれるが「鍛えれば問題ないっす」と答えるようにしてる。まぁ、それなりの鞄がないと肩が抜けそうになるのは事実だけど。

ひとまずお金と時間について見てみた。フリーランスって本当に大変な仕事なんだなって思えてきたと思う。
そういう意味で会社員は恵まれていると思う。税務的な処理も会社が代行してくれている。仕事でミスしても組織が守ってくれる(場合がある)。
それに比べてフリーランスは雑務が多いしリスクも多い。だから管理すべきリスク項目もたくさんあるわけで、それらのマネージメントも非常に煩雑。

ただ、会社員は恵まれている分、搾取されているところも大きいと思う。仕事に集中できるように作られた環境を動かすエネルギーは、搾取されたお金でまかなわれていると思えば、自然と納得できるんじゃなかろうか。
僕がフリーランスになろうとしているのは、結局のところ、その搾取されているお金は元々自分のものなんだから、自分の元に置いておきたいという気持ちと、やった仕事がダイレクトに評価に反映するダイナミックさと、たくさんの人や仕事に関わることができるやりがいに魅力を感じているからで、その行き方が自分にマッチしていると思えるからに他ならない。

この記事を見て「うげー!フリーって大変すぎるわー」って思った方はサラリーマンを続ければいいと思うし、それでもなお、フリーになろうと思う方は、なればいいって思う。あわよくば、僕はそんな気持ちでフリーになった人たちと仕事してみたいと思うし。

フリーランスが本当に仕事に没頭できる環境を作れるとすれば、それは立派なビジネスになり得るだろうなと普段から考えているのだけど、実現できるのはいつになるやら。

そんな感じで、本命だった会社落ちたのでリアルでフリーになりそうです。

2009年3月 3日

リストラ対象になりました。現在求職中です。

ここ最近Blogの更新が滞っていたのは、表題の通りリストラ対象になってしまい、転職活動をしたり残務を処理していたりしたせいであります。
本来ならこの場では「転職しました or 転職します」って報告をする予定だったんですが、入社するはずの会社から採用を見送るメールが届いてしまい、結局今のところ転職先が決まらないという絶体絶命なピンチに陥ってしまいました。
※この辺の話は大人の事情で書くことはできません

というこで、退職1ヶ月を切って転職活動をやり直さなければならず、ここで一つ、お仕事募集のお知らせを挟ませてください。

主に得意とする分野は、Flash、Movable Type系の開発、制作および、それにまつわる変態的プロジェクトの数々です。
主な使用言語はActionScriptとColdFusion。PHPやPerlも一応使うことはできます。
現在、FlashとGainerやioBridgeを使ったフィジカルコンピューティング分野に足を突っ込んでいます。

たとえば抽出をTwitterでお知らせするコーヒーメーカーを作ってくれ(リンク先はmixiの中の人作)とか、部屋の温度をTwitterでお知らせするデバイスを作ってくれとか、部長が席に着いたらこっそりメールしてくれるサービスを作ってくれとか、公団住宅の空きを知らせてくれとか、彼氏が既婚者かどうか調べてくれとか、そういうのもできます。
あと、資産設計の伝道師である内藤忍氏のBlogの運営をサポートしています。

記事のライティングや写真撮影もできます。

元々は大阪の教育ソフト会社でDirectorを使っていました。なのでLingoも使えます。
WEBディレクションに必要とされる幅広い知識を有しているのも特徴です。
何でもやりたがりですから、雑学的な分野では他の人を寄せ付けません。だからといって引かれることもありません。

こんな私に興味がおありの読者の方、マイミクの方、レジュメを送りますので一声おかけください。
どんなやつなんだろう、会ってみたいなってのでも結構です。私もこの機会に、たくさんの方とお会いしたいです。

社員としてはとれないけど、外注先として...でもOKです。

健康状態は至って良好です。趣味はフリークライミングと自転車と水泳とランニングと、筋肉疲労の効果的回復の研究です。

ご興味がおありの方は、
Shingo.Okamoto@gmail.com
までご一報下さい。

よろしくお願いします。

はてな界隈でUR祭なようなので、マニアな俺がさらに補足してみる

UR賃貸住宅は抽選ではなく先着で、最強であることを惜しみなく紹介する
UR賃貸住宅の契約作戦を自重しないで補足しちゃうよ

を読んでみて、皆さんうまくまとめていらっしゃるなと思いつつ、URマニアからさらに補足してみる。

URは旧公団住宅なので、公団って言った方がわかる人もいるかも知れない。
まあいわば国営の住宅みたいなもの。
URがもてはやされている理由としては、まず、契約に際して保証人がいらないこと。審査が簡便なこと。住宅のクオリティが高いことの3点が挙げられる。

保証人がいらないから、その筋の人とかいろんな人が住んでたりもする。俺の住んでる団地には会社の転売をやってるドイツ人がいる。でもなんかトラブルになったとかはない。
審査は恐ろしく簡便。収入を証明できる書類さえあればOK。収入がない人は基準貯蓄額を証明できる書類を用意したりする必要がある。
んで、住宅のクオリティ。新築になればなるほどクオリティが高くなってる。もちろん、古い住宅でもそれなりにリフォームがされているので、予算と築年数に合わせてチョイスできるよ。
著名建築家が手がけた住宅もチラホラあります。
大阪の南船場では安藤忠雄が。
東京の東雲では山本理顕、伊東豊雄、隈研吾、元倉眞琴、山本圭介、堀啓二

これらは上記Blogにも書かれてあることなのでここで詳しくは書かない。
ここでは、さらに突っ込んだURならではの特徴を紹介したい。

1:敷金が分割払いできる。
URは礼金や仲介手数料がいらない代わりに、敷金が3ヶ月分かかる。一般的な不動産屋さんで契約する場合と比べて初期費用は少ないのだけども、この3ヶ月分をさらに3回に分けて支払うことができてしまう。
1年ごとに1ヶ月分を支払っていくのだ。計3回。
対象住宅が決まっているけれど、引っ越し費用を圧縮したい人には非常にうれしい制度でもある。

2:原状回復不要なリフォームプランが存在する
これは住んでみてから知ったのだけど、たとえば3DKの間取りで壁を取り払って2LDKにしてしまうとか言う驚愕のプランも存在する
季刊のURの広報誌にプランの紹介があるので、住んでる人は一度チェックしてみるといい。ライトなプランだとカメラ付きインターホンにするってやつだった。

3:合い鍵は管理者ですら持っていない
これは団地によるのかも知れない。URは入居時に鍵を全部渡してくれる。このため、管理者であっても合い鍵を持っていないのだ。
あと、鍵の交換もOK。合い鍵を預けたり許可もらったりする必要もなかった。
部屋に強制的に入らなければならないとき、ドアをぶちこわしたりするそうだ。ホントかな。

あと、予約に際しての補足。これは俺の経験上の話なのだけど、ネットに出てる物件は窓口の残り物ではないって事がわかっている。
窓口には窓口の、ネットにはネットの物件が存在していた。
これは、ネットで確認しつつ窓口に出かけたことがあるので、間違いない。
また、SOHO対応などの特殊な部屋は窓口でしか受け付けてもらえない。

オンラインで情報が更新されるのは、09:30、12:00、15:00、18:00を基本として、たまーに0時過ぎに情報が更新されたこともあった。
人気の住宅に関しては、空きが出ても1分ぐらいで予約されてしまうので、フォームに自動入力するプラグインとかで勝負しないとまずとれない。

窓口では、日月は割と部屋が少なく、火水木に物件が多く出る傾向にあるようだ。朝から窓口に行って、ちょっと並べば目的の部屋をささっと検索かけてくれる。

次にペット共生住宅について。
URは基本的にはペット禁止。全国にほんの少しだけペット可の住宅もあることはあるけど、競争率はメチャクチャ高い。
ナイショでペット飼ってしまうと、最悪の場合強制退去になることもあるから、やる気のある人は覚悟しとけ。
※ペットが住めないのがわかってるので、ペット嫌いの人が必然的に多くいる。鳴き声一発で即通報なんて当たり前。

そして家賃について。
URは安いというのは都市伝説。家賃は周辺の相場に合わせて常に調整されている。家賃には募集家賃と継続家賃があって、それぞれ周辺相場に合わせて調整されることになってはいるけど、昨今の不況の影響もあって、継続家賃の調整については現在の所見送りすることになっている。
うちの団地は新築で募集していた頃に比べて、15%ぐらい値上がりしていた。
家賃は安くないけど、支払ってもあまりあるメリット、それこそがUR最強の理由でもある。

最後に、ネットでの空き情報をいち早くメールするサービスが存在している。
一つはURの情報サイト(有料)で、もう一つがうちのサービス(無料)。設定に時間がかかるばかりか今は忙しすぎてちょっとさらに時間がかかるけど、ネットでの部屋の空き状況をチェックしたい人は是非申し込んでみて下さい。

詳細はこちら。
UR賃貸の空き情報をメールで配信するサービスのテストユーザー募集

2009年1月29日

UR賃貸の空き情報をメールで配信するサービスのテストユーザー募集

超人気物件など、インターネットで空室照会かけても「空き家はないよ」でお困りの方に朗報。

僕が個人的に作って運用している、UR賃貸の空き情報をメールするサービスを、近々ちゃんとしたサービスとしてリリースしようと思ってます。多分有料。もしくは広告付きメールとか。

それに先駆けて、ベータテストユーザーを募集したいと思ってます。これは無料。
もし「UR賃貸に住みたいんだけど、住みたい住宅の空きが全然なくて、チェックしてる暇もないし困っている」って方がいらっしゃいましたら

urchintai@okamot.com

まで、以下のフォーマットでメール下さい。

お名前(メールヘッダにつかいます)
メールアドレス
希望団地名
団地がある県名(こちらで検索かけるときに使います)
配信頻度の希望(1日1回、1日3回(9:30,12:00,18:00)、1日4回(左記に15:00追加)、1時間に1回)
※常時空きのある住宅に関しては、配信頻度を高めに希望されても1日1回にしてしまうこともあります。

以上。

UR賃貸関係で有名なサイトも似たようなサービスを提供しています。
多分仕組みは一緒だと思います。
向こうは営利でやってるので、文句言われたらどうしようって思ってるんですけど、きっと良い人だからそんなことはないですよね。
クローズドとはいえ作ったのは僕が先だし。

で、今回提供するサービスは、上記競合サービスとは仕様がちょっぴり異なります。
こちらは団地名直接指定です。地域指定じゃないのがポイントです。
住みたい団地をピンポイント指定。これ、最強。
でも、複数希望出されると高負荷でサービス継続できなくなる、諸刃の剣。

そのかわり、希望間取りや希望家賃指定がありません。

そしてちょっぴりうれしい機能もあります。
通常、空き家となっている部屋からしかリンクされない、間取り図画面を、メール内からご案内します。
つまり、誰かに先取りされてしまっても、どんな部屋が空いていたのかをあとで知ることができます。
「なんだ。この間取りならいらないや」と思うもよし「うわー!ちょういいいじゃんこれ!」と悔しがるもよしです。

もちろん、予約画面へのショートカットもありますよ。

個人情報提供してもらうわけですが、目的外の使用はしませんのでご安心を。

フルブラウザ携帯 or iPhoneなどのスマートフォンにメールを送るようにすると、幸せな気分になれます。
UR側サービスの仕様上、PCのブラウザかそれに準ずる機能をもったデバイスのメールアドレスを指定して下さい。

メールをいただいてから、検索条件などのプログラムを行うので、準備に数日かかります。
準備が終わればお知らせいただいたメールに「準備完了通知」を送ります。

ベータテストなので、いろいろ意見を伺ったり、感想をもらったりすることがあります。
また、ベータテスト終了後は、一般ユーザーとして再登録してもらう必要が出てくる場合があります。

ということで、興味ある人使ってみて下さい。

2009年1月14日

転職するしないは別として、日頃からスキルシートとかまとめておくべきだよなって思った

人生何があるかわからんです。
派遣切りとか社員切りとか給料半分とか、対岸の火事のように見ていたら、自分の足下にも火がついていたなんて事があるやもしれないです。

仮に火がついてたら、真っ先に取る行動は転職活動だと思います。FindJobみたいなサイトにアクセスして会員登録して、そこでやることと言えばスキルシートの入力とか職務経歴書の作成ですね。

それって結構めんどくさい。

どんな転職サイトでも入力フォームとか超工夫して、できるだけ手間暇かけずにスキルシートとか作れるようになってたりして、超便利。
でも、33年も人生やってきていると、職務経歴書とかそれなりに長いものになるし、スキルシートもそれなりに複雑なものになってくる。

サイト事にそれらを入力するとしたら、どうしても抜け漏れが出てきてしまう。

転職サイトに限らず、仕事をしているとスキルシートを出してくれって言う機会があると思う。
特定のプロジェクトで、先方が「メンバーのスキルシート出してくれ」って言ってくることもあるし(だってRIA案件なのにRIA知らない人がアサインされたりしてたら泣けるでしょ)、部内でメンバーのスキルをまとめておくと、プロジェクトのアサインがやりやすくなったりもするだろうし、交流会みたいなので知り合った方が「あなたのこともっと知りたいので」なんて言ってきたりしてスキルシートを送ったりすることもあるだろうし

ってやっぱり転職がらみになってしまうけど、とにかく、転職目的以外でもスキルシートを作っておいて損はないはずなんだ。

僕の場合、スキルシートをこうつくりなさい、職務経歴書をこう書きなさいって言えた立場じゃないのだけど、自分なりの工夫を以下にまとめておく。

転職サイト上で作成したスキルシートをコピペしたテキストファイルを持っておいて、文章量を簡潔・多め・詳細にした3つのシートと職務経歴書を用意して、相手に合わせて選んだものを送付って感じになるように努力してる。
先方が自分の何を知りたがっているのかっていうのと、自分が相手に何を知ってもらいたいのかっていう二つの要件をうまく満たすシートに、さも、コンポーネントを差し替えるかのようにカスタマイズできるよう、うまく段落や項目分けしておくとさらにいい。

最近は企画系の仕事に首を突っ込みたいなら、そういうところ向けのスキルシートの場合は、とにかく何でも突っ込んで俺ってすごいだろーってやりたくなる衝動を抑えつつ、伝わりやすさに工夫するようにしていたりもする。
提案って伝わるかどうかが重要だからね。

結局相手に合わせてシートや職務経歴書をカスタマイズするわけだけだから、作り直してるのと同じじゃんって思ったのだけど、その大元になるテンプレートは3つなんだよっていう話です。

そもそものスキルシートや職務経歴書の書き方とかわからんって人は、適当な転職サイトに会員登録すればヘルプでいろいろ教えてくれるし、インテリジェンスみたいな転職エージェントに行けばマンツーマンで教えてくれたりもする。
ただし、エージェントは今大忙しで、予約取ることもままならないってかんじ。
僕も登録はしてるんだけど、行けたためしがない。

こんなご時世、自らの意志に寄らない転職ってのもあるかも知れないから、そうなったとき、無駄にエネルギーを消費することのないよう、普段から準備しておきたいね。

2008年12月18日

涙なしには語れない、Adobe CS4 TLP移行の実際

持っているMacのCS3をTLPのCS4へアップグレードできました。
何かいているかわからんですね。

このBlogでは過去2回ぐらいに分けてTLPのメリットや注意点をまとめてきたんですが、実際に自分でもTLPへの移行をしてみました。

移行メニューは以下の通り。
macromedia Studio8をAdobe CS4 WEB Premiumへアップグレード
Adobe CS3 MasterCollectionをAdobe CS4 MasterCollectionへアップグレード
それぞれアップグレードプランはナシ。あとで買います。

TLP移行は、長くAdobeとつきあい続けるならお得になるっていう仕組みであることは、以前書いた「Adobe TLPへ移行するときの注意点、メリットまとめ」で述べました。
おそらくこの先10年ぐらいはこの仕事続けるので、TLPへ移行した方がメリットがあると思ったわけです。

で、元々は普通にアップグレードするより割安になるんじゃね?という思惑から、様々な見積もりを取り寄せては玉砕しました。
そのへんの顛末も「Adobe CS4 をとにかく安く買いたい!そんな人のための購入プランを考えてみた」に書きました。長いですけどあわせて読んでみてください。

文字通りの紆余曲折を経て、オンラインで見積もりを再度取ることになって問題が起きました。
今回はこの辺からお話ししたいと思います。

続きを読む: 涙なしには語れない、Adobe CS4 TLP移行の実際

2008年12月 3日

デイリーポータルに俺

セグウェイ当たりました
という記事でデイリーポータルに登場してます。

実話です。

限られた記事スペースで伝えきれないぐらいのたくさんのエピソードがあるので、ここで補足的にそれをお話ししようかなと思います。
安藤さんも言うように、未来は意外と住みにくい世界なのかも知れないです。

続きを読む: デイリーポータルに俺

2008年11月14日

Adobe TLPへ移行するときの注意点、メリットまとめ

Adobeのライセンス制度である、Adobe Open Options 4.5 Licensing Program のTLPへ移行するべく、オンラインやリアル店舗で見積もりを取ったりして、気がついた注意点をいくつか挙げたいと思います。

TLP移行を行おうとしてる方は「ひょっとしたら安く済むんじゃね?」という甘い考えを、ことごとく打ち砕かれる悲しい結果になっていますので、是非ご一読ください。

続きを読む: Adobe TLPへ移行するときの注意点、メリットまとめ

2008年11月11日

Adobe CS4 をとにかく安く買いたい!そんな人のための購入プランを考えてみた。

本日11/11よりAdobe CS4日本語版の予約が開始されました。発売は12/19です。開発期間が短かったこともあり、劇的な機能追加はみられない(と言いたい)のですが、やはり制作者としては環境を最新にしておきたいという気持ちもあります。

しかしながらアップグレード代はなかなか高額で、おいそれと出せるようなものでもないです。計画的に毎月「税金」を積み立てていた人などでなければ、「さて、どうやってお金を作るかな」と思い始めていることだと思います。

私自身、MacProとCS3 MasterCollectionを同時買い(しかもこれまでのWindowsライセンスをそのままに、Mac版を新規買い)した経緯もあり、毎月ローンを支払っているわけであります。
ダブルローンでますます生活が苦しくなるかも知れない中、どうせならできるだけ安く買いたいよねという想いから、いろいろな購入プランを考えてまとめてみました。

皆様のアップグレードの一助となれば。

続きを読む: Adobe CS4 をとにかく安く買いたい!そんな人のための購入プランを考えてみた。

2008年10月31日

4年前に自分が書いた記事にいきなり50以上のはてぶが集まった件

自分のアバターに海草をぺたぺた貼ったりして遊んでて、すっかりネットにつなぐのを数時間忘れていたんですが、寝る前にメールをチェックしたらなんかコメントが2件立て続けに来てるんです。
おやおや、めずらしいねと今度はtwitterをチェックしたら同僚が興奮して「はげログが注目のエントリに!」とか言ってるんです。

え!とおもって見てみたら人生最大のハテブを集めてるわけです...

ポイントカード制による会計処理の裏側ってやつです。
ソースは当時読んでいたダイヤモンドあたりだったと思いますが、引当金を借金と書いたのは個人的な考えに基づいているものであって、会計的な裏付けはしてませんでした。
んで、やっぱりそのあたりへ冷製に突っ込んでくれている人がいて、こちらも勉強になりました。

これ、トリガーになったのはやっぱり九十九電機ですかね。
九十九が民事再生法の適用を申請したことで、ポイントの扱いがどうなるのかって気になって調べた人が偶然うちにやってきたと...

調べ直してあとで修正しておきます。突っ込んでくれた方ありがとうございました。

取り急ぎ、元記事に引当金に関する説明を追記しました。

2008年10月21日

Amazonで買える最も高価なワイン

Amazonでついに飲食品が買えるようになってしまいました。
酒類も充実。提携ストアに注文を流す形になるので、性格のいい楽天化してる感じがしてきますね。

で、早速Amazonで買える最も高価なワインを調べてみたところ、高級ワインの代名詞であるロマネコンティを差し置いてこいつが一番高かったです。

シャトー・ラトゥール 1961。100万円をぎりぎり割り込む99万7,500円。アソシエイトリンクにしたので、誰か買ってください。

で、続いて1999年のロマコンが続いてます。

ロマコンもラトゥールもこの先まず飲まないだろうから買うこともないんだろうけど。

ロマコンよりも名前に惹かれるルパンは23番目でした。

僕の知り合いがとあるイベントでプレゼントしたワインはシャトー・カロンセギュール。
ハートマークのラベルがまたかわいいワインですが、かつてはカルフールでも5000円ぐらいで売られていたのに、立派に成長されました。

Amazonのアソシエイトツールバーで簡単にアソシエイトリンクが張れるってやつを試したんですが、なんか広告チックな見た目になっちゃいますね。

2008年10月 2日

性急過ぎるAdobe CS4のリリースは、Adobe TLP のプロモーションなのか?

アメリカでAdobe CS4シリーズが発表された。日本はまだ。
ご存じない人のために言うと、料理人が包丁を持つように、我々クリエイターはこういったアプリケーションを使うことでコンテンツを制作し、日銭を稼いでいる。

ソフトウェアは随時不具合の修正や新機能の追加が行われて、切りがよくなった段階でアップグレードとしてリリースされる。
既存ユーザーは新規ユーザーに比べて有利な価格でアップグレードすることができるというわけだ。

アップグレードはだいたいは不定期にあるのだけど、事前に発表があり、ユーザーはお金を用意してリリースを待ち、リリース時にアップグレード代を支払って、新しいソフトウェアを得る。
そういった形なので、みんなこれを「税金」と呼んでいる。Adobeに関しては「Adobe税」。

Adobeのアップグレードにはルールがあり、古すぎるバージョンからは最新版にアップグレードさせてもらえない。ユーザーとしての権利が消滅してしまうのだ。
これは元々Adobeとは別の会社だったMacromediaがやり始めたことで、Adobeとの合併でなぜかこのルールが生き残った。
個人的にはAdobeのゆるめのアップグレードポリシーに何度となく助けられてきた僕や業界は、この改定にひどく困惑したものだ。
メジャーバージョン3つ以上前のソフトからは、アップグレードができない。

互換性などの問題から古いバージョンを使い続けているユーザーにとっては、この期限内に使う予定が無くてもアップグレードする必要があり、ある意味強制アップグレードの意味合いも強い。

本来最新版のソフトを入手した場合は、旧バージョンのライセンスは無くなるため、見かけ上、旧バージョンを使うことは許されていなかった(Quarkなど許されているものもある)。
旧バージョンを使いつつ、アップグレードポリシーに従ったアップグレードを容易に行えるよう、Adobeが世に送り出したのが事業者向けライセンス制度、Adobe Open Options 4.5 Licensing Program だ。
この制度では小規模事業者向けのTLPと大企業向けのCLPがあるのだが、今回ここで取り上げるのはTLPだ。

TLPの場合、1ライセンスから申し込みが可能という、SOHOなどに代表される個人事業主でも気軽に導入できるのが利点だ。
そのうえ、ライセンス制度では旧バージョンへのダウングレードや使用OSの切り替えなど、一般個人ユーザーが享受できない、様々な魅力的なメリットを持っている。
また、一定期間内のコストをあらかじめ算出できるので、コスト管理が容易で、経理的負担も軽減できる。

TLPは導入ライセンス数によってレベルが決定され、そのレベルに応じて割引が受けられるようになっている。
アップグレードプランというオプションを追加することで、一定期間のフリーアップグレードが保障されるというのもある。
今回ポイントとなるのは、このアップグレードプランだ。

アップグレードプランは1年または2年の期間を選択できる、アップグレードの保険のようなもので、その期間中にアップグレードがあった場合、何度でも無償で最新バージョンを入手できる、TLPの目玉とも言える部分だ。

ところが、仮に1年のアップグレードプランを申し込んだとして、その間に何回アップグレードがあるのだろうか。
発表日ベースで前バージョンのAdobe Creative Suite 2(CS2) の発表日が2005年6月7日。ついで現行バージョンのCS3の発表日が2007年5月8日。CS4は米国発表日で2008年9月23日となっている。
仮にCS2リリースと同時に1年間のアップグレードプランを申し込んでも0回。2年間のプランでも1回という、アップグレードプランのメリットがあまり感じられないアップグレード間隔であったが、CS3→CS4は1年強というこれまでにないハイペースでのリリースとなっている。

仮にこのペースで今後もアップグレードを続けていくと仮定すれば、1年とちょっとごとにアップグレードを続けていくことになり、ますますアップグレードプランのメリットが際だってくる。

しかもソフトウェア単体製品でなくパッケージ品の場合は、パッケージ内のソフトがアップグレードすることで、パッケージ自体がマイナーアップグレードすることもある。実際CS3は現行CS3.3というバージョンになっている。
アップグレードプランはもちろんそういったところもフォローできる。

CS4発表で「ええ!もうでるの?」と思っているユーザーの心理を知ってか知らずか、TLP取り扱いディーラーがここぞとばかりにライセンス制度をプッシュしはじめた。
Tool Garageに至っては気合いの入った漫画まで描いている(しかもわかりやすい)

試しに僕が持っているAdobe CS3 Master CollectionをTLPにした場合のライセンスフィーを見積もってもらった。
現状のパッケージ品をTLPに移行する際のアップグレード代が19,562円(CS3→CS3.3になるっぽい)。2年間のアップグレードプランが115,821円だった。

購入数による割引はLEVEL1となった。ソフトによって付与されるポイントが違っていて、1500ポイントを超えるとレベルが一つ上がるのだが、Master Collectionの2年間アップグレードプランだけで2000ポイントもらえてしまった。

今からアップグレードプランにすると、CS4と運がよければCS5を手にできるかも知れない。
Master Collectionのアップグレード代はおおむね十数万と考えられるので、2回分のアップグレード代を考えたら、かなり割安になるし、仮に1回だけしか使えなかったとしても、更新後また2年とすればそのときこそ2回アップグレードのチャンスに恵まれるかも知れない。

各社がTLPのプッシュに走り始めた時期とCS4の発表のタイミングが、どうしても無関係とは思えず、結果としてTLPの利点がかなり明るみになったので、私としてはメリットを享受することになりそうなのだ。まんまとTLPプロモーションにノせられてしまったなと思っているが、ここで気になるのは個人ユーザーの処遇だ。

仕事でソフトを使っている人たちがメリットを享受し(学生は学割があるが)、同じソフトを使っている一般ユーザーが割高な通常ライセンスしか選べないのは、明らかに不公平だ。
ここからはかなり予想の範囲を出ない話だが、間違いなくAdobeはここへの対策を練ってくるはず。
個人向けライセンスでも世のトレンドは年極めのサブスクリプション制度へ移行する動きがあり(月極ATOKとか)、Adobeも何らかの形でこの流れに追従すると見ている。
なので、個人ユーザーの人はもう少し様子を見てから動いてもいいと思う。開業届はいつでも出せるわけだし。

CS4の早過ぎる発表と今後のロードマップにいささかの不安を感じている事業主の皆様は、これを機会にTLPへの乗り換えを検討して見る価値はある。今は様々なサイトでオンライン見積もりが可能なので、暇なときにでも試してみるといいだろう。

オンライン見積もり対応会社一覧

2008年7月15日

iPod Software2.0(iPhone 2.0)の株価アプリが日本市場対応

2670592154_fb67c6c1e5.jpg
これまではAMEXやNASDAQ限定だった株価アプリがひっそりと日本市場に対応。
コード表記になるので、指数がえらいことになりますが、気になる銘柄をヲチしたい人にはまぁ、いいかなと。
先物とか投資信託には対応してないです。

iPhone結構売れてるっぽいので、証券会社はトレーディングアプリを作らんといかんおかんがしますね。
がんばってください。

2008年7月 9日

GoogleAdSenseで換金してなくて期限切れになった小切手分が入金された

ダンベルを買ったので調子に乗って鍛えまくったら、腕がだるくて仕方がない朝、Googleからこんなメールがきてた。

Hello,

We are writing to notify you that you will be receiving a credit to your AdSense account for an outstanding check dated between August 2003 and August 2007 that was not cashed. The credit will show as an 'Adjustment - Other' in your May 2008 payment details on the Payment History Page in your AdSense account.

Provided there are no holds on your account and you have reached the $100 threshold you should receive this payment in addition to your normal earnings in the next payment cycle.

えっと。適当に訳してみる。
「やぁ。

このメールは2003年8月から2007年8月の間に未換金で期限が切れた小切手を持っている人に送っているよ。その未換金分は「その他の調整額」として2008年5月分として入金されているから、君のアカウントの支払い履歴を確認してみてね。

100ドルこえてたら次の支払いタイミングで通常通り支払いされるよ。」

ということらしい。
僕のAdSenseは1年で100ドル行くかいかないかなので、過去の無効になった分を払ってくれるなんてうれしいことこの上ない。
で、いくらなんだろうと見てみたら...

Firefox080709001.jpg

どかって増えてる!
ウホー
微々たるものだけどうれしい!

クラッシュパッド買っちゃう!

2008年6月24日

こうだんくん瞬殺→復活

こうだんくんが15時からリクエストを処理できなくなったようで、エラーを吐き始めた。
原因をしらべたところ、URのサーバーがこうだんくんっていうかうちのIPをBANしている模様。ステータスコード403...

おそらく1つのIPから1日に発行できるリクエストの回数が決められているみたい。
なので、IPを変えるか、日が変わればアクセスできるように...なっててほしい...

リクエストを出す間隔を長めに設定して、調整してみたい。計算機を叩いておそらくの閾値をはじき出してみたが、通信は復活するだろうか。

19:00追記

どうやら復活した模様。
3時間の範囲でリクエスト回数が閾値をこえたら、それ以降のアクセスを受け付けなくなるみたい。
しかしそうかんがえると、同一IPから一定の時間に出力できるリクエストの数ってそんなにたくさんないわけだから、汎用的にアプリケーションを公開するとなると、よっぽど運がよくない限り、あっという間に接続制限がかかって繋がりにくくなるはず。
リリースが遅れてるのはそのせいかもしれない。

UR賃貸に空きが出たらメールしてくれるサービス

もはや公団=安いといったイメージを払拭しにかかりすぎて民間よりも高級住宅になってしまった感のある、UR都市機構の賃貸住宅。
都心から郊外まで、古いのから新しいのまで、駅前から駅遠まで。様々な物件を取りそろえて皆様の入居をお待ちしております。
郊外って不便じゃないの?
大丈夫。URは持ち前の馬鹿でかい土地をふんだんに活用して、団地内に学校だって商店街だって造ってしまいます。団地出ることなくすべての用事が済んでしまうなんて事だってできます。うちは狭いですけど...

さて、そんなUR賃貸の中でも人気物件ともなると、有名アーティストのコンサートのごとく、速攻で売り切れてしまうことも多いようです。空いたそばから埋まる。
日々仕事に追われている我々からすれば、随時URに電話して空きを確認する芸当なんてできるはずもなく、適当なタイミングでインターネットで空室検索するのが精一杯です。

しかしネットの空室検索でも空きが出れば即埋まる現状、できることなら空室を調べてプッシュしてくれるサービスはないものかと思っていたら、UR賃貸住宅マニュアルの中の人が誠意開発中とのこと。
ますます競争率あがりますね。

しかし諸事情でリリースは来月ぐらいになるらしいです。

さてさて、そんな中僕の知人が事もあろうか超人気物件に目をつけました。
新規募集の段階でも抽選になって、最近やっと落ち着いてきた(UR営業の人談)という某物件にのみフォーカスして、空きが出れば即メールしてくれるサービスを作ってみました。
2008-06-24 12-45-06.jpg
こんな感じで。「空いてるよ!」ってメールしてくれます。こうだんくんと名付けました。
すごいですね。メールには電話番号が載っていたりして、外出中でも即URに電話して物件を押さえてもらうことだってできるわけです。

UR賃貸住宅マニュアルの中の人のは、希望住宅と希望間取りなどの条件指定ができるようなので、かなり汎用的に作られている印象があります。
なのでもし、どこかの人気物件を狙っている方がいらっしゃいましたら、そちらの正式リリースをお待ちください。
僕のは全然汎用的じゃないですので。

ネットで募集していない物件もあったりするので、やっぱり電話が一番ですね。

2008年6月 2日

YouTubeで新世代レジデンスをみた

で、これどのREIT買えばいいの?

2008年5月21日

シンプルな保険

MBH子会社でネット専業生保の会社であるライフネット生命保険が業務を開始。単純明快な商品コンセプトとネット専業ならではの価格の安さでなかなか好評らしい。

僕が今入っている保険は、子供の頃に組まれた満期返戻+生存給付金つきの予定利率のバリバリ高いヤツで、ゼロ金利政策の時は保険会社から「あなたのライフスタイルに合わせたご提案」という必死の乗り換え大作戦にもかかわらず、その頃の僕は金融大好き君になっていたので、その必死さをほくそ笑みながら眺めていたものだった。

しかしその保険ももうすぐ満期になり、さすがにライフスタイルもいろいろ変化があるので、いよいよ保険を見直ししなきゃなと思ったときにライフネットの開業。オフィスも職場の近所というあたりに縁を感じて早速見積もりをしてみたのだけど、それがおもしろいぐらいにシンプルだった。
見積もりは説明するより見た方が早いので、以下に動画を貼り付けた。クリックしたらはじめから再生します。

どうすか。
全然シンプルでしょ。特約ナシの掛け捨て保険なので、単純明快。明朗会計。保険について詳しくない人でも、適宜配された用語解説などへのリンクでバックアップ体制も完璧。おもしろいなと思ったのは、満期返戻や生存給付金がもらえる保険に入っている人が、ライフネットの保険に乗り換えた場合、毎月の保険代の差額を貯蓄に回した場合、最終的にどっちがお得か?という計算ができたりするあたり。僕の場合は満期が迫っているので今のままでいいのだけど、この先もそういった保険に入り続けるつもりの人は、一度計算してみてはいかがですかな。

さらに、豊富な保険選びツールのな中のライフプランツールもなかなか楽しい。いくつかの質問(といっても年収とかそういうのをがっちり打ち込むようなものではない)に答えていくだけで、この先のライフイベントに応じた保険の保障額をはじき出してくれる。こうやってみると、持ち家有利なのな。

保険を考える上で補償額をどう設定するかが悩みどころなのだけど、保険レシピというコンテンツでは様々な環境にある人の保険プランが書かれてあり、自分に一番近い人をピックアップして参考にしてみる...というのもあり。
いざ使う段になったときどうなるかはまだわからないけど、見積もりやその周辺の雰囲気からも、この先楽しみな会社がまた一つぶら下がったなと思いましたとさ。

2008年4月17日

車両保険の損得計算機を作った

つい先日のこと、仲間と山梨県にほうとうを食べに行くツアーをしたときに、途中で立ち寄った精進湖で、僕はあろうことか、深い轍に車の後ろ部分を突っ込んでしまった。
ものすごい衝撃with音。走行に支障がなかったものの、マフラーとバンパーを支える部分のボディがひん曲がってしまって、部品交換と板金あわせて20万ぐらいの修理見積もりがドーン。

幸いにも入っていた保険の車両保険は1回目が免責0だったので、お世話になることにした。

保険会社の担当曰く、保険を使われると、次の継続手続き時に等級が3つ下がります。と。
お客様は現在11等級なので、8等級になります。と。

通常、自動車保険はノンフリート契約といって、所有台数が9台以下の保険を契約している場合が多くて、さらにその多くの保険では加入期間に応じた等級付けがされていて、その等級に応じた割引が受けられるようになっている。
無事故でいればその分安くすみ、事故を起こしまくっている人は保険も高くなると言う仕組み。等級は1年に1回更新されて、最大20等級ぐらいまであるらしい。スタートは6等級。

さて、保険を使うことで等級が3つ下がるということは、次の更新時から支払う保険料が高くなると言うことだ。
事故をしていないときに比べて3年分の差がついてしまって、もしそのまま20等級まで行った場合、差額はどれぐらいになるのだろうか。

ちょっと検索してみたら、等級や修理金額によっては、車両保険を使ってしまうと、結局損してしまうことがあるということがわかった。
保険料はいくら上がるのですかと担当にきいて見るも、上がった分しか教えてくれなくて、結局保険を使うことで私はあなたにいくらのお金を納めることになるのですかというのはその場では聞かされなかった。
もちろん頼めば計算してくれるだろうし、それが彼らの仕事なんだから答えなければならない。

一刻も早く修理に出したい。そのためには、保険を使うことが損なのか得なのかを、ザックリと見てみたい。
そう思って作ってみた。
車両保険損得計算機。

続きを読む: 車両保険の損得計算機を作った

2008年4月 1日

マネックス証券のチャットで問い合わせをやってみた。

マネックス証券の問い合わせ窓口は、メールや電話などの他にチャットもある。チャットで問い合わせ。なんとなく、新世代。
電話問い合わせはほぼすぐに回答を得られるのが利点だけど、電話のために手を離さなければならないのが難点。
メールの場合は好きなときに質問できるけど、回答がいつ得られるかわからないのがつらい。
その中間がチャット問い合わせ。画面の向こうにいる生のオペレーターに対して質問をいろいろしたら調べて応えてくれる上に、PDFなどの書類をぽんと送ってくれたりもするらしい。

マネックス証券、問い合わせ窓口にチャット機能を導入 - ITmedia
CRMソリューションの導入事例:マネックス証券株式会社様

なかなか便利そうなチャット問い合わせだけど、利用できる時間が試験運用中ということもあってか、平日の15時〜17時の2時間だけ。ついうっかりしてたら忘れてしまいそうな感じだ。

ということで、僕は15時過ぎにリマインドを設定した上で、問い合わせすることにした。

なんか間違っている気がするが、キニシナイ。

続きを読む: マネックス証券のチャットで問い合わせをやってみた。

2008年3月 9日

オークション方式の個人間無担保融資サービスのZopaが日本上陸

http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/07/zopa.html

いやーきちゃった。ついにきちゃった。
これは何かというと、お金を借りたい人と貸したい人を仲介するサービス。たとえば僕が「仕事に使う新しいデジカメがほしいから100万融資してくれる人を探している」とすると、このサービスに年齢や職業、健康状態や収入などの個人情報を登録して、融資者を募るというわけ。
融資者は必ずしも融資希望者が望む金額を用意する必要はなく、その一部でもいいらしい。オークションされるのは金利。当然貸し手と借り手の双方が納得できる金利であれば契約成立。という感じ。

Zopaは利用者の個人確認などのサービスを提供するようなのだけど、ぱっと見た感じかなりリスキーでもある。だって、知らない人にいきなりお金を貸す訳なんだから。

お国の間の金利差もあるけれど、今のところ実績としては平均7%の金利で取引されてるみたい。ただこれは銀行で借りるよりも安いところであるらしいから、日本の場合、銀行のマイカーローンで金利固定8.125%、フリーローンだと固定9.625%だから、コンスタントに7%の金利が得られるかどうかと言われると微妙かも。

サラ金的な金利で攻めるなら10%越えも夢じゃないけど、それこそ本当にリスキー。

借り手からすれば、金利は安いに越したことないわけだから、こういったサービスは大歓迎だろうな。できるだけ自分の信用をよく見せるように努力して、できるだけ安い金利でお金を借りる。
今のところ、踏み倒しが起きた例は0.1%なのだそうだ。踏み倒してしまうような人はそもそもZopaを利用できないと言うことか。

もし本当にサービスが始まるなら(法的にいろいろがんばらないと難しそうな香りがします)、是非利用してみたいと思うし、お金に余裕があるならちょっぴり融資してみたい気もする。
これからはこういう、投資などに変わる新しい形の資産形成手段が流行すると思われるからだ。

そういえば株を担保にお金を借りられるような仕組みを作ろうとしている某証券さんとか、ここと提携するのもおもしろいかもしれんね。

See also:http://blog.zopa.com/archives/2008/03/07/happy-birthday-to-zopa-and-welcome-japan/

2008年3月 5日

4月からEdyで税金とか公共料金の支払いができなくなっていく件

ビットワレットのプレスリリース

私の愛するapでは4月1日からアウツ。
これはもう「当社の冷蔵庫」と化しているポプラで攻めるしかないのか。ポプラはポプラで支払える税金と支払えない税金が存在していたりして面倒なのだけど、できないよりはマシか。

何でこんな事になったのか、ビットワレットから詳しい説明がされていないのだけど(詳しい説明もナシに一方的にサービスの終了を告知しておいて「ご理解ください」なんて言われても理解できるほどの柔軟な脳みそを持ち合わせていないぞゴルァ。それとも勝手に妄想しても文句言いませんですかゴルァ。)、2chなどをざっと眺める限り、一部ユーザーの行動によってサービスを継続していけるだけの十分な収益を上げられなくなってしまったと言うところだろう。

その一部のユーザーの行動というのが「Edy永久機関」と呼ばれる、Edyのポイントバック制度を逆手にとった、ある種の電子マネー詐取行為なのだが、こいつを何とかする方が先なんじゃないのかと。
それか、考えるに、公共料金や税金の支払いはが思いの外ビットワレットの商売の足を引っ張っていて、しかしユーザーはある程度存在しているために商売として引き際がつけられなくなってしまって「あーうーこのままだと僕たち商売的デスマーチ一直線だよー」となったところへ、永久機関ユーザーの存在。
公にしないでも、彼らの存在があれば、ユーザーは自然とそちらへ怒りの矛先を向けるだろうから、火の噴き加減も抑えられるのではないかと。

まぁ、そういったビットワレットの事情はどうあれ、便利に使ってた真面目なEdyユーザーが割を食ってしまったということですね。

仮にこの永久機関ユーザーがトリガーとなったのが本当なら、以前新生銀行であった「一部ユーザーが多数の少額振り込みを実行したため、振り込み料無料サービスの継続が難しくなった」という件を思い出します。
ただこれは、目的が詐取なのではなく競合他社関係者が仕掛けた罠だったという話が出てましたね。

とりあえず、ID申し込むかなぁ…

2008年2月16日

MoneyZine

Google Apps向けにドメインをとろうとしていたとき、せっかくだからお金にまつわるポータルサイトみたいな位置づけにできないかと、moneyzineという単語を思いついたんだけど、海外で展開されてなさそうだし、よっしゃーとったれーとふと検索をかけたら思いっきり日本のサービスでありました。

MoneyZine

斬込隊長とかが連載してた。

Zineって言葉は一般的に思い浮かぶものなんだろうな。
もうちょっと別の名前でないかな。お金関係のBlog記事を有志が集まって投稿するようなサービスを模索中。単純にエンドポイントみたいなのを公開して、お金にまつわる記事をトラックバックしてもらうのもありっちゃありなんだけど、そうすると記事の品質をこちらが保証できなくなってしまって、間違いなく変なスパム的記事で埋め尽くされてしまう。

だからといって人的なリソースをさくようにしてしまうと、サービスとして運用していくにはたくさんのエネルギーが必要。

その辺のバランスをどうとるか。

2008年2月12日

マネックスビーンズホールディングスのIR情報ページがトリッキーな件

僕は以前「マネフリ」というサイトをやっていたのだけど、今は忙しくて手をつけられなくなったっり、サーバーの構成が変わって以前のプログラムを走らせることができなくなったり、自分で作ったSNSのパスワードを忘れて管理ができなくなったり、マネックス自体が以前よりもあり得ないぐらい大きくなってしまって、目標としての設定を見失ってしまいがちだったりしてサイトは放置状態。だから、リンクも張らない。

で、また最近そのマネフリを復活させたくなってきて、どうしようかなとか思っていたところで思いついたのが、データのビジュアライゼーション。でっかい会社だと、そこの所属している社員ですら、会社のことがわからなくなりがち。
そんな会社のことを株主がちゃんとわかることができるかというと、ちょっと微妙でもあるなと。

なので、数字や文字の羅列であるデータを図形などに置き換えてビジュアルで把握できるようにしてみようという試みがデータビジュアライゼーションであるのだけど、とりあえず、マネックスっていうでかいターゲットに対してあらゆる切り口でビジュアライズしてみようと思う。

で、そのマネフリでかつてやっていた「グラフィカルIR」なるものがあって、これはマネックスが毎週公開していた口座数などの推移をグラフ化したものだった。
とりあえずそのあたりからザックリ切ってみるかなと、週次概況ページのソースを覗いたら…

続きを読む: マネックスビーンズホールディングスのIR情報ページがトリッキーな件

2008年1月29日

やる夫と学ぶサブプライム問題

秀逸。
http://netanabe.blog78.fc2.com/blog-entry-588.html

間違いだらけのAfterEffets講座をやろうって言っていたら「やる夫風にやるのはどう?」と隣のうえきさんから言われて

「…やる夫ってなんですか?」

と真顔で聞いてしまいました。

やる夫というのはどんなことにもチャレンジして、様々なトラブル修羅場をくぐり抜けて学習していく2ch発祥のキャラクターです。
彼と共にいろいろなことを学んで行くスレが日々生まれてます。で、今回はサブプライム。

適当なやる夫がサブプライムローンを申し込んで、返済に困って家を売ったあたりから急展開していきます。

時間ある時にじっくりとどうぞ。

2008年1月22日

日経13000円切ったらiPod touch買うって言ってたらホントに切ってしまった件

出社したら隣の席にいるうえきさんが「岡本さん。touch買わなきゃ」とやけに喜んでいるので理由を聞くと、日経平均が13000円切ったという。

えーまじすか

今日はリバるだろとか言ってたのに始値からがっつりいっちゃってますか。

えっと

終値にしませんか…

2008年1月21日

丸の内で駐車場をタダで使う方法

R0012157.jpg
丸の内周辺で駐車場をタダで使う方法を紹介します。条件は限られますが、うまくやればちょっとした寄り道にも使えます。

丸の内周辺はPARK-INと呼ばれる、共通の駐車サービスが受けられます。同じPARK-INだったら場所が違う駐車場でも無料サービスになったり割引されたり。
便利じゃないですか。

PARK-INに似た感じのでは都営の駐車場(西銀座とか東銀座とか)があるけど、これにはない独特の便利さが丸の内にはあります。

続きを読む: 丸の内で駐車場をタダで使う方法

2008年1月20日

AmazonでMacBook系用のDDR2PC2-5300SO-DIMM2GBが激安

BUFFALO DDR2PC2-5300SO-DIMM2GB A2/N667-2G

いつもAmazonの激安情報や人気商品の入荷情報を教えてくれるマイミクの方の日記から転載。

割引率が95%ってはじめて見たかも。

51gvSzWFrQL._AA280_.jpg
参考価格:¥178,500 (税込)
価格  :¥8,700 (税込)
OFF  :¥169,800 (95%)

MacBookやMacBook Proに使える2GBメモリだけど、仕様が合致してるなら他のPCでも行けると思われます。
お持ちの機種の搭載可能最大容量を超えない範囲でご購入ください。
僕が持ってる初代MacBook Proはすでに満タンの2GB積んでいるのでアウト。

FB-DIMMもこんな感じで安くなってくれませんか。MacProはメモリ買うにも「覚悟」がいるというのはなんとかしたいんですけど…

2008年1月15日

Amazonで外付けUSBモバイルHDD(160GB)がほぼ半額で売られている件。

41PdrO6+WJL._AA280_.jpg

BUFFALO USB2.0対応 耐衝撃ポータブルHDD TurboUSB機能搭載 160GB ブラック HD-PS160U2-BK

Amazonではたまに「うお!」っていう商品が「うお!」っていう価格で出ることがあるけど、今回のこのHDDはまさに「うお!」級。

容量160GBなので、一昔前の大容量といえる十分なキャパシティを持ちながら、1万円ちょっとで買えるお手頃価格。
分解してノート用HDDをリプレイスするのもいいだろうし(ノートから取り出したHDDをかわりにモバイル化する)、そのまま何個か買って1個をAprertureのボールト(いわゆるバックアップ)として、もう一個をLeopardのTimeMachine用ドライブとして…とかもアリか。

他にも友人と大容量データのやりとりをする際の入れ物としてもかなり重宝するかと。

via 隣の席の同僚

2008年1月 5日

2008年Apple Store銀座初売り内容

どもです。

1/2のアップルストア銀座に行ってきました。昼過ぎに
負け組ですええ。

店頭でもらったパンフによると一部商品が当日限りの限定値下げとされていました。その内訳を続きに。

続きを読む: 2008年Apple Store銀座初売り内容

2007年12月30日

浦安とか市川市民はAmazonプライムはマストだと思う件

アマゾンの配送センターは市川にあるのだけど、うちからクルマで10分ぐらいの場所。
かつては都内だったら通常配送でも1日か当日に届いてしまうこともあったけど、今は注文が受理されるまで1日、配送されるまで1〜2日となってしまった。

先日、ある注文をトラッキングしてみたら、なかなかおもしろい結果になった。

2007/12/30 --- 千葉県 市川市 JP 配達中です
2007/12/29 --- 千葉県 習志野市 JP お近くの配達店まで輸送中です
2007/12/29 --- 東京都 江東区 JP お近くの配達店まで輸送中です
2007/12/29 --- 千葉県 市川市 JP 配送センターから出荷しました

29日に市川の配送センターから出荷された荷物は浦安を飛び越えて江東区まで一旦送られる。新木場かな。DHLとかのセンターは新木場とか東雲にある。
そこから今度はまた浦安を飛び越えて習志野のセンターに送られる。
そしてまた市川のセンターに荷物が戻ってきて(たぶんアマゾンが入居している同じ場所)、やっと配送されるという具合だ。

流通の仕組みの都合もあると思うので、こういった流れになってしまうのは仕方ないとは思うのだけど、Amazonプライムに申し込みさえしていれば、市川の配送センターから直接荷物が届くようになるのだろう。結果、無駄な荷物のやりとりがなくなって二酸化炭素排出を抑制できる…といいのだけど。

Amazonプライムはお急ぎ便と呼ばれる、通常350円の手数料がかかるオプションが無料になったり、1500円以上買わないと送料が無料にならないといった「1500円縛り」がなくなったりするのが魅力の、Amazonヘビーユーザー向け会員制度だ。
大型商品の特別送料や、第三者が出品しているAmazonマーケットプレイスの送料は対象外となる。
また、離島の送料は通常の送料より高くなるのだけど、Amazonプライムだったら、それが通常送料になる。

早く届けてもらえるというメリットもあるが、浦安や市川などの、Amazon配送センター周辺に住む人は、とりあえず申し込んでおいて損はないと思う。在庫があるなら、ほぼ間違いなく当日配送されるはずだから。

Amazonプライム

2007年2月 3日

引越と振り込め詐欺

浦安から浦安に引っ越します。
そういえば以前は住吉から住吉に引っ越しました。飽きっぽい性格というよりは「ハズレ」を引くのが得意なようです。

次の家はあたりであることを願います。

で、本契約を前にして敷金とか日割り家賃とかを振り込むわけなんですが、その合計額が結構な金額になるわけですよ。60万とか70万とか。家賃高いところだったらもっとするだろね。
で、振り込み用紙をもらったんですけど、そこには僕の名前が記入されてあって、振り込む際には本人確認書類が必要だと説明されました。

詐欺対策なんですかね。

本人以外が振り込もうとしたら、両人の身元を証明する書類が必要だとかでかなりめんどくさい。
だからといって仕事先の近くは金融機関がやたら少ない。

セキュリティを高めると面倒なことが増えるのはわかるにしても、この辺融通きかないもんですかね。

2006年12月10日

ターバン野口

やってみたがおもろい。
慣れないうちは色々はみ出たりしてしまうので、うまくフォローしていきたいところ。
樋口でも福沢でもできる。

2006年12月 6日

クレジットカードの不正利用

師走に入って毎週のように飲み会があったりして、財布の中身はおろか、銀行口座からもものすごい勢いでお金が出て行ってるんですけど、僕は無事に年を越せるんでしょうか。

さて、昨日帰ったら「クレジットカードの本人確認の電話があった」とか言われたんですよ。実際には実家にかかってきていたと言うことらしいです。

本人確認なんて珍しい。
カードはセゾンカードなんですけど、請求額がそのまま証券口座から引き落とされるタイプの物なんです。
で、証券口座からお金を出していたりして、引き落とせなかったことが過去にあったので、またやっちゃったのかな(今は口座にお金はなくて証拠金になってる)と思ったのだけど、要件は本人確認。ちょっとわけがちがうっぽい。

よくわからないままセゾンの管理部みたいなところに電話したら、僕に電話してきた担当者はお休み。その代わりの人が話を聞くというので「岡本と申します。なんか本人確認の電話がかかってきたんですよ。」と話すと岡本紳吾様ですね?と。

おぉ。なんか話が通じてるみたい。

続きを読む: クレジットカードの不正利用

2006年6月30日

スーパーカブロボ対戦

Javaの勉強がてら、カブロボを作ろうと奮闘中。
カブロボっていうのは株式の自動売買を行うプログラムのことで、マネックスが協賛してコンテストもやっている。

コンポーネントを組み合わせてかんたんに作る手法もあるらしいのだけど、現段階ではまだ公開されていないし、せっかくなので自分なりの考えと、一般の自動売買論を組み合わせて拡張してみた方がおもしろいだろうと、Javaって見ることにした。

幸いにもうちの環境にはJavaの開発環境が整っていたりするので、難なくSDKを展開してプログラムできるようになった。

仮想資金の5000万円を元手に、ドローダウンをできるだけ押さえ(最大30%)た安定的な運用を行い、リターンを得るという、ちょっと素人が手出しするには難しい感じもしてくるけども、ま、この辺は考えなくてもシミュレーターが結果を出してくれるので、適当にパラメーターをいじって詰めていけばいいかなと。

条件がある。
カブロボが実行(orderメソッド)されるのは前場と後場の前の2回だけ。場中は動作しない。この実行時間は3分以内と定められているので、あまりにも複雑なロジックを組んでしまうのはダメ。仮に組んだ場合は、処理の高速化をする必要が出てきてしまう。
後場のあとで最大8分間与えられ、この中で翌日に注文する銘柄の候補を選定(スクリーニング)する(screeningメソッド)。
注文は当日のみ有効で、約定の如何にかかわらず、取引終了時点ですべての注文は破棄されてしまう。つまり、出合えない。

取引は指し値、成り行き、逆指し値が可能。空売りもおk。注文条件には、即時、寄り付き、引けの3つが可能。

リアルタイムで株価を得られないので、このあたりは組み合わせがきまって来そうな気もするな。

ま、こんな感じだ。
SDKには主要なテクニカル分析のための関数がすでに用意されてあるので、テクニカルゴリゴリな人はすぐにでも開発に向かえる。
しかし、せっかくだからスクラッチで作ってみたいと思うじゃない。
カブロボサイトからリンクされているIBMのサイトには「月齢」を用いて売買をやるという、何ともユニークなロボットが紹介されていた。

ルールに「再現性を求めるため、乱数の使用は不可」というものがある。このため、売らない的な要素を含んだ売買はできないけど、月齢は確かに、その日その日で決まってくるからいいよな。
こうなれば、たとえば六曜とか高島暦とか、そういうマニアな動きを使って売買するのもおもしろいだろうな。
「さんりんぼう」は建設株売り。とか。

今回の目的はカブロボの制作を通して、Javaの理解を深めようというものである。あわよくばコンテストで勝ち残って、歴史に名を刻もうではないか。
ということで、制作状況は追ってこの場で紹介していこうと思う。時間がないので、ぼちぼちとは行かないが。

2006年2月 2日

金儲けの仕組みを考えたり

今の世の中は、昔と違ってスキルや個性と言ったものを、少しの工夫で簡単にお金に換えることができるようになっていると思う。
先日、東京に行っていろいろな方と話をして、そう思った。

ただ問題は、その少しの工夫をどうやるかである。
いくら優れたプログラムを書けるプログラマーでも、いくらすばらしいイラストを描けるイラストレーターでも、 工夫無しではそれをお金に換えることは難しいわけだ。
ちなみに、工夫とリスクは違う。
フリーランスとして活動していくと、給与という枠組みが無くなるので、実質青天井の相場で仕事ができる反面、食いっぱぐれる事もあるわけで、 これは工夫と言うよりはリスクなんだと自分では思っている。

詳しく書けないのだけど、僕が東京で出会ったある方は、おそらくは儲けようと考えずにコンテンツを作り、 それが結果的にそれはもうびっくりするような収入を生み出すようになった。
今はそれにさらに工夫を加えて「日額いくら行くかな」みたいなことをやっているようだ。
それは本来の収入とは別枠のものになっていて、仮にそれが破綻してしまっても、生活そのものが破綻しないようになっている点も興味深い。
SEOやSEMなどの技術的な部分は、後から付いてくるもので、はじめっから徹底的に手を加えてもあまり意味がないんだなと思ったりもした。
そして、継続。継続は力なりとはよく言ったものだけど、長持ちしているコンテンツはそれなりの周りからの評価も高くなる。

資産設計系の書籍には「お金に働いてもらう」という表現が見受けられるのだけど、 同じようにスキルや個性にだって働いてもらうことは可能であると思う。コンテンツに変えれば。だけど。
基本的には自分の興味がある分野でコンテンツ化を進めていくのがいいみたいだ。

以前、元アシがプログラムの世界に足を突っ込んで(引き込んだ人間は今でも大嫌いであるが)、めまぐるしい成長を見せているときに 「自己満じゃ金に換えることはできんよ」と言ったことがある。彼女の目的は知的好奇心を満足させることだったので、 金に換えるかどうかなんてどうでもいいことなんだけど、僕は基本的には金儲けが主体の男(これについては何をいってんだと言われるだろうが、 資本主義の国に生まれたものの運命であろう)なので、何をやるにしてもその先には商売が絡んできてしまう。
そう思ったら、自己満で終わってしまう彼女と、その先に商売を見据えている僕とのベクトルがずれているのは当たり前のことで、 コンビが解消されたのは必然なのかもしれない。

東京から戻ってきて、どういったコンテンツを展開するかをずっと考えている。
あまり利益を生まないフリー写真はこの際切ってしまってもいいんじゃないかとも思っているぐらい。
でも、時折届く感謝のメールには、いろいろと心温まるものを感じていたりもして「儲けだけじゃねーんだよなぁ」とも思ったりしている。

東京で買ってきたモールスキンのメモパッドに、自分が得意とする分野、 自分が今置かれている状況についてコチョコチョと書き込んでみた。
どうやらそこから数種類のコンテンツを生み出すことができるらしい。

さっそく始めてみている。成果が出るのはいつになるのかわからないけど。

ということで、生活から切り離された金儲けについて、その特徴を箇条書きしてみると
1:考え込まれていない。作り込まれていない。
2:長持ち。3年とか4年とかそれ以上の期間、利用され続けていたりする。
3:立ち上げやメンテナンスの苦労はあれど、労働の対価としてはかなりの高効率。
4:興味のある分野など、必ずその人の個性に合ったコンテンツになっていることが多い。
5:(僕についてだが)日記の更新頻度がすごいらしい。これも「売り」になるんか?

さてと。仕事しようっと。

2005年10月 9日

amex platinum

インビテーションがきた。

そんなに使ったっけ?

補償や保険が魅力的なので、動産保険代わりに入っておくかと申込書を書いてみたものの。

年会費9万円…

2005年8月 3日

不動産について思うこと

先日おもろいチラシが入ってた。

「え?月10万でおつりが来るのにマンションが持てる?」

って見だし。オチはわかってる。どうせ、 住宅ローン減税をフルに活用するという超レアな条件+提携銀行の身勝手変動金利ローンを35年で借り倒しての結果だろ。
(ボーナス関係は最近はナシにする傾向がある)

って思ってたら相手はその上を行ってた。50年ローンらしい。

家は欲しいのだけども、資産形成の一端をなすと考えると、どうも不動産を持とうって気にならない。

いつも言うことだけど、僕は不動産に関してはかなりネガティブな考えの持ち主なんだけど、 別に不動産を持っている人に対してどうこう言う気はないし、欲しい人は買えばいいだけの話だし、それぞれが好きなようにすればいいだけの話。 僕自身のスタンスをチラシの裏に書く感覚でちょっと最近気になることを話してみる。

続きを読む: 不動産について思うこと

2005年7月 8日

俺マイラー

頻繁に東京行くようになって(今回のプロジェクトが終われば、この生活も終わりそうだが)、マイルにいちいち気を遣うようになった。
いや、やっぱたまった方がいいじゃない。そう思うと、たとえばいろいろなポイントをマイルに移行するのも楽しい。

だったらもうANAカードをもって、それをメインにしてしまえってんで調べていたら、2ちゃんねろで「マイペ付きだよな?」 と言われた。

ん?マイペ?
辞書ソフトのことか?

と調べてみたら、マイペイすリボとかいうサービスのことらしい。
リボ払いにするとマイルが2倍たまる。で、支払い額を最大にしておくと、通常の1回払いと同じ感覚でマイルが倍たまるという裏技らしい。
6月中旬ぐらいからルールが変わって、この方法は使えなくなったらしいのだけど、なかなかおいしいじゃないですか。
こうやって飛行機に乗らずにマイルをためていく人のことを「陸マイラー」と呼ぶらしい。

あー僕がANA好きなのはひょっとしたらあの機長がいるからかもしれない。

今調べた。
山形(ヤマガタ)機長って言うらしい。
とにかくアナウンスが多い。そしておもろい。僕がよく乗るITM-HNDとかKIX-HNDとかはまず無さそうだけど、 僕は一度だけOIT-ITM便で遭遇している。
「世界一安全な全日空をご利用いただき…」ってやつ。
「ウエディングドレスを広げたような真っ白な雲が…」ってやつ。
「悪魔のいたずらか、ところにより揺れる場合がありますが、 飛行にはまっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっったく問題ありません。 」ってやつ。
あとは
「管制塔へルート変更を申し出ました。受理されました。」とか「本日も定刻運行のご協力ありがとうございます。」とか。

あと、あと、 夕日がきれいな日はわざわざ飛行機をバンクさせて(かたむけて)どの席のお客さんからも夕日が見られるようにするんだそうです。

なぁ、機長。今日はどこを飛んでるんだよ。
あなたの機に再会する前に、僕の財布が飛行機代でパンクしそうだよ。っていうか、すでにパンクしてるよ。

※3レターコード
HND:羽田空港
ITM:大阪国際空港(伊丹空港)
KIX:関西国際空港
OIT:大阪工業大学…じゃなくて、大分空港。

2005年6月24日

カード番号流出に関して思うこと

怖いね。

ほら、クレジットカードが盗まれたってわけじゃないでしょ。
使用者は何も悪くない。防ぎようがないじゃない。どうしようもない。つーか、ウイルスに感染して情報流出って恥ずかしくない?

僕の周りの人にもちらほらと「確認の電話が来たよー」って人が出始めて、 そのうち僕のところにも来たりするんだろうなって思ってるけど一向に来ない。安心していいのかな。
確認の電話ってことなんだから、不正利用の疑いがある人を優先してるんだと思う。ってことは、流出した人全部には連絡しない? 不正利用が疑わしくなった段階で連絡する?
結局何件流出したのよ。クレジットカードは顧客の信用だよ?頼むよ。特にAMEX。高い会費とっていて黙りはないだろう。頼むよ。ほんと。
ちなみにさ、セゾンはすごいよ。ある程度の高額な買い物をしたら、CAT(電子承認システムみたいなの)が使えなくなるの。 店にもよるんだろうけど。そしたら、僕は一気に泥棒扱いよ。爆笑したよ。二度と使うかって思った。少額決済専用にしようって。

話はもどって、一説によると流出したカード情報は、有効期限が近いもの順に使用されているという。ということは、 時間がたてば不正使用される可能性が十分ある(流出したとして)。
僕は海外で買い物しまくり野郎で、JCB、VISA、AMEXを米国内決済で使いまくってる。流出が疑わしいメンバーである。

うわ!すげー請求が来たよ!(ってこないだ買ったレンズなんだが。)

もうさ、世の中のカード全部入れ替えちまおうよ。この際だし。ついでに、徳政令出してよ。この際だし。

2005年6月 2日

3万円で始めるネット株

って本が売れてるらしい
若い世代の人がこういった感じで、市場に参加することは非常に喜ばしい。
でも、3万円で買える株って限られてないか?もっとほかに有用な運用先があってもいいのだけど。
ネット株はそれだけ簡単にできるんだよって事なのかな。

僕がもし、3万円を手にして投資をするとしたらだいたいこんな事をやると思う。

1:ノーロード投資信託でのんびり利益を狙うぞ。
売買手数料のかからないノーロード型投資信託ってのがある。信託報酬はかかってしまうが、売買するのにあまり躊躇しなくていいので、 ノーロードの日経平均などのインデックスをベンチマークするタイプのものを買う。

2:宝くじ感覚でブルベアセレクト。ここは一つ、短期勝負といこうではないか。
ブルベアは上がるか下がるかを予想して、どちらにもつけるタイプ。相場が下がっても利益をねらえる。手数料がかかるので、 ちょっと儲かったぐらいでは手元に残らないのだけど、うまくやれば10%ぐらいの利益をサクッとねらえる。もちろん、 その逆もあるのだけどね。
投信だけど損切りの大切さを学べます。ええ。学んだよ。

3:為替でポン!
為替証拠金取引の差し入れる保証金の最低額が1万円まで下がってきたので、それを使って為替の少額取引をやる。
レバレッジが10倍と大きいので、3万円差し入れて1万円分(ドルなら1000ドル)のポジションを持つ。 こうすることでレバレッジを3.3倍に引き下げることができる。ブルベアセレクトと同じく、手数料などがかかってしまうけど、 為替の場合はリアルタイムで取引できる。売り買い双方のポジションをもてる。もらえてうれしいスワップポイント。
世界情勢をきちっと反映した値動きになるので、ニュースにやたらと敏感になれるのもいい。お勧めはこれ。

3万円で株を買うとなると、手数料が割高になってしまったりする。
1約定あたり、20万円未満ならタダってところや、口座開設後一定期間はタダってところもあるけど、3万円でデイトレードは中々厳しい。
ポジションを解消する際のエネルギーは株も投信も為替もほとんど変わらない。ここはひとつ、リスクを抑えた方法で、 買うことよりも売ることの難しさを体験して、じっくり資金を貯め込んでから株の世界に飛び込んでみればいいのではないか。

内藤のアニキならどう答えるだろう。教えてシノビー!(さりげなくリンクを張って呼び込もうとする男)

2005年5月16日

家と金

嫁さんの持ち家欲が日ごとに高まっているのだけども。
そもそも家を持つことは一般ピーポーにとってメリットなのだろうかと。

昨日もらったチラシには(なかなかいい物件があったので散歩がてら見てきた)こんな文句が踊ってる。
持ち家と賃貸の比較と題して

1:持ち家は将来の自分のための資産形成であり、賃貸は他人のための資産形成です。
お。資産形成と来たか。
ローン組んで抵当をとられてるのに資産形成とは笑わせる。賃貸は確かに他人のための資産形成だ。
でも資産形成を目的として家買うために借金するなら、賃貸に住みながら貯金した方がよっぽどいい。

2:持ち家は税制優遇がある、賃貸は優遇が一切無い。
新婚補助ってのが大阪市はあるのだけど、まぁたしかに賃貸は税制優遇がない。 これはいわば固定資産をリース物件にしているようなものじゃないかと思う。減価償却しなくていい。
また、税制優遇は僕から見れば、評価額の下落をごまかすための施策にすぎないと思っている。今は金利や評価額が上向いているから、 税制優遇がおいしいのかな。
ただ、優遇を受けることを前提としてローンを組むのは超危険。長期ローンはいかに安全マージンを持つかがポイントとなっていて、 いきなり全力で組んでしまうと、後々問題が起きたときに支払額をコントロールできない。
優遇税制を念頭に入れたローンプランを提示してる住宅販売会社は逝ってよしです。

3:持ち家はリフォームなど自由。賃貸はできない。
まぁそうよね。何をするにしても管理者に許可をもらったりしないといけない。 でもそれは他人の資産を借りているんだから当たり前といえば当たり前。
友達から借りたノートに勝手にマーカーで線を引いてはいけないのと同じ。引きたいなら自分でキチンとノートをとればいい。
太陽光発電とかガス発電とか、持ち家でなければできないものもたくさんあるし興味もある。なんて言っても猫が飼えるし亀だって飼える。 カメ飼いまくり。ベランダがカメ園。エブリデイチンゲンサイ。
何でもできるということは、裏返せばいろいろしなきゃいけないと言うこと。当たり前だけど、建物の維持管理は自分たちでしなければならない。
賃貸の場合は通常使用における備品の故障などは管理者が補償することになってる。

後はフレキシビリティ。家を持ってしまうとその地にずっととどまらなければならない。
え?売ればいいじゃんって?取引額の1割とかを不動産屋に持って行かれるのに?

ということで個人的な観点では、資産価値を主眼として家を持つために借金をすることはナンセンス。
という結論に落ち着いている。
では、なぜ家を持ちたがるのか。それはひとえに、快適な住環境が手に入るという事に他ならない。
どう考えたって快適だもん。
多額の負債を抱える苦しさを、その快適な住環境ってので相殺するんだ。
だから、こういう快適さを提供できない住宅は淘汰されていくんだ。
もちろん、需要は時間と共に変化していく。売れない物件は放っておけばだんだん価値が無くなっていき、しまいには誰も見向きもしなくなる。
そうなる前に業者はさっさと売ってしまわなくてはならない。または、需要にマッチしたものに作り替えなければならない。

将来、不動産の価値は二極化すると言われている。極端に高くなるのと、極端に安くなるの。
売りたいがために快適さを重視しまくれば、人気も集まるだろうし価格も高くなる。逆にそういう物件が増えれば、 性能の劣る物件は値下げが加速する。
業者も当然その流れは察知しているわけだから、いろいろ言葉巧みにメリットを強調している広告を見るたびに「あぁ、早く売り逃げたいんだな」 って思ってしまう。

別に借金して不動産を持つこと自体には反対はないの。よく勘違いされる。買えないからねたんでるんだとか。
僕だって家を持ちたいという願望はあるし、いろんな銀行のローンを比較したりしてる。いわゆる購入予備軍である。
不動産屋も金融機関も、不動産を取得しようとする個人を食い物にしてる。お金がないのに家を持つんだから、 どうしても金融機関の世話にならざるを得ないのだけど、お金がないからこそ自分たちでできることはやっておくべきだろうし、 お金がないからこそ一時的な感情に流されずしっかり検討するべきだと思う。
買った瞬間に数百万さっ引かれるんだから、あがくなら買うまでなんだ。

2005年4月21日

送料の謎

海外通販を行う上で、もっともコストがかかるのは送料である。
商品代よりも送料がかさむことなんてざら。送料や税金などの手数料をあわせたトータルコストを出してみたら、実は日本に正規で輸入されたものを買った方がマシ…なんてこともよくある。

海外通販はいかに送料を安くまとめるかがポイントとなる。
ところが。

International shippingとなると、なぜかUPSやFedExしか取り扱ってくれないことが多い。先日僕がカイトを買った際はLaPoste(郵便)だったのだけど、こういうケースはまれだ。
どうも郵便で出すのはいろいろと面倒なようだ。UPSやFeDexは通関手続きを代行してくれる。要するに楽なのである。

先日、アドラマってところからカメラバッグを買ったのだけど、ここが提示してきた送料は50ドル。重量は7Lbs。ThinkPadのパーツを注文したACSが提示してきた送料は96ドル。重量は1Lbs。しかも、1日遅いExpedited。
この差は何なんだろう。
試しにUPSホームページでうちからNYの適当なところまで荷物を送ったと仮定して送料を計算してみたら、7Lbsで115ドルと出た。
この違いは何なんだろう。

単純に、取扱高の違いから出るものだとは思うのだけど。重さは関係なく、個口単位での計算なのかな。

そういえば、アマゾンとか「1500円以上お買いあげで送料無料」とあるし、IBMショッピングは送料無料。300円のトラックポイント用キャップ3個入りでさえも無料で、大きな箱で届けてくれます。やはり何らかの契約が存在するのだろうな。

ということは、それなりの取扱高があるサイトで買えば、送料も抑えられるということか。
と書いてたらUPSから日本語でメール。「出荷通知」だと。
やはり、ACSはあまり国際便の取扱高がないようだ。たくさん取り扱うのに、ここまで手を回せないもん。

2005年4月 7日

倒産

僕の職場があるビルに入っている別の会社が倒産した。
飛ぶ鳥を落とす勢いを地でいって、急成長を遂げ、いろんなメディアから注目されていたもつかの間、最近あわただしいなと思っていたら、 その会社が昨日になって完全になくなってた。

実は僕の会社の上の人たちは、この動きを事前に知っていたらしい。ビル管理者から「フロア空くのですけど…」と打診されたらしい。

急成長に目をつけたベンチャーキャピタルが資金を提供し、積極的に海外にも事業を展開。
結果としてそれらのコストがかさみすぎて、土俵際にたったときに支えきれずに押し出されてしまった格好なのだろう。

会社の命というのも、はかないものである。

ところで、会社の倒産のパターンって色々ありすぎてその違いがよくわからん。
自己破産申請、民事再生法適用の申請、会社更生法適用の申請…これらのちがいって何なんですか。
え?自分で調べろ?

2005年4月 5日

金脈を見つけろ

副業としてオークションを利用した商品の売買をしている人が増えているらしい。一部ではその収益を申告してなくて、 税務署からおしかりを受けている人もいると聞く。

オークションってそんなに儲かるのだろうか?
答えはNOである。手当たり次第に商品を仕入れて売っても、それほど売り上げを上げることはできない。
落札者の心の琴線に触れるような、そんな商品を出品しない限りは、儲けることなど夢のまた夢となる。

僕は、オークションは不要な機材を処分する場と考えているので、儲けがどうとかは意識してなかった。でも、 オークションでの売り上げはちゃんと申告しているので、せっかくだから利益を追求してもいいんじゃないかと思い始めた。

続きを読む: 金脈を見つけろ

2005年3月24日

ご祝儀トラブル

僕の友人が結婚式に出席した際に、出した祝儀をちょっと少なくしたら、どういうわけかみんなそうしてたみたいで、 結婚式をやった人から「少ないじゃないの」と苦情が入ったんだそうな。

難しいよな。
祝い事なのに、お金のことで揉めるなんてやりたくない。

祝儀って言うのは形式的にいくらってきまっているわけでなく、あくまでもお祝いの気持ちを包むものであるから、 実際は金額なんていくらでもいいのだと思う。
そこに追加要素として“日頃の付き合いの程度”があるわけだけど、あまり日頃から付き合いがない人へ祝儀を渡す場合や、 相場がちょっと高いなって時は少なくして渡すこともあるようです。

大阪の場合は友人関係で3万円が相場で、だいたいみんなその額でやっているみたい。3万円がちょっと多いなって思う人は、 2万円にするらしい。
2万円の2は割り切れる数字だから縁起がよくないって言われるのだけど、 2人で力を合わせて新しい道を歩んでくださいといった願いが込められるという考え方もあるみたいです。
そもそも「割り切れるから縁起悪い」なんていうと、数学的には3万円でも割り切れちゃうわけで、 30,001円とか29,999円とかにしやがれと思ったりもします。あと、ドル建てとか。

続きを読む: ご祝儀トラブル

2005年3月14日

いざ申告

大重さんのアドバイスもあり、地代家賃と電気代と通信費をプラスして申告書を作成。

うーむ「儲かってませんの…」色が濃く出てる。が、これがホントなのだから仕方あるまい。儲かる儲からないではなく、 申告することが大切なのだと自分に言い聞かせた。
現像代はデジカメ効果もあってか昨年の3割減。でも、デジカメ導入で減価償却費が1割増えた。

確定申告をすることで、自分が支払っている税金や保険やその他諸々のお金の流れを知ることができる。
これによって税金に対する姿勢も「無関心」でいられなくなる。だからといって公務員を毛嫌いするのはどうかって思うのだけど。

サラリーマンは全員確定申告すべきだ。

2005年3月 8日

全然儲かってなかった

固定資産の償却分を入れ忘れてた。

それを入れて新たに申告書を作ったら「チミチミ。チミには税金を還付してあげよう。」と表示された。

たとえば、売り上げを少なくして過少申告したら犯罪になるけど、経費を過少申告して、本来支払わなくていい税金を支払う「加納」 にした場合はどうなるんだろう?

2005年3月 7日

確定申告の準備が整ってきたよ

売り上げと経費(経費と仕入れ原価とうまく分けるのがコツ)の集計が終わって、 給与の収入(昼の顔は会社員)と株式の収入を合わせてゴチャゴチャやったら、「チミチミ。チミは税金をこれだけ納めたまえよ。」 と画面に表示された。

なんか、予想していたより儲かってる…

今は入力に漏れがないかをチェックしているのだけど、面倒だからと入力していない地代家賃、通信費、 得体の知れぬ領収書などをどう扱うか、ちょっと悩んでいる。
地代家賃は10%ぐらい見ておけばいいかな…
通信費も10%ぐらいにしておこうかな…

かといって毎年毎年還付ばかりうけていたら「チミチミ。チミはいつ黒字化するのかね?」と突っ込まれちゃったりするのかな。

2005年3月 6日

経理処理

楽しい楽しい経理処理が今年も始まりました。
というか、本来は毎日毎月やるべき事なのに、サボってサボってサボり倒して年度末に大あわてです。

うちはまだ大した売り上げもないので白色申告なんですが、ガンガン儲かれたらさっさと青色に切り替えたいところです。 ところが締切が毎年3月末(でしたっけ?)なので、「今年こそやるべ!」と気合い入れてないと申し込めないんです。サボりそうで。

さてと。
大掃除の時にまとめておいた領収書や請求書や引き落とし通知書とかをチェックします。
ちなみにうちは
1:家賃の経費算入無し(面倒なので)
2:電気代の経費算入無し(面倒なので)
3:電話代の経費算入無し(携帯で済ませてるので)
4:携帯代の経費算入3割
5:ネット代の経費算入8割

こんな感じです。
交通費は100%経費にするんですが、ガソリン代は50%だったりとかします。
これはだいたい「こんなもんだろー」とやってるだけで、走行距離とか見てないです。

今日はカイトにも行かず、朝から領収書と闘ってるんですが、これ、1日でとてもまとめ切れません…
しかも、12月の銀行取引明細がどっかいっちゃってます…

13:00現在、半分ぐらい入力が終わったかな…

2005年2月24日

ニッポン放送が新株予約権を乱発する件について

ホリエモンに実権を握られたくない気持ちはわかるが、既存株主の権利をここまで馬鹿にしたやり方もないなと。

だってさ、いきなり「ストックオプション発行しまーす」って言ってさ。それが行使されたら、株価下がってしまうじゃない。
(時価総額を同じとして、株数が増えると株価が下がるでしょ?)

それを見越した投資家が売りを入れるわけでしょ?
ニッポン放送の株価が下がるでしょ?
ホリエモンはニッポン放送の株をとても安く買えてしまうわけですよ。

フジテレビはニッポン放送をサポートしているように見えて、やっていることは斜め上。得するのはホリエモンで、損するのは既存株主。

こんなやり方して訴えられないかな。

2005年2月 2日

DJ-アドビが業績見通しを上方修正、「アクロバット7.0」が好調で

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050202-00000021-dwj-biz
(記事が消えていたらごめんなさい)

画像処理ソフト大手の米アドビ・システムズ(Nasdaq:ADBE)は1日、12〓2月期 (2005年11月期の第1四半期)の業績見通しを上方修正した。文書編集ソフト「アクロバット7.0」 の売り上げが予想を上回っていることを理由として挙げた。

そんなに売れてるのかAcrobat。僕もユーザーだけどバージョンアップしてない。今ので満足だし。
「はげってAcrobat何に使ってるの?」という人のために僕の使い道をお話しすると、ペーパーレス化ってヤツです。
これまでに発行した見積書、請求書などの書類はAcrobatを介してPDFにして、すべて保存してあります。 必要に応じてプリントアウトするのですが、請求書の場合は請求する意志を相手に伝えられればいいので、最近はPDFをメール送信しています。

業績見通し修正はナスダックの取引終了後に発表された。アドビの通常取引終値は前日比1ドル(1.76%) 高の57.90ドル。その後の時間外取引では一段高となっており、INETによると、59.45ドルで取引されている。

知ってる人もいると思うけど、僕はAdobeの株主なんだ。たったの10株だけだけど。
1ドル116円で換金して45ドルで買った。ま、今売ってもほとんどが手数料に消えちゃうのだけど。
今の57.90ドルって株価を見ると、ホントよくここまで来たなって思えます。涙が出てきます。

45ドルで買ったのはいつ頃か、うーん、もう、何年も前です。確かAppleが壊滅的な決算を出し、 1株10ドルを割り込むような展開をしていて、僕は持っていた5万円を米株にしてみようと思っていました。
とりあえず、全額ドルに換えて知り合いにこう聞きました。

「アップルとアドビ。どっち買う?」

答えは「アップルは終わりかもしれないから、アップルは買わない。アドビは知らない」でした。
うーん。どうしようか。Appleは熱心なファンがいるから潰れる事はないと思う。Adobeは僕はたくさんソフトを持っているし、 ここはAdobeにしよう。
で、早速その日、NASDAQがオープンするのを待って成り行きでAdobe株を10株買ったんです。

続きを読む: DJ-アドビが業績見通しを上方修正、「アクロバット7.0」が好調で

2005年1月31日

とりあえず!

http://www.toriaezu.jp/

請求書と見積書を作るソフトを配布しているところ。
とりあえず請求書なんて涙がこぼれてきちゃう。

今までExcelとかでチマチマ作ってたおいらがバカみたいだ。

ただし、動作にはAccessのインストールが必要です。

2005年1月24日

人生におけるビジョンとミッション

内藤さんの著書に人生のビジョンやミッションを書いた紙を、目につくところに貼るなりしましょうってのがある。

つまり「いついつまでにこれこれをやる!」って決めて、紙に書いて、壁に貼るなりベッドルームの天井に貼るなり (これでボクシングチャンピオンになった人いるね)するのだ。
意外にも効果があるようで、早速僕もビジョンじゃなくミッションを決めてみた。

今年実現したいミッション
1:チャリで東京。マネックスの人に迷惑をかけに行く。気候が落ち着く10月ぐらいを狙って実行。
2:作品の発表。フォトコンでも雑誌でもいい。きちんとした作品を発表する。

数年以上かけて実現したいミッション
1:カイトの個人競技で国内ランキングに入る。
2:眺望のいいところに引っ越して、気象観測をやる。近畿でなくても構わない。気象予報士の資格を取得する。

こんなところか。
自Blogにビジョンとミッションを掲載できて、達成率とか出せるアクセサリとか作ってみようかな。

2005年1月21日

僕の知り合いが本を出したよ

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

このBlogでも度々登場する内藤さんが本を出版されました。
題して「内藤忍の資産設計塾」。
ご存じない方のために説明しますと、内藤さんは普段は証券マンなのですが、資産運用や株式や為替取引のセミナー講師を務めていたりするんです。

また、普段から本人のBlogで資産運用に関する話をいろいろ書いていたりします。

資産運用に関する本って世の中たくさんあります。
でも、内藤さんのはちょっと違います。ひと味もふた味も違います。
「投資リターンの80%はアセットアロケーションで決まる!」って書いてありますが、つまり、資産をうまく分散させる方法について書かれてあります。

ほら、よくあるじゃないですか。30万円を1億円にする投資術!とか。ああいうのは自分は儲からなくて著者と出版社だけが儲かるようなものですから、買うだけ損です。
それは内藤さんもよくわかっていて、資産運用とは本来はこうあるべきだというものをしっかりと貫いています。

そういう意味で、これまでとは違った投資本なんです。
僕はまだ内容を見ていないんですが、これまでの内藤さんの活動やセミナーの内容を見ている限り、この本は買いだと思います。かなり買い。超買い。

不安なら本屋さんで立ち読みしてみてもいいと思います。

あ、そうそう。付録があるんですよ。
資産設計の重要な要素の一つとして「ビジョンとミッション」ってのがあるのです。人生のビジョンとミッションです。それを書き込めるシートが付属しています。
「なんだそんなもんか」と侮る事なかれ。じつはこれ、内藤さん自身が自らのビジョンやミッションを紙に書いて、目につくところに貼り付けていたという実例があるんです。
たしか、元ネタが別のところにあったんですが、こうやって目標を見えるところに掲げておくことで、実現させようとする力を得るんですよ。

で、効果はあるのかって?
僕が知る限り、内藤さんのビジョンの中には「本を出版する」って言うのがあったはずなんです。
つまり、ビジョン・ミッションシートは、本人がその効き目を証明しているって事なんです。
ほら、やってみたくなったでしょ?
資産運用は勉強することが大切。でも、本人の気の持ちようも大切じゃないですか。そんなメンタル的な部分までがっちりサポートする内藤忍の資産設計塾
只今アマゾンランキング6位です。売れてます。

そしてここでおしらせです。
なんと、アマゾンでこの本を注文した人に限り、実際に内藤さんが持っている本人のビジョンとミッションが記入された、記入例がもらえます。
応募方法はこちらを参照
締切は1月22日24:00です。

以上、宣伝でした。よろしくお願いします。

2004年11月28日

新紙幣のホログラム

アイロンかけるとダメらしい。
新年のお年玉シーズンを迎えて、きれいなお札の需要が高まる中、こんなニュースがありました。
この際お年玉制度は廃止にしよう。

もしくは外貨建お年玉にしよう。
債券や株券やワラントなどでお年玉をあげよう。

子供ながらに「ダウやばいっすね」とか「資金はユーロに集中してるから…」とかそういう話が出てきたらおもしろいですね。

携帯ゲームしてるよりよっぽどいい。

2004年11月13日

カルフールが日本撤退?

ソースが2ちゃんで引用元が不明確なんですが、


 12日付米ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)は、世界第2位の小売りチェーンの仏カルフールが日本事業の売却、撤退を検討していると報じた。仏本国で安売り店との競争が激しく、日本事業の売却で財務を強化する。売却額は最高で4億ドル(約440億円)の見通し。

 カルフールは2000年に日本に1号店を開き、現在は8店舗を展開。日本での事業計画は当初の想定よりも遅れており、03年までに13店に増やす計画は達成できていない。同紙は売却先候補として米ウォルマート・ストアーズ、英テスコ、日本のイオンを挙げている。
カルフールは売却案についてコメントしていない。


だそうです。
カルフールといえば、昔はダイエーと組むのではないかと言われていました。
フランス式の経営に限界を感じたのか、日本の方式をダイエーから学ぼうとしたんだそうです。
実際にどうなったのかは知りません。

お店としては好きですよ。
毎月何度か行ってます。40kmも離れてるのに。それでもおもしろいから行くんですよ。
生鮮食品を買わないのであれば閉店間際が空いていていいです。箕面店の話です。
チョコレート売り場にそれとなくGODIVAが置かれてあったり、食器売り場にバカラのグラスが売られていたり、鍋売り場はルクルーゼとか銅鍋。
これまでのスーパーとはまた違った趣向が受け入れられている典型かと思ってたんですが、実情は厳しいんですね。

本国で経営が立ち行かないから、海外から撤退するというのはわかるんですが、ここは思い切って日本とかアジア圏など(もし好調であれば)をメインに展開するというのもいいかもしれません。
単になくなって欲しくないだけなんですが。
今夜行こうかな。

2004年10月21日

マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社の代表取締役に内藤さんが就任

今日はマネックス・ビーンズ・ホールディングスの中間決算の日。
いつものように東証適時開示のページを見たら、いくつかあるリリースの中に新会社設立の記事を発見。

うむむ。ついに来たか。新会社。

決算そっちのけでチェック。
するとオルタナティブ商品(ヘッジファンドとか、不動産投資とかちょっとマニア向けの投資商品)を取り扱うマネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社というのをあすかって会社と共同で設立したとのこと。

んで、代表取締役にこのBLOGでおなじみ、マネックスきってのイケメン社員である内藤忍氏が就任していた。たぶん兼任なんだろうな。資産設計部長と。
で、役員報酬としての形ではもらえずマネックス・ビーンズ・ホールディングス社員として給与を受け取る…でも、税金とか保険とかややこしそう。

ま、それはそれでとにかく、マネックスで気になる人の中でも松本社長の次のぐらいにその動向を注目していた内藤氏が代表取締役就任で実質出世したって事で、今夜はお気に入りのお酒で祝杯を挙げることにします。

おめでとうシノビー!

シノビーのサイトはこちら。

2004年10月 3日

いやぁ

ぼけっとしてたらGoogle Adsenseの小切手の期限が切れかけてるの。
あと2週間。これってほぼ期限切れの扱いを受けるようで、取り立てたら手数料が額面の半分+諸費用とかかかるそうです。

小切手なんて嫌いだ。

いつもいいことない。

2004年9月17日

チャリ通販業界

チャリ通販業界はすごい。
まず、ほぼすべての店でクレジットカードが利用できない。
銀行振り込みが主で現金書留が使われることもある。まるで10年前の通販業界だ。
上場企業のサイクルベースあさひでさえも、クレジットカードが使えない。コンビニ決済ができるだけである。

サイトも使いにくいところが多い。
個人的に利用したことがあるのはあさひぐらいで、ウエムラさんは実店舗に行くことが多いからかもしれない。

で、何でこんな事になっているのだろうか?

続きを読む: チャリ通販業界

2004年9月15日

糞株

マネックス(MBH)の株がなんかすごい下がっているんですよ。
僕は今諸事情で株取引をやっていないけど(投信はやってる)、下がってくれると安く買い戻せるのでうれしいという反面、市場がマネックスに対して下した評価が株価に出ているわけで、そういう意味では残念でならない。

続きを読む: 糞株

2004年9月 7日

引っ越し

僕の一日はアメリカ市場や為替のチェックなんかより、知り合いや友人のBLOGを巡る旅をすることが多い。んで、今日もいつも通り巡回していたら、内藤さんのBLOGが「引っ越し中」になっていた。
あらあら、ついこの間引っ越ししたばかりなのに、また引っ越し?今度はどこだろう。文京区かな。いやいや、ここはやはり千代田区かな。「都会はもう疲れましたよ」と八王子とか。

「新居」って言ってるし、ついにアレがソレでコレがアレなわけですかと期待していたら何のことはない。内藤さんのBLOGが引っ越し中であったということらしい。

続きを読む: 引っ越し

2004年8月26日

在宅商法

最近頻繁にメールが来るんですよ。スパム。表題はこんな感じです。

1000万件のデータ仕入れ!入力者200名大募集!
本文:1000万件のデータ入力を仕入れました。5~6年は仕事があります!
急ぎなのでスキルチェックは行いません。今回は200名の募集です。登録は以下のURLから!

いちいちこんなのに突っ込んでいては身が持たないんですが、くだらないことでも本気でぶつかるのが私の信条。

1000万件のデータってたくさんあるように見えるじゃないですか。果たしてこれ、ホントに5~6年も仕事が持つんでしょうか?
この1000万件だけに関して計算すると、200人が取りかかったとして一人当たり5万件。年間200日作業したとして5年間で1000日。ということは1日当たりの入力件数はたった50件。
入力作業の相場1件当たり25円とすると、日当は1250円。

まぁ、まっとうな会社なら、他の案件もあるだろうけど、1000万件でこの騒ぎだからこれ以上の案件はあまりないと見られるし、追加募集で200名って感じだから、他の作業者もいるわけだからまともな収入が得られないのは明白なわけで。

こういうのに応募しちゃう人っているんですか?
あまりにしつこいので名前もさらしておきますね。

マリーローズ

っと。イッツ在宅商法。

2004年8月19日

マネックスの買付画面

MBHを眺めながら、積年の疑問を考えていた。
それは「なぜマネックスの株式買付画面は赤いのだろうか」という問いである。
簡単に見えて、奥の深い問題だ。
「赤いから赤いのだ」などとトートロジーを並べて悦に入る浅薄な人間もいるが、
それは思考停止に他ならず、知性の敗北以外なにものでもない。
「赤方偏移」という現象がある。
宇宙空間において、地球から高速に遠ざかる天体ほどドップラー効果により、
そのスペクトル線が赤色の方に遷移するという現象である。
つまり、本来のマネックスの株式買付画面が何色であろうとも、マネックスの
株式買付画面が我々から高速で遠ざかっているとすれば、毒々しく赤く見える
はずなのだ。

目の前のマネックスの株式買付画面は高速で動いているか否か?

それは反対売買をすることでわかる。
運動の逆方向から観察することで、スペクトルは青方遷移し、
青く見えるはずなのだ。
反対売買してみたところ、株式売却画面は青かった。
よってこのマネックスの株式買付画面は高速移動をしていると言える。

2004年8月 9日

眞鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし

読んだ。
セクシーな眞鍋。
眞鍋と絶妙な距離感の松本さん。
撮影は渡部さとる

これ、最強。

株式投資をやってみたい。でも、何から始めたらいいかわからない、どうすればいいかわからない。わからないのがなんなのかもわからない。そんな人のための本です。
背中を押してくれるというか。道案内をしてくれるというか。

対談方式なので、両者の声を聞いたことある人はもう脳内ライブ状態に突入です。

小難しい話を極力避け、わかりやすいたとえを用いた「松本的」解説が要所要所にちりばめられています。
投資経験者が読むにはちょっと物足りない内容だけど、両氏のファンはもちろん、例えば友人や知人、親などに投資を進めたいって人は、教科書的に用いるのもいいかもしれません。

ホントに、小難しくない。
「生地の固さは、耳たぶと同じぐらいに」って言う感じ。

お求めはこちらですよ、奥さん。

2004年7月25日

ディスクロージャー誌

マネックスのディスクロージャー誌を分けてもらえたので、1冊だけプレゼントします。
このBlog読者限定。

ただし、無条件でプレゼントするのはもったいないので以下のクイズに正解した人の中から抽選で1名様に。

クイズ:話題の韓国ドラマ「冬のソナタ」にはまったというマネックス役員の名

をフルネームで。
応募はメールで info@monexfreaks.com へ。
回答の理由を添えると正解していた時に限り当選確率アップ。
応募してくれた人全員に当落をお知らせします。
当選した人は追って送付先を連絡して頂きます。

掲示板とかに書かないでね。色々面倒なので。Blog等でのトラックバックは可。でも、ネタバレ現金で。
締切は8月1日17時。
じゃ、皆さんのチャレンジをお待ちしています。

2004年7月18日

ポイントカード制による会計処理の裏側

※2008/10/31
引当金を借金だとしている記述について、はてブ上で何人かの方から指摘を受けました。
ここでの引当金=借金という図式は話をわかりやすくするためのたとえだと考えていただけると幸いです。
会計における引当金繰り入れの4要件として以下の4つが挙げられます。
* 将来の特定の費用または損失であること
* 発生が当期以前の事象に起因すること
* 高い発生可能性があること
* 金額が合理的に見積り可能であること
つまり、ポイントは将来行使されるであろう事を見越して、その額を引当金として計上するということになります。
引当金額の計算式は以下の通り
引当金額=ポイント発行残高×(1-予想失効率)

上記のことから、引当金を借金だと言うのはあまりにも強引であることがわかります。

指摘していただいたユーザーの方々には、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
--

お金関係の仕事をしてる人の間では結構有名な話なんですが、ポイントカードで貯まっているポイントって言うのは、会計上は「貸し方の引当金」として処理されるんです。
つまりは、お客さんからの借金なわけです。

ポイントというものを隠れ蓑にして借金してるわけですね。決算をする際には貸し方の引当金としてきちんと計上されます。バランスシートでは負債の部に書かれます。
借金には必ずと言っていいほど利息が付きます。でも、ポイントには利息が付きませんよね。いわば無金利で金を借りられるわけです。夢のような話でしょ?
商品が売れれば売れるほど、無金利での借金ができちゃうんです。もちろん、お客さんがポイントを行使すれば、返済することになるんですけどね。

まだあります。
会社が倒産した際は債権者に対して、資産を売却したお金や資本金を出資比率に応じて分割したりするわけですが、ポイントを持っているからと言って債権者にはなれないんですね。
だから、倒産した際はポイント分は返す義務がない。
まだまだあります。
通常、ポイントカード約款によれば最後の買い物をしてから1年以上経つとポイントが消滅してしまうんです。つまり、借金を返さなくていいってこと。
そう考えると常にポイント残高を最小にしておくようにするのが、最も賢い使い方だと言えます。
銀行から金を借りる際、またはお金を預ける際にやたらと金利に着目している人に限って、ポイントの裏側には無関心であるばかりか、無意味にため込む傾向にあるようです。

でも、ポイントを貯金感覚でためて、大きい買い物をする時にドーンと使うと気持ちいいですよね。
僕もそういうので貯める派なんですよ。もちろん、リスクに関してはちゃんとわかっているつもりです。エクスペリエンス重視派。

で、ある程度ポイント制になれてくるとある点に気がつきます。
「ポイントで買い物するとポイントが帰ってこない」まぁ、当たり前といえば当たり前ですが。となると、「ポイント還元率が高いものをポイントで買うと、損する」って図式が成り立っちゃうわけです。

たしかに、税込み1000円で20%還元のものを現金で買ったら、200ポイントバックされて、ポイント引き後800円。
ところがポイントで買い物すると還元率は存在しないので1000ポイントとられて、0ポイントのバック。200円分損した気分になります。
なので、できるだけポイント還元率の低いものを探すわけです。この時点でポイントの罠に嵌ってるんです。

基本的にみんながほしがりそうな人気商品はポイント還元率が高めに設定してあります。そうなるとそういった商品はポイントを行使するより現金で買った方がいいと思ってしまいます。
現金で買うと無金利借金ができる店側はウハウハです。ポイントを行使してもポイント還元の必要がない分店側はウハウハです。
つまり、還元率を高くすればするほど、その商品でのポイント行使のメリットは薄くなる。ってことです。
還元率を高くできると言うことは、それだけ仕入れが安いって事です。
還元率を高くできる商品は、現金で売ってもポイントを行使されても、店側にメリットがあるって事になります。

僕の場合はフィルムなどをポイントで買うことが多いです。DATとかの不人気メディアとか。
ポイント使いの王道としては書籍やCD、DVDソフトをポイントで購入することです。利益率が最も低く、かつポイント還元率も小さいので行使のしがいがあるってものです。

ところが、店側もあの手この手でポイント行使をしにくくしてきます。
先ほども言ったとおり、ポイント還元率を高めることができれば、店側のメリットがどんどん増えていきます。そこで、こんな方法をとります。

店内全品ポイント還元率2%アップキャンペーン

たったの2%ですが、損したくない気持ちからポイントの行使を控えがちになります。
阪神勝ったらポイントアップ!
この商品を買った人だけポイントアップ!
お正月だからポイントアップ!

消費の掘り起こしで現金を動かす時に限ってポイント還元率をアップさせ、行使を控えさせています。

店が悪いってわけじゃないんですよ。ビジネスモデルとして非常に良くて来ているなと感心してます。
ユーザーにデメリットがあるといっても、それをきちんとわかった上でポイント制を楽しめたらそれでいいと思いますし。何十万ポイントを一気に行使する気持ちよさはやった人にしかわからないですよ。

以下の点をきっちりふまえてポイント制をお楽しみください。
1:ポイントは店側に無金利で金を貸しているのと同一である
2:条件によっては店側はその借金を返さなくていいという取り決めがなされている
3:還元率が高いものをポイント行使で手に入れると損した気分になるけど、あまりクヨクヨするな
4:どうしても還元率の低いものを探すなら、書籍、CDやDVD、Apple製品など、仕入れが縛られてるものを選ぶと良い。
5:還元率が高くなるキャンペーン中はクレジットで買い物をすると得した気分になる(例:筆者。2%アップ中は、クレジットで買ったら通常時の現金のポイントバック率と同じになるため。)
6:写真をやってる人は、フィルム用品、現像用品をポイントで入手すべし。

以上。諸君の検討を祈る。

2004年7月 5日

コストコンシャス

横文字にするとかっこいいね。言い換えると「ケチ」なわけなんだけど、コスト意識が高いとか経費を意識しているとかそういった感じで使われてますね。

経費=税金が返ってくるって図式でしばらくやっていたら、経費自体で自分のクビをどんどん締めて言っている実体に気が付き、先日のリストラ宣言に至ったわけだけど、どうやってコストを切りつめていくか、それを考えようとするだけでも頭が爆発しそうになります。

金儲けって楽じゃない。それはわかっていることだけど、事業を進めるに当たっての雑務があれだけたくさんあって、考えることもたくさんあって、やらなければならないこともたくさんあってって世の社長諸君はホントすごいと思う。

とりあえずフィルムの使用ペースをかなり落とした。とりまくってたポラは全然使わなくなった。まぁ、これは露出計の出た目と実際の設定の差を体が覚えてきたって言うのもあるけど。
経費を切りつめてしっかり売り上げをあげて、早期黒字化を目指そう。税務署に「この人、株で食べてるよ」なんて言われたくないもんね。

2004年7月 3日

1週目

040702.GIF

思惑とは見事に逆に動いて781円の損失をたたき出しました。
アメリカの雇用統計がよくなかったり、月曜休みの連休に突入していたりで、月曜も芳しくない動きになりそうです。
しかも、日本市場に於いてもなかなか12,000円を超えられないとか2月からずっと続いていた売買高10億越えが金曜日に10億割り込んで連続記録が止まっちゃったとか、いいニュースがないです。

スイッチングしてもいいんですが、スイッチングにも手数料がかかるわけでその手数料を考えてうまくやらないと駄目です。
例えばこの先数パーセント下げてから上昇に転じると考えると、一旦ベアにスイッチして上昇しはじめた時にダブルブルにスイッチするといった2回スイッチしちゃうと手数料が2回分かかります。
そういうのは避けたい。
下げ分のリスクを取っておきながら上昇すると見て、ブルにスイッチするか、ダブルブルのままで行くか。
月曜の締切時間までたっぷり悩むことにしよう。

2004年7月 2日

ファンド購入

040701.GIF
ということで、ファンド購入しました。
ダブルブルです。日経12,000円超えを思いっきり意識しました。

んが、昨日のNYは爆下げっすね。
約定は7/1なんですが受け渡しがまだ後なので、評価額がいくらになるかはまだわかりません。
いきなり2000円ぐらい飛んでいきそうな予感。

2004年6月13日

い神崎

Yahoo!ニュース - 出生率低下、年金財政に影響ない=神崎公明代表

神崎ってこんなに馬鹿だったとは。

「野党は今の年金制度が2、3年しかもたないと批判しているが、いま生まれたお子さんが年金(保険料)を払うのは20年後だ。2、3年先の年金財政には全く影響は生じない」

20年後はどうするつもりなの?
ただでさえ2,3年持たないって批判されてるシステムでどうやるつもりなの?

しゃべらない方がいいよ、この人。

2004年6月11日

出生率が下がったよ。

出生率が下がっちゃいましたね。1.29だそうです。
そもそも出生率って何なんだろうってことになりますが、検索してみたらなかなか興味深いことがわかりました。

続きを読む: 出生率が下がったよ。

2004年6月 7日

長生きのリスクと公的年金

週刊!木村剛: 年金脱退権と公的年金改革私案

年金改革法が成立しましたね。
もうね、珍しく牛歩とか長時間演説とか本気で応援してしまいました。
このときばかりはFuck off!自民党、小泉イッテヨシです。普段は支持してるが、お前らなんてもう支持してやらないもん。自民党って書かずに白目党って書いてやる。みんな死んでるのと一緒だぜベイビー。

年金改革って書いてあっても大元の仕組みは何も変わらないのが今回の改革。
このままでは近い将来にまた「改革」そしてその後の近い将来にまた「改革」が行われることは明白です。なぜなら、この国の人口は今の年金制度との相性が全然よくないし、今後どんどんその相性が悪くなるからです。

続きを読む: 長生きのリスクと公的年金

2004年6月 2日

自分のための金融商品

世の中に溢れかえっている金融商品。果たしてそれらが本当に自分のためになるのかどうか、そう考えるとそのほとんどは自分にとって無駄なもの、不利益なものであることがわかります。
特に銀行の商売はほとんど詐欺まがいなものが多く、注意が必要です。

最近の投資ブーム(マネーブームというべきか)でいろいろな金融商品に手を出してみようかという人が増えてきました。そういう人たちこそが、商品を売る側から見る“カモ”なんです。カモカモーンです。
すれてきたカモ用に「金利優遇」「手数料優遇」という餌も用意されています。えさに釣られてはいけません。冷静に得なのかそうでないのかを判断するべきです。

今回は、まじめに身近な金融商品とのつきあい方、今回は外貨預金について考えてみます。

続きを読む: 自分のための金融商品

2004年5月24日

これまでにない銀行

週刊!木村剛: 日本振興銀行の預金が100億円を越えました!

キム兄が取締役をやってる日本振興銀行の預金残高が100億円を突破したそうです。
100億円です。あまりピンとこない数字ですね。

1個10円のチロルチョコを1000人が1日10個食べるとして、2739年かかるだけのチロルチョコが買えます。
100万円で高さ1センチと仮定したら10メートルの高さの札束になります…
一枚一枚をつなげていくと、160000キロで地球4周分のお金が集まったんです。

「でもさーソニー銀行なんて開業後初の決算で出した残高は1000億円だったよ?」とか思ってる人いませんか?

日本振興銀行は設立に要した期間が8ヶ月という超短期にもかかわらず、順調に預金を集めたんです。で、開業後1ヶ月で100億円ですよ。最強打線もびっくりですよ。
ソロホームランばかりじゃ100億もいけませんよ。
リテール業務を極力減らせて、中小企業向けの商工ローンのような業務をする、いわばリテール向け銀行と商工ローンを足して2で割ったような銀行なんです。

一般のお客さんを集めるのとはわけが違うし、これまでの銀行とは業態からぜんぜん違う。そんな銀行にお金を預ける人が果たしているんかいな。と。
世間一般の人もそう思うでしょう。よーわからんところに自分の大切なお金を預けるぐらいなら、たんすに突っ込むかしたほうがマシやって思うでしょ。

もし、みながそう思っていたら日本振興銀行(長いので略称考えたほうがいいですね。JPBにしようかな。ジャパン プロモーション バンク)にはお金が集まっていないはずです。
なのに集まった。
そして主軸である融資の申し込みも順調にあって、80億円を超える申し込みがあったそうです。

この国も捨てたものじゃありません。JPBも融資の審査の際は、将来性などきちんと見るでしょうし、そういったベンチャー精神あふれる会社の意欲がまだまだあるってことです。
「やったるでー!」って人をプロモーションするまさに金融イノベーション!

今回の100億突破したよのリリースで「あ、意外としっかりした銀行なんだ」と預金する人がいるかもしれないし、80億の融資申込みがあったんだよで「じゃぁ、うちも申し込んでみようかな」となるかもしれません。
先の景気の話の続きになりますが、日本を元気にするにはこういったサポートに回ることのできる金融機関が必要です。
彼らは率先してその立場に回った。こんなところからも、日本は変わってるんですよ。

じゃぁ、僕も独立の際は…

2004年5月23日

日本の景気は回復するのかなぁ

週刊!木村剛

久しぶりに木村剛さんにトラバします。キム兄、俺のこと覚えてますか?(以前はALT UDって名前だったですよ)

18日に国内総生産の速報値が発表されました。
実質1.4%増で年率換算では5.6%と、予想を上回る結果に株価も米株の下げをもろともせず上昇しました。

GDPは国内の景気を示す一種の証拠です。これ以外にもいろいろな物的証拠がある訳なんですが、国内の景気は今後どういった方向に向くんでしょうか。

個人的にはこれから数年は楽観できるかなって思ってます。楽観できるけど、予断を許さない状況なんだろなって。
そういう話をまじめに書いてみます。

続きを読む: 日本の景気は回復するのかなぁ

2004年5月11日

江頭

株式用語っていろいろたくさんありますけど、最近目につくのが

「江頭」

江頭期待とか言われてます。
これ、場が閉まる直前の事を指すんです。
江頭といえば「江頭2:50」です。
2:50は東証の場合は「10分前」になるんです。手じまい売りと新規ポジ取りが激しくなる時間帯なんですよ。

2004年4月12日

経済評論家 植草一秀 逮捕

特ダネとかWBSとかいろんな経済番組にコメンテーターとして出演してて、お茶の間の評判がよかった(市場関係者からはあまり評判よくなかった)植草氏が逮捕されちゃった。

いやぁ、個人的にはあの会社のあの人が逮捕されると思っていたのに(怖くて社名も名前も書けません)意外な人が捕まったものです。

で、罪は?なんなの?
証取法違反?商法?外為法?

のぞき

だそうで…
続きを読む: 経済評論家 植草一秀 逮捕

2004年4月 7日

週間!木村剛にトラバしてお金儲けをしよう!キャンペーン

週刊!木村剛: 「週刊!木村剛」にトラックバックして、アフィリエイトでおカネ儲けしよう![ゴーログ]

キム兄突っ走ってますね。
つまりはこういうことですね。
1:自Blogに広告を貼る。
2:キム兄などの有名Blogにトラバしまくる。
3:PVが増えてクリック率倍増でウマー

でもホントにうまくいくのかな?
クリック保証型広告はクリック率命ですからPVを稼げば自ずと広告収入も増えます。しかし、これが全国的に展開されると、クリックあたりの収入が自然と調整されると思うんです。代理店は利益を出さなきゃなりませんが、広告主から搾り取りまくると出稿数が減っちゃいますから。

アフィリエイトではどうでしょう?
キム兄のサイトに来る人をきっちり調査して、トラバする対象の記事を徹底的に吟味して、その人たちが思わず買ってしまいたくなる商品を探し出して、さらにはその広告を見つけなければなりません。
基本的にはアマゾンのアフィリエイトをペタって貼るのが定番でしょうか。文章内にうまいこと埋め込めるので楽々です。
なりふり構わずトラバしたところで、広告収入が上がるなら誰も苦労はしないと思います。
正直面倒なのでやろうとは思いません。

と、言いつつ僕もトラバします(笑

キム兄の記事にトラバした場合、うちでPVが1.5倍ほどにのびました。でも、大してクリック率は上がらないんですね。だから、僕は広告収入に関しては全く意識していないんです。でもトラバすることによって別の効果に着目しています。

それは新規顧客の開拓です。
トラバのリストからうちに来て頂いたお客様の中で、何人かの人がお気に入りに登録したり、アンテナに登録してくれているようなんです(うれしいです。ホントにありがとうございます。)。有名Blogへのトラバは一種のキャンペーン的なもので、その後のアクセス増が保証されるようなものではありません。しかし、新しいお客さんを見つけるための手段として考えるなら、なかなかいい方法だと思います。

なぜなら、ジャンルをまたがったお客様を誘導することができるからです。インターネットには検索というものがあり、だいたいは同じようなジャンル、目的を持った人が集まる傾向があると思うんです。トラックバックはその壁を越えることができるわけです。

僕は商品を売っているサイトを運営しているわけですから、ユニークなお客様が増えた方が広告収入よりもいいんです。

ただ、有名Blogにトラックバックしてアクセス数を稼ぐっていう方法はあまり好きじゃなかったんです。他人のふんどしで相撲を取っている感じがどうしてもしてしまうからです。
でも、キム兄は「うちにトラバして儲けようぜ!」って言ってくれてるんです。この人は、日本の経済だけでなく、Blogそのものを変えてしまう力を持っているかもしれません。

大阪でセミナーやってくださいよ。マネックス主催で。

2004年3月20日

マネックス:日興ビーンズを事実上買収へ-株式移転で持ち株会社

Bloomberg.co.jp: マネックス:日興ビーンズを事実上買収へ-株式移転で持ち株会社

やはり松本はただ者ではなかった。
ただのニコン好きの車好きのオッサンではなかった。

株を持ってる会社がこういったリリースをすると、歴史の証人になれたようでうれしい。
マネックスの場合は人生かけてますから、喜びもひとしおです。

2004年3月18日

消費税改正で100円玉金銭教育

消費税改正で100円玉金銭教育
うわーすごい関西弁。って思いながら読み進んでいたら、書いた人が会ったことある人だった。
いちのせかつみさん。
日本初のFP。(FP制度がない頃からFPやってたっていう、元祖FP)
テレビとかにもたまに出てる、マネー教育の専門家です。

関西弁の文章って読みにくいから、標準語にした方がいいと思う。
たのんまっせ!

2004年3月12日

ぜーきん

支払う税金は4,200円となりました。
いやーよくがんばった。感動した。

続きを読む: ぜーきん

2004年3月 9日

確定申告ワケワカメ

確定申告の申告書をいろいろ書いてます。うちは個人事業+株式の収入+外為の損失と書くものがたくさんあります。データさえそろえば国税庁の確定申告書作成サービスでサクッと作れるのがいいですね。

ここで作れます。
確定申告書作成サービス
これ、データのセーブができるので、途中でつらくなったらいったん休止できます。一日15分ずつ作っていくとかできますね。集中力のない僕にぴったりです。

今年は積極的な設備投資を行ったせいで大赤字になるはずだったんですが、予想以上に株の調子がよくて、少しの赤字で済みそうです。この赤字分が別の収入と相殺され、その別の収入で払っている税金が再計算されて、差額が戻ってくる…といいなぁ。
白色なので、勘定科目に神経質にならなくていいんですが、写真家業なのでどれを仕入原価にすればいいのか、どれを経費の備品費にすればいいのか悩みどころです。
ものを作る上での原価と考えることができるので、フィルムとか現像代でいいのかな。
備品費はカメラや処理用PCのソフト、パーツ代でいいのかな。
仕事の参考書は書籍代で、写真集などは原価企画制作費という科目をたてて計算。でいいのかな。
外為取引では1万2千円の損失。でも、これどう書けばいいのか。返ってきても1200円だし。無視しようかなぁ。

あああああああ
もうわけわかめ。
事業所得の計算が終われば株式の譲渡関連をまとめないと。
日頃から帳簿をつけていればこんな事にならなかったのに…これじゃ夢の青色はまだ無理だ。
会社経営してる人ってすごいや。
そこの経営者諸君。あんたたちえらいよ。

2004年3月 5日

年金をぶっ飛ばせ

週刊!木村剛: 厚生年金はネズミ講か? [コラム]
さて、木村さんコラムで興味深いものがありましたので、トラックバックします。

年金問題というのはずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと前からいろいろ議論されていて、将来は破綻する事がわかっているにもかかわらず、問題点がうやむやにされてしまっている。
江角マキコさんを起用したCMでは「年金がもらえなくなるって誰にきいた?」問われた青年が「いや…なんとなく」キャッチコピー「入っていれば必ずもらえます」となっている。
このCM自体怪しいもので「いや…なんとなく」なんて言う人がいるのだろうか?
ニュースなどでは「将来破綻する事がわかっている」ってあれだけ言っているのだから、「ニュースで見ましたが何か?」ぐらい言えるはずだ。まぁ、それは国のCMだし、国は年金を払うタネが必要だから仕方ないんですがね。

年金の仕組みは、払う立場の人がもらう人を助ける形になっている。つまり、僕と同年代だったら、自分たちの親や祖父母を助けていると思うと、親孝行をしている気分になって少しはいいかもしれない。
払う立場の人って言うのは、以下の公式で簡単に求められる。

払う人 = 全国民 - 20歳未満の人 - もらう人

いろいろ例外はあるけれど、原則として、年金をもらえる年齢に達していなくて、20歳以上の人は保険料を納める必要があるのだ。納められた保険料は一旦国の手でいろいろ振り分けられて、なぞめいた施設に化けて赤字を垂れ流す事もあれば、株式市場で嵌め込まれちゃったりする事もある。
年金の様々な問題点は木村さんのコラムに詳しいので、一度読んでください。

将来破綻する事がわかっているというのはどういう事か。
それは、将来にわたって日本の年齢別人口がどのように推移するかを予測する事でわかる。
単純に言うと「少子高齢化に伴って、年金を支払う人が少なくなるのに、もらう立場の人が多くなっちゃう。」ということだ。
10の払う人がそれぞれ10の保険料を10のもらう人に振り分けた場合、もらう人それぞれに10の年金が渡るとしよう。まさに理想的な年金システムだ。この際国がやらかしている無駄銭は無視しよう。今日は豚丼で機嫌がいいのだ。

払う人が減ってもらう人が増えた場合はどうなるか。
仮に払う人が8になって、もらう人が12になった場合、

80のお金を12人で分けるのだから、一人あたり6.66の年金になる。実に33.4%のダウンだ。
年金の額を10に調整しようとすれば、8人で120のお金を作らないといけないから、一人あたり15のお金を納めなければならない。実に50%のアップだ。
保険料が50%もアップするのはいくら何でもやりすぎだし、年金が30%もダウンするのは不満タラタラだと思う。

そこで対策としてまず、人数の調整を行う。
受け取り年齢の引き上げがこれに当たる。年齢を引き上げると、その分もらう人が減り、払う人が増える。
これと、保険料の増額と支払い年金の減額を同時に行って、破綻しないように調整する。
でも、動くお金には限度がある。所詮は付け焼き刃なわけだから、足りない部分がどうしても出てくる。これを税金で補う。
年齢の設定などは、出生率や人口推計などを元にして算出しているらしい。しかし、試算されたデータをそのまま鵜呑みにして使ってしまっている。

こうなってくると、年金システム自体の信頼性がなくなり、不払いが増える。投資した分が返ってこないのだから、払いたくなくなる気持ちもわかる。
これが今の年金システムだ。

木村さんはネズミ講を例に解説しているけれど、僕から見ればヤフオクで自転車操業している人に見えてしまう。
ありもしない商品を出品し(将来の年金)、入札者からお金(保険料)を騙し取る。商品(年金)を仕入れる際には、ほかの入札者から得たお金を充てる。場合によっては借金もする。
利益を生まない、一時しのぎを延々続けるわけだ。いつかは破綻する。

木村さんは「年金の脱退権を認めるべきだ」という。
「今までの保険料の権利は放棄するし、年金くれとも言わないから、脱退させてくれ」ってのを認めたらどうかというのだ。
これを認めると、保険料をきちんと納める“優良なタネ”が残る事になり、結果として年金システムがきちんと動くようになるというものだ。

実は、これっぽい話は昔からあって、401kと一般に呼ばれている個人年金もこれに当たるのではないかと思っている。
個人年金とはいえ、現状では国民年金が義務となっている以上は、よっぽど余裕のある人ぐらいしか個人年金に加入できない。
仮に国民年金などの脱退権を認めれば、個人年金にある程度の資金が流入する事になり、これはこれで経済が活性化されるのではないかと思う。
国の年金と違って、個人年金を運用するところは変な施設を建てる事もなく、きちんとした信念を持って資産を運用してくれる。

リスクがとれないって人は国の年金に残ればいいし、自分でリスクをコントロールできる人は個人年金に移ればいい。個人年金とは行かなくても、自分で選んだ(または信頼のおける人と相談して選んだ)投信などで“My年金”を作るのもいいかもしれない。

経済が活性化されれば、国にとってもメリットがある。単なる夢物語と言われればそれまでだが、年金を蹴ったところで長期的には国に損害が出るとか考えにくいのだ。

じゃぁ、何でそこまで年金にこだわってるんだろ。
やっぱり、おいしい思いをしたいからなのかな。木村さんの「不信」3を見たらそう思えてきた。

年金システムを本当に改革するのなら、偉いさんだけでなく、みんながきちんと考えなければならないと思う。

2004年3月 4日

木村さんと松本さん

週刊!木村剛: ドギマギしている「おじさん作家」より[ゴーログ]

木村剛さんという人をご存じだろうか?
株とかそういうのを知ってる人なら「あーあの人ね」となるだろうし、毎晩ニュースをチェックする人もわかると思う。
僕と木村さんの出会いは(って会った事ないけど)株式ニュースで“不良債権処理のための金融プロジェクトメンバーに木村氏”ってのが流れて市場が多きく動いたのを覚えてます。
何で動いたんだろ…
って調べたら「木村氏は強行派。不良債権処理がいっそう加速するとの期待感から…」とか書いてありました。

この記事を見て第一印象はすっかり 松井証券社長の松井道夫(愛称:ミッチー)になってしまいました。強行派→過激なおじさま→過激といえばミッチー。

その木村さんが今、ネットでとても熱い存在になっています。
木村さんの「週間!木村剛」というブログでいろいろな人とコミュニケーションをとっている様は、強行派とは全く無縁のものに思えます。
木村さんのコラムを読んでいると、さすがは木村!って感じの読み応えある内容なのに、ゴーロクというタイプのではとても人のいいおじさんに見えます。どっちが本物なんでしょう?
きっと、どちらも本物なんでしょう。

おじさんなんて書きましたが今年で42歳になるってことですから、マネックス証券社長の松本大(マツモトオオキ。愛称:ダイチャンorオーキチャン)と2つ違いになるのかな。1つかな…
大ちゃんも大ちゃんですごいバックグラウンドがあるんですが、彼は彼で「マネックスメール」ってので、毎日コラムを書いています。
複雑な金融の話から身の回りのことまでいろいろ書いているんですが、これも読んでいると人のいいおじさんに見えます。
実際何度か会った事があるんですが「この人ホントにあの松本かいな?」って思った事も何度かあるぐらいに、ふつーの人だったりします。(だって、出会ったのが秋葉原だったもん)

しかし、仕事になると目つきがシャキーン!となって切れる男に大変身します。このあたりは木村さんもきっと同じなんだろうなと思います。

普段のテレビなどでは仕事モードしか知れませんから、こういった形でそれぞれの人柄に触れられるのは非常にいい事だと思っています。
木村さんや松本さんのBlog(マネックスはトラックバックができないので双方向とは言いにくいけど)を通して、金融ってこうなんだ!って思う人が増えたら、今の日本が抱えてる問題が少しいい方向に向くかも知れません。

生木村、生松本に触れると、新たな世界が開ける事間違いナシです。
今の日本の金融問題の1つに、国民が金融に無関心ってのがあると思います。

↓↓↓めくるめく生の世界はこちら↓↓↓

生木村(週間!木村剛)
生松本(マネックスメール、社長のつぶやき)
生烏龍(なまこえぇぇーー!)


2004年2月20日

リスク

「34万円儲かった、なんて書いて大丈夫なの?」って嫁さんに聞かれた。なぜかっていうと、ねたまれたりしないのか心配だという。
株式市場は敗者がいるからこそ勝者がいるのだという考え方がある。ゼロサムゲームという。そう考えると、誰かが僕が持っていた株を874円で買ってくれて、損をしているということになるわけだが、株式市場はそんな単純なものではない。

リスクマネーを投じて得た利益に関してつべこべ言う人というのは、リスクがなんたるかをわかっていないと思う。リスクをとったからこそ、リターンがあるわけだ。損する可能性をわかっているからこそ、利益を追求できる。
損することを恐れながら、利益だけ得ようという考えはもう過去のものとなった。

新生銀行上場に当たって、国内マスコミは大量に投入された公的資金と、外国資本がボロ儲けする構図を煽るように書き立てていた。
リップルウッドはたったの10億円で旧長銀を買い取り、8兆円の公的資金が投入されて(うち3兆は損失)、今回の上場でリップルは2200億円もの利益(増資分を除くと1000億)を得る。こんな馬鹿な話があっていいのか、と。
だったらおまえらが10億円で旧長銀を買えばよかっただけの話だ。10億なんてうちの近所で売ってる家よりやすい。個人で出せないこともない金額だろう。でも、つぶれた銀行with不良債権を買い取ることができる人がどれだけいただろうか?買い取ったはいいが不良債権処理ができずに大損するリスクだってあるわけだ。投資したのは10億であっても損失はもっとふくらむ可能性だってあったわけだ。
そこまでのリスクをとった代償として、上場益が純利で1000億なんてたいしたことないだろ、と思う。
文句言うのが筋違いだ。「リップルさん儲かってうらやましいなぁ」って言ってるようにしか見えない。
10億でつぶれた銀行を買い、不良債権を処理して新しい銀行を立ち上げ、顧客をつけ、たったの5年で再上場を果たした。そんなことができる人がこの世にどれだけいるだろうか?
確かにリップルは余りいい噂を聞かない。でも、その実力はたいしたものだと思う。

日本人はリスクというものを取りたがらない民族性があるらしく、生命保険や預金などに資産が集中しているのもそのせいだという。最近は株式市場などに資産が流入してくる現象(パラダイムシフトっていいます)も見られるようになってきてはいるけど、まだまだ偏っている。
しかし、リスクをとりたがらないはずなのに、ほとんどの人がとんでもなく大きいリスクをとっている。

それが不動産。名前とは裏腹に、その資産価値は驚くほどよく動く。

不動産に関しては友人知人も結構取得しているので、自分の考えを出さないようにしてきている。「優良な資産だから」という理由で取得するなら、それは大きな間違いだけど、いい環境で家族と住みたいとかそういう考えなら全然OKだと思う。それを前提に聞いていただきたい。

これからの経営者は、何をすべきか。ダボス会議である経営者がこういったそうだ。
「流行などを予見することは不可能だが、人口を予測することならできる。」
人口の推移を見ておくことで、何をすべきかを考えることができるというものだ。これは不動産の将来を知る意味でも役に立つ。

2006年ぐらいから、日本の人口は減少する方向に向くと言われている。つまり、住宅を取得しようとする人も減ってくるし、少子高齢化に伴って、大型の住宅は好まれなくなる。また、立地など、条件がいいところの物件の人気が高くなり、それ以外は人気が全然ないという現象が起きるというのが、一般的な考え方だ。
人口減少による供給過多の発生で不動産の相場は下落、選択の余地が生まれることで、人気に偏りがでると言うことだ。

将来需給が悪化することが目に見えている不動産を、借金してまで手に入れるという行為は、ある意味借金をして株式を売買する信用取引よりもリスクが大きいと思う。この辺は僕の知り合いの内藤さんのBlogにもかかれている。

そういう考えがあるので、不動産には手を出さないようにしている。もちろん、買う金もない。買える人がうらやましーって思うこともある。
だって、部屋広いし壁厚いし、キッチンもきれいだったりするし。自分の暗室とかPCルームとか、車庫とか持てるのは正直うらやましい。でも、それを借りにリターンだと考えたとしても、リスクの方があまりにも大きすぎるのだ。

そんな僕を完全に騙せる不動産広告を待っている。かかってきなさい。

2004年2月19日

しんなまぎんこう

本日上場。
初値は872円で、実は値が付く直前まで寄り成りで売り注文を入れていました。
でも「なんとなく、持っておきたいな」とりけし。直後初値がついて売りが殺到するかなと思っていたら、意外と強くて880を超えてきました。この時点で872円を下回るようなら売りと決めて、ボードウォッチ体制に移行。

高値トライに失敗したのか、利益確定売りが優勢となったので、早々に退散しました。
売値は874円。

そのあと、853円まで売られて、売り一巡と見られたのか再度880円越えを演じて、今は874円付近をウロウロしていらっしゃいます。
元々銀行株は触らないたちなので、これでいいや。

利益は約34万円。家賃2ヶ月ぶんと嫁さんに何か買ってあげるか、生活資金ができました。
ぎりぎりだったのでほっとしたよ。

2004年2月18日

びっくりした

8303.GIF
新生銀行がポートフォリオに登場したら、-525,000円の損ってでてた。
まだ値が付いてないから、0円で計算されるんだね。

明日上場です。

2004年1月15日

確定申告だぞ

所得税等確定申告等情報
確定申告ですよみなさん。
年末調整なんてあてにしないで、どんどん経費を計上してどんどん税金を返してもらいましょう。

ただし、返ってくるのは控除額とかの1割だよ。
これがミソなんですが、よく生命保険の営業文句で「生命保険は全額控除の対象になるから、税金が戻ってきますよ!全額控除ですよ!もし、月1万円の保険代だったら年間12万円が控除の対象になるんですよ!!」なんて言ってます。年間12万円得になるなら入ってもいいかなーなんて考えがちですが、返ってくる税金は1.2万円です。
経団連のえらいさんが「保険の見直しを!」なんて言ってますね。この人偉いです。よく言った!って感じです。運用下手が災いして予定利率を引き下げちゃうような保険会社なんてお話になりませんよ。ホント。予定利率引き下げる前に外交員への報酬を引き下げろよ。ついでにモラルを引き上げろ。

さて、国税庁の申告書作成コーナーがさらにパワーアップして使いやすくなっています。ウィザード式で所得の内容と金額と経費を入力していくと、どんどん申告書ができあがっていきます。
僕の場合は事業所得(大赤字ですが)+株式譲渡所得(ボロ儲けしました)+先物取引等にかかる所得(ちょっと損しました)があるので申告書B+第3表+白色になります。

次年から青色にするつもりです。控除額が大きくなりますし、赤字の繰り越しができちゃう。しかも税務署が優しくなる。青色は信用があるそうです。

あー申告書書き始めてからきがついた。

去年の領収書まとめてないや。帳簿もつけてないし。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちお金にまつわるはなしカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはYouTubeです。

次のカテゴリはエクササイズです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。