2010年2月アーカイブ

2010年2月26日

香水臭い人とイヤホンの音漏れの共通点

お昼休みにのんびりとうどんを食べていると、なんかすごい香水のにおいが漂ってきた。香水自体は嫌いじゃないし、いい香りをさせている方々を見るとピンヒールでグリグリやられても「なるほどですねー!」と受け入れてしまいたくなるぐらいになることもしばしばある。と、思う。

しかし、香水臭いのはどうも受け入れられない。Googleとかで検索してみても、職場や公共の場所での香水臭い人というのは、悩みの種であるようだ。

「その香水臭いです」って注意すればいいだけの話なのだけど、これがまた難しい。だって、本人は香水臭いと思っていないんだから。

ジャイアンが音痴だと誰も指摘できないのと一緒で、香水臭い人は自分が香水臭いと知らないばかりか「トップノートが○○で特にラストノートが云々」思っている可能性だって十分ある。
どうしてそこまで臭いの塊になってしまうのだろう。

昔、女医レイカというコミックで、香水臭い人を扱った回があった。その人は普段から香水をふりかけまくりの人だったのだけど、レイカはそれを「自分の体臭を気にするあまりの行動」だと診断してた。
何かのキッカケで自分の体臭を気にし始めた人は、それを抑えようと別の臭いで対抗する。一時的に何とかなったように感じるものの、一度気にし出すとセンシティブになっていってしまい、実はそれほど大した体臭でなかったにしても、どんどん香水まみれになっていってしまう。
そしていつしか臭いの塊になってしまうと言う図式だ。

僕は以前、京葉線の車内でボーカルの声がしっかり聞こえてしまうレベルで音漏れしている人に遭遇したことがある。車内の誰もが顔をしかめるぐらいひどい音漏れの原因になっている本人は、まるで気がつくそぶりもなく、また音が大きいといった感じすらも受けない。

音漏れに関しては、ヘッドホンの工夫である程度防ぐことができるのだが、さて、この人はなぜそこまで大音量で音楽を聴くハメになったのだろうか。僕はしばらく考えてみた。

電車というのは、走っている間は結構うるさいものだ。風を切る音、レールの継ぎ目の音、様々な音がノイズとなって車内を駆け巡っている。
あなたはここで音楽を聴こうとしたとしよう。イヤホンを耳に入れ、再生ボタンを押す。すると聞こえてくるのは、お気に入りの音楽だけではない。イヤホンを通じて入ってくるのは電車の走行ノイズだ。
鉄橋を渡っている間はゴウゴウと重低音が響いてくるし、トンネルに入ってしまえばもう手のつけようがないノイズにまみれてしまう。聴きたい音楽の何割かがそのノイズに乗っ取られている。そこで取る対抗策は、ボリュームを上げることだ。

ここでポイントとなるのは、そのイヤホンは「外の音が通り抜けてしまう」と言うことだ。逆に言えば、中の音も外に漏れ出てしまう。

ノイズに対抗してどんどんボリュームを上げれば上げるほど、音漏れもどんどんひどくなるのだ。そしてやっと満足できるレベルまで外の音を消し去れたとき、外側へは想像もできないレベルで音漏れが起きてしまっているのだ。
この問題は、密閉型のヘッドホンにしたり、ノイズキャンセリングタイプを選んだりすることで、ある程度防ぐことができる。

以上のように、香水臭いのと音漏れは、それぞれ全く同じカテゴリの悪要因と戦った結果なのだと考えられる。
当人はストレスから解放されてホッとしているのである。気になる体臭やノイズから解放されて、やっとフリーになれたところなのである。

そんな状態にある人を捕まえて「香水臭いから」とか「音漏れひどいです」とか言おうものなら、またその人たちはストレスの最中へたたき落とされてしまう。
やっぱりそう考えると注意しづらいなぁ。いや、注意すべきなんだけど、反撃が怖いよ。

2010年2月24日

Klättermusen 気になる

DSC_8248

新年のセールで神田に立ち寄ったとき、店舗の片隅にあったKlättermusenに一目惚れ。その日はたまたま参考程度に製品が置かれていただけだったのだけど、この間、孤高の人の原画展を見に行ったついでに寄ってみたら、Baggiというトートバッグ(写真)を始め、ザックからウェアまでいっぱい置かれていた。

Klättermusenはクレッタルムーセンと読む。スウェーデンのブランド。
ザック類には独特のワイヤーが張られているのだけど、これ、1個のループの耐荷重が10kgもあり、携帯やカメラ、その他オプションをぶら下げたりするのに使ったりするそうだ。

素材は漁業編みやカーペットをリサイクルしたものを使っていて、ウェア類でも定番のGORE-TEXが使われていない。Klättermusenは環境保全活動にも力を入れていて、リサイクル素材を使うことで、二酸化炭素排出量の抑制、ゴミの削減を進めているそうだ。GORE-TEXは製造時に大量の二酸化炭素を排出することから、使用を見送っているとのこと。その上、売り上げの1%は環境保全団体へ寄付される。

コンセプトはもちろんのこと、飛び抜けたデザインも目を引くし、そもそも開発しているのがクライマーなので、現場で役立つ様々なギミックが仕込まれているのもうれしい。
特にザックは価格の割にはよく考えられた作りをしている。機会があれば買ってみたいと思う。

ウェアはちょっと高い。

店員曰く、かなり人気が高まってきていて、入荷すれば売れていくような状態だという。その割には街で見ないのだよな。ヤフオクでは結構流通しているようだけど。

大昔にArc'Teryx を見つけたときのような、何とも言えない興奮を感じつつ、見守っていきたい。

Klättermusen は、神田のici clubのMOUNTAIN EQUIPMENTのフロアや、原宿ノルブリンカでお目にかかれるよ。

2010年2月23日

奥華子の「ガーネット」PVのロケ地を見つけた。

Twitterで誰かが奥華子のガーネットをYouTubeで視聴していたのをみて、僕も見てみた。

ガーネットはアニメ版の時をかける少女の主題歌に使われている、年頃の女の子があこがれの男の子を想う気持ちがそこかしこからあふれ出てくる、名曲である。Youtuberepeatでガンガンブン回して聞きまくった。何度聞いても飽きない。

ふとしたときに、そのPVを眺めてみると、どうも見覚えのある景色がチラホラと写っている。でも、似た街並みとかよくあるし、まさかねーって思っていたら、決定的な建物が写り込んだ。


Safari100209_001.png

公園から見えるふたつの高層ビル。左側は細長い形をしているのだが、これは幕張にあるAPAホテルではないか。となれば、右側のはニューオータニである可能性が高まる。
ただ、似たような建物の配置は国内にたくさんあるだろうしと、もう一度PVを見てみると、序盤に興味深い建物が写り込んでいる。

Safari100209_002.png

トレードマークでもある赤いメガネをかけた奥華子の左側に二つのタワーが見える。これまさに、幕張じゃね?ということは、この公園は海浜幕張公園じゃね?

以前、ミスチルの箒星のPVロケ地が幕張だった話を書いたことがあるが、またしても幕張だった。奥華子は千葉県の出身なので、ああなるほどねと思えるのだけど、幕張は撮影しやすいのだろうか。

この広い公園を南北に道が走っていて(衛星写真でも確認できる)、彼女はここを歩いているようだ。すぐに木を見上げるカットが差し込まれる。

Safari100209_003.png

2棟ほどマンションが写っている。セントラルウエストパークという、団地であることが、GoogleMapsで確認できた。

その後、特徴的な歩道橋のシーンにかわる。交差点の上でクロスしている歩道橋は、幕張にあるのだろうか。


Safari100209_004.png

拡大率を変更して探してみたら、少し離れた場所にあることがわかった。運転免許試験場のすぐそばの交差点だ(GoogleMaps)。
ただ、こんな形した歩道橋はたくさんあってもおかしくない。
ポイントとなるのはヨットの形を模したと思われる意匠。そして、左手にある道路の導流帯と橋?とおもわれる構造物だ。
先ほどGoogleMapsで見つけた歩道橋をよく見てみると、ヨットの形をした影が映っているのがわかる。そして左下には導流帯と運河にかかる橋が見て取れる。

Safari100209_005.png

シーンはオフィス街に移る。彼女は公園を出て移動してきたようだ。
右側にある大きなビルと、割と大きな道路を挟んで3つぐらいある高層ビル。この建物の配置で考えると、撮影したのはこのポイントだ
歩道橋の上から撮影されていると考えられる。このシーンのあとで、同じ歩道橋上からとられたいくつかのカットも散見された。

Safari100209_006.png

横断歩道を渡っているシーン。さっきのカットはその背後の歩道橋から撮られたものだ。

そして、ついにピアノのある歩道橋にさしかかる。彼女が登っている階段は、歩道橋のどの階段なのだろう。


Safari100209_007.png

ここでポイントとなるのは一方通行の標識、奥に写っている川、階段横の木。この配置条件を満たしているところをストリートビューで探してみたところ、みつけた

ということで、ガーネットのPVはすべて幕張近辺で撮影されていた。千葉県に住むひとなら、免許の更新で行ったりすることがあるだろう。

今回もたまたま幕張だったのだけど、また他にロケ地が分かるような事があったら、いろいろ紹介してみたい。

2010年2月21日

iPhoneアプリ セノガイド(SENOGUIDE) をリリースしました!


seno_help_500p.jpg

市場として終わっている、儲かるわけがない。そういわれて久しいiPhoneのAppStoreですが、弊社もやっとこさiPhoneアプリをリリースすることができました。

iPhoneアプリと言えば、Objective-CというC言語を拡張した言語を習得する必要があり、初心者にはなかなか敷居が高いのも事実です。
そこへきてAdobeがFlashからiPhoneアプリを書き出せる、Flash CS5 Packager for iPhone® を開発、次期Flash CS5へ搭載される予定です。

hatteではFlash CS5のプライベートベータ版を使用し、一足先にFlashを使用したiPhoneアプリ開発をする機会を得ました。
ブラウザとは勝手の違う環境、パフォーマンスもどれぐらい出せるかわからない、そんな状態でどんなネタをアプリ化するか考えたんですが、ひとまずはシンプルなアプリをと、写真マニアなら誰もが知っているあの露出計算尺、セノガイドをアプリケーション化することにしました。

大昔にFlashLite版を作ったことがあるんですけど、これは数字キーを使ってダイヤルを回転させる方法をとってましたが、今回は直接ダイヤルを指で回すようになっています。
基本的なオーサリングは僕(@hage)が担当してますが、絵柄のトレーシングは弊社デザイナー兼ディレクターの(@masumin)がやってくれました。彼女の力添えがなければこのアプリもできなかったでしょう。

結果的に結構負荷の高いものになってしまいましたが、現在も可読性の向上やパフォーマンスの向上を目指してチューニングしてます。もはやマニュアルカメラなど持ち歩いてる人など絶滅危惧種になってしまった感じもありますが、マミヤの67とかハッセルの503CWとか、抱えるようにでかいカメラや往年の名機を今でも使い続けている皆さん、かつての露出決定の歴史を垣間見てみたい方、実物を持っている方も是非お試しください。


AppStore.gif

2010年2月 8日

-20度の八ヶ岳に行ってきた

前日の仕事などもあって、出発したのは5時ぐらい。しかも財布を忘れるという失態もあって、最終的に東京を離脱したのは7時前だったんじゃないかと。

目立った渋滞もなく石川PAで朝食を仕入れ、双葉SAでトイレ休憩、そして諏訪南へ。通い慣れた道。
相変わらずノーマルタイヤな車なので、突如現れるであろう雪道にびくつきながら、チェーン装着のタイミングを図る。 そろそろやばいかなってところでチェーン装着。美濃戸口へ。

装備を整えて出発。11時。予定より1時間押し。すでに気温はエクスペディションな状態になっているようで、テルモスから漏れ出たお茶が一瞬で凍り付いていた。

美濃戸までは1時間で登れた。珍しくコースタイム通り。美濃戸の山荘で昼食をいただく。山荘に住んでいる「ポッコ」という犬に唸られる。

隣で食事していた関西人っぽい人に「硫黄いくの?あそこは上が平らだから、道に迷いやすい。赤岳とかだと道は1本だからな。レベルも大して変わらんよ。上に岩場が歩かないかの違いだけ。」と言われる。なるほど。そういう見方もできるんだな。
「昨日電話で聞いたところ、地蔵尾根で40cmのラッセルだったって」と。すっかりテンションが下がる。

12:30に山荘出発。

いくつかのパーティーに抜かれる。我々は登るのも下るのものんびりなのである。
堰堤でさっき抜いていったパーティーに追いついた。見るとアイゼンを装着している。いつも堰堤で大きく休むことにしているので、ザックをおろして雪遊びなどしてみた。
パーティーが出発したあと、常置してある雪上車の裏に回り込んで風をよけつつ、アイゼンを装着。この積雪、途中の階段や橋がえらいことになっているのは予想できる。

初めて来たときはあれほど遠く感じられた北沢の上りも、来るごとにペース配分がわかってきたのか、あまり疲れを感じることがなくなった。それでもほかのパーティに抜かれるけど。そして今回は股関節が痛くなった。こうやって徐々に慣れていくのかなとか思ったりしている間に、橋を9つ渡り終えた。股関節、左足の付け根の痛みはだんだんひどくなってきていて、後半は足をあげるのが相当つらかった。
登山前にジムでボルダリングをしたのだけど、そこで無理な動きをしたのかなとか考えたけど、原因不明。左足は利き足なので、右足をかばってしまったのかなってところで決着させた。

15時ぐらいに赤岳鉱泉着。いつもなら山小屋でのんびりしたくなるのだけど、まずはテン場にいい場所を見つけることから開始。

風が強く、林の中に設営することにしたけど、なかなかいい平地に巡り会えず、やっと見つけたまともそうなところをショベルで掘って掘ってテント分の場所を確保した。
当初、風が少なそうな林側を出入り口にしようと思っていたら、掘っているうちにガリっと嫌な手応え。新雪の中に氷がある。と言うことはだ。あ、色がついてる。あー

トイレを掘り当ててしまった。幸いにも小さい方だった。氷であるうちは無害だ。というか、トイレすぐそばにあるのに、ここでする意味がわからん。まったくもう!
ここは常時零下なので、トイレをしてもすぐに凍って春までそのままだ。いつか掘り当てると思ってたんだけどまさか今日掘り当てるとは。なのでテントの位置をちょっとずらした。

DSC_8228

今回用意したテントはMSRのASGUARD。エクスペディションな環境に使えるタフなテントである。
ちなみにこの写真、設営時ではなく翌日に撮っている。当日は、写真どころではない環境だった。
吹き荒れる強風、何度もテントを飛ばされそうになりながらも、やっと設営を終えたときは手も足も冷え切って感覚がないを通り越して、千切れたんじゃないかというぐらいの痛みを感じるぐらいで、逃げるように赤岳鉱泉へテン場の使用料を払いに行った。

山荘に気象状況の問い合わせの電話が入っている。「気温は-20度ぐらい」「風は強いです。本日赤岳に入っている人は、一人もいません。」と、なかなかすごい会話が聞こえてきた。

受付を済ませ、中の暖かさにすっかり安心しきったところで、談話室で食事をとらせてもらうことにする。テントを入れてきた袋(写真前方)に食事を作るためのバーナーなどを詰め込んで再び山荘へ戻り、カレーうどんを制作した。となりの食堂では山荘自慢の料理が出ているようだ。

食事を済ませてテントへ戻り、パッドを敷いてエマージェンシーなブランケットを敷いて、寝袋を設置。ジャケット類を脱いで寝袋に入って、もう一枚のブランケットを寝袋の上にかぶせた。

脱いだジャケット類はザックの中に。シューズは枕元に置いた。テントも前室はピッケルを使って固定して、もう一方の前室はトレッキングポールを雪に埋め込んで固定。横の張り綱もトレッキングポールとショベルで固定した。翌朝にはピッケル以外すっかり埋まってた。

低温すぎるのもあってeneloopが電源なライト達は電圧低下で動作が不安定になり、それもあってさっさと就寝。19時。

寝袋の上にエマージェンシーブランケットをかけるというのはなかなかいいアイデアだった。すっかりポカポカできたのだけど、自分の体から蒸発した汗による結露が、ブランケットで氷になり、それがぽたぽたと顔面に落ちてきたりして何度か夜に目が覚めた。

翌朝、何度か目が覚めたところで外の様子をうかがうも、ものすごい強風が続いていて「これでは稜線は歩けたものじゃないな」と言うことで、早々に下山することに決定。 結局7時半ぐらいまで寝てたと思う。

周りをみるとテントの数が減っていた。下山した人もいるようだけど、アイスクライマーを中心にしたパーティーはそれぞれ目的の氷へ出かけるようだ。

とりあえず山荘内で朝食を制作。買ってきたおにぎりと味噌汁。コーヒー。
登山中におにぎりはいったん凍ってしまったようで、外側の米は米の形をしたなにやら別の物質に変わってしまっていて、まったくもって全力で不味かった。「愛情おむすび」と書かれてあったが、偏った愛情を感じる。コーヒーで口直しした。

DSC_8227

テントへ戻って撤収開始。

荷物を外に出し、テントの中にたまった氷を外に出す。

DSC_8229
この世界では氷や雪は石や砂みたいなものなので、とけない限りは気にならないのだけど、 このままたたんで下山してしまうと、下界で氷は水になり、テントはあっという間に水浸しになる。たたまれた状態のまま。
乾燥作業が大変になるので、できるだけ氷は外に出してしまう。

装備をととのえて下山開始。すでに指先は激痛が走る状態に。寒すぎる。

DSC_8234

小屋の屋根越しに赤岳が見えた。阿弥陀だと思ってたけど、赤岳?だよな、阿弥陀?どっちだ?
残念なことに天候は回復基調にあるようだけど、これから登ると下山は夜にかけてすることになる。あきらめる。

DSC_8236

昨日登ってきた道を降りていく。この時間から下山するパーティーは数えるほどで、のんびり撮影を楽しむ余裕すらあった。時折太陽が顔を出し、雪景色に花を添える。そしてついには青空が。

DSC_8238

この山はどこまでもツンデレなのである。背を向けると後ろ髪を引いてくるのである。帰れと言ったり帰るなと言ったりどっちなんだ君は。

堰堤まであっという間におりてきた。アイゼンを装着して来たのが功を奏し、怖い目に遭うこともなかった。堰堤から先は雪上車のトレースがあるので、道が急に二つに増えたようになる。途中、中央アルプスと思われる稜線を林の間に見た。

DSC_8241

下山なう。
冬期閉鎖している八ヶ岳山荘で休憩を入れると、目の前に阿弥陀が見えた。青空に映える見事な山様。登ろうとせず降りた我々をあざ笑っているかのようであるが、よく見るとその山頂からは雪煙が見えた。晴れていても風はすごそうだ。

車に戻って装備を解き、さっさと降りる。途中、ズームラインでチェーンを外した。やっぱり風が強い。振り返ると今まで見た中で一番きれいな八ヶ岳が見えた。

DSC_8245

まぁ、また来るし...いいんだ。

僕が八ヶ岳に入るといつも荒れる。僕が去ると晴れるのだ。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。