2009年12月アーカイブ

2009年12月11日

歩くのが遅いと文句を言われたことについての考察

朝の東京駅。京葉線のホームから東京駅の中央へ、たくさんの人が移動する時間帯。
この日は修学旅行生も混ざっていて、しかもディズニーはクリスマスシーズンでかき入れ時、これから舞浜方面へ向かう人と、東京駅方面へ行く人でごった返してた。

動く歩道は2列が中央方面へ向かい、僕は右側へ。止まる人の列と歩く人の列にいつも分かれていて、僕は歩く人の列の最後尾についた。

混み合っているのでよくあることだけど、後ろの人にかかとを蹴り上げられた。

体が触れあうぐらいのテールトゥノーズ。よくある話だ。朝の東京駅は、誰もがラリードライバー。前が詰まっているので仕方ないよな。と思っていたところ、エスカレーターに乗り換えるところで後ろから「歩くの遅いんだよ!」と怒られた。前が詰まっているのに。

声の主であるおばはんは僕を抜きざまに睨み付けた上、隣のエスカレーターの右側に乗ってた。そして今度は別の人を煽っていた。そしてパン屋にきえていった。おばはんが僕を抜くことはなかったのである。そう、どのルートを選定したところで、おばはんは速度を上げることはできなかったのである。
何とも気分の悪い朝である。

前が詰まっているので「歩くのが遅い」と言われたところで、仕方が無いのである。本当に急いでいる人は動く歩道を使わず、普通に走っている。つまり、 おばはんは本当には急いでいない。走るのが面倒なのだろうな。あるいは自分のペースを乱されたくないのだろう。

しかし、前が詰まっているのに、たまたま最後尾にいた僕に暴言を吐くのはなぜなんだろう。たった1m先が詰まっていることぐらい、ちょっと見ればわかることなのに。

しかもおばはんの目的地はパン屋だ。パンを買う時間を得るために急いでたのだろうか。

運良く僕は、東京駅から大手町まで比較的長い時間歩くので、十分考察する時間があった。ので、考察してみたわけだ。

おばはんは急いでいた。でも、本気で急いでいたわけじゃない。これはおばはんが動く歩道上で歩いていたことから推察できる。本当に急いでいるなら動く歩道を使わないから。でも、走るのは面倒くさい。つまり、急いでいるけど、体力には余裕がないのだろう。

しかし目的地はパン屋さん。朝ご飯を抜いて出てきたのだろう。金曜日ということもあり、3連休としてどこかに旅行にでも行くのだろうか。おそらく東北方面?ひょっとしたら丸の内あたりのOLかもしれないな。とにかく、おばはんは急いでパンを買う必要性に駆られていたのだ。

京葉線ホームからの動く歩道は、所々でインターバルがある。そこがオーバーテイクポイントだ。
様々な人がオーバーテイクを仕掛けるため、対向の人とぶつかったりすることもしばしば。でも誰も他人に気を遣わない。タイムカードを9:29に押せるかとか、お客様を待たせてはいけないとか、そういった事情の前には他人などどうでもいい存在になる。

おばはんが僕に文句を言ったところから察するに、おばはんはずっと僕のスリップストリームについていた。そして時折オーバーテイクしようと試みたのだろう。しかしそれはかなわなかった。
僕自身も歩くのは速くて、前の人にスリップストリームについていた。朝の時間帯は皆の実力は拮抗している。こんなところで無駄にオーバーテイクを仕掛けて空気抵抗をもろに受けて燃料を消費するよりは、後ろについてパワーを温存しておき、エスカレーターで一気にぶち抜く。これが僕のトウキョウステーションストラテジーだ。

インターバルのところでほんの少し、わずか5歩程度走るだけで、数人をごぼう抜きすることができるのだが、おばはんは走らなかった。面倒だったのだろう。5歩走ることすらできないなんて、本当は急いでいなかったのだろう。あるいは膝を壊していたのか?だったら早歩きなんてできない。

数度のオーバーテイクのチャンスも実ることはなく、おばはんは僕の後塵を浴び続けた。レーサーとしてあるまじき屈辱に駆られた。常に見え続ける男の背中。恋人でも愛人でも夫でもない収入の低そうな男の背中を、なぜ追い続けなければならないのか。
おばはんは見えている背中に憎悪を抱くようになる。もう、前が詰まってるとかどうでもいい、その背中が憎い。

動く歩道ゾーンが終わってエスカレーターへ。ここで2列から3列になり、一気に渋滞は解消する。
ここで抜かないと一生後悔する。おばはんは残っている体力をすべて使い切り、ついにオーバーテイクに成功する!
そしてたまりにたまった憎悪を僕にぶつけたわけだ。

そして僕がいるレーンの隣のエスカレーターを登り始めた。しかしそこにはおばはんの宿敵、ファッションは自分と大して変わらないのにメディアにちやほやされまくっている、森ガールがいた。森ガールはノロノロとエスカレーターを登っている。森ガールだもん。自らの限界へ接近する行為(登ると森林限界に接近するため)に、速度を上げるわけがない。これはしかたがない。

僕に文句を言った手前、自分の方が先に登り切らなくては格好がつかない。しかしこちらはスリップストリーム体制を維持してトップアウト。

ここへきておばはんは本来の目的であるパン屋に行くという目的を思い出したわけだ。自己の精神崩壊を未然に防止する、保護回路が働いたのだろう。
パンさえ手に入れば、背中も、森ガールも、どうでもよくなる。とにかく、パンが手に入れば。

しかしおばはんはその時点で、パンを買うためにはレジに並ぶという行程があることを忘れてしまっている。自己の精神崩壊を未然に防止する、保護回路が働くためだ。パンを買うためには列に並んだりレジで会計する必要がある。なんて考えていたら、パンを買うこと自体が面倒になってしまう。パンが買いたいのに買うことが面倒になってしまう。パンがないと死んでしまう。どうしても必要なパンを得るために、保護回路は途中のプロセスを無視する。そうすることで、精神に負荷をかけることなく、パンを手にすることができる。

目的のために、途中何をすべきなのか、何を考えるかは一切無視される。これって普段よく見かける「10円安いバナナを買うために車で10km走っていく」ような行動にもつながってくると考えられる。

とにかく目的を達成したい、そのためだったら...となるわけだ。たまたま居合わせた人からしたら迷惑にもほどがある。

おそらくおばはんは、その後レジに並んでいる人や、レジに対して文句を言うのだろう。そしてきっと他のところでも、別の目的で同じようなことを繰り返すのだろう。いつか自爆する日まで、それは続くのだろう。

以上が今朝であったおばはんに対する考察だ。もしおばはんが見ていたら、事の真相を話してくれるとありがたい。とにかく最悪な週末のスタートを切って、正直げんなりしたのだ。
そして考察を続けるにつれ、僕も誰かに迷惑をかけているのだろうなと思ったら、ますますげんなりしてしまったのだ。気をつけたい。

2009年12月 8日

バイク王でバイクを売った話がいろいろひどいので俺の経験を書いてみる

最近はてブでちらほらとバイク王系のエントリを見かけたのだけど、高価買い取りって言ってるのに見積もりが安くて憤慨しているといった内容で、バイク王がひどいっていうよりは、書いてる人たちがあまりにもひどいので自分の経験を書いてみる。

1年ほど前、駐禁が厳しくなったりバイク通勤が禁止されていたりしたのもあってあまり乗らなくなったスズキのGSX-R1000(2001年型)を売りに出すことにした。
パーツはほぼノーマルで、リアフェンダーをカットして車外品のウインカーをつけていたのと、ブレーキホースをメッシュに、フロントマスターをブレンボのラジポンに。ライトは片目をソーラムのHIDに換装していた。

大阪と東京、大阪と九州を何度も往復したもはや戦友と呼べるパートナーである。走行距離は30000kmを超えていた。

ネット見積もりでは60万ぐらいらしいのだけど、それはないだろうと思いつつ見積もりを申し込み。
王様の家来は速攻でやってきた。

奇しくも当日は大雨。夜だったこともあり、団地のポーチにバイクを入れてチェックを受けた。エンジンを始動して機関のチェックと灯火のチェック。ブレーキや各種スタンドまわりをみて、外観のチェック。

フレーム番号をPDAに登録してチェック内容も合わせて送信。ものすごくスマートで感心したもんだった。車体の写真も携帯で撮影して送ってた。そんな解像度で大丈夫なのだろうかと思ったけど、問題ないらしい。

しばらくすると王様からコールバックがあった。
おそらくフレーム番号から様々な情報を引き出して、細かいチェックを指示しているのだと思われる。家来は王様の指示に従って、細かいポイントをさらに口答で答えていた。

一通り手続きが終わるのに20分ぐらいか。

若い男性の担当者と世間話をすることにした。彼は買い取り業務はこれが今日のラストで、バイクを積んでそのまま家に帰るようなことを話してた。駐車取り締まりが厳しくなったりしたことで、売る人は増えているような事も話した。
ふとしたところで彼はこう切り出した。「岡本さんはこのバイク、いくらで売れると思いますか?ちなみに、最高買い取り価格というのは、走行距離が200km未満の新品同様のバイクであった場合を指すんです」と。

俺は少し考えてこう返す。

「ヤフオクや中古市場で同程度の同車種の売値は40万円から50万円。利益率を10%と考えると店の仕入れ値は36万円から45万円。あなた方がこのバイクを直接売りに出すとは考えられず、オークションなどの流通に乗せたりすることを考えると、市場価格の6割で買い取るのが妥当とすれば、買値は24万〜30万円になりますね。」と。

担当者は感心したそぶりで「僕もそれぐらいだと思っています。もう少ししたらこの端末に買い取り価格が表示されます。」営業トークだろうと思っていたけど、少しして端末がデータを受信。買い取り価格は24万円だった。

正直売値としては相当安いと考えるべきだろう。市場価格の半額程度になってしまっているのだから。

ヤフオクで売るなら一番高くなるけど、名義変更やクレーム対応などの面倒さがどうしてもある。仕事などの都合でその時間が取れない場合、ヤフオクで売るのは賢明ではないと考える。最近よくやるのは、ヤフオク等で売る場合に得られる差額を手を動かす時間で割って、自分の実際の見積もりで出す工数と比べて、安ければやらない、高ければやるといった判断方法だ。
自営だからこそできるとも言える。

業者に売る場合は、所有権を渡してしまった段階であらゆる責任を押しつけられる安心感がある。しっかり手を入れて整備してきたバイクではあるが、人の命を乗せて走られますと胸を張って言うにはそれなりの整備コストがかかってくるだろう。そのあたりもキッチリ転嫁できるわけだ。

安いけど納得。というのがそのときの心境。ただ、どうしてその価格になったのかは聞く価値があるので聞いてみた。

担当者は「このタイプのGSX-R1000は初期タイプですよね。2001年から発売されています。フレーム番号を調べたところ、2001年の初期ロットであることがわかりました。つまり、同一年式でも一番古い部類なのです。カスタムパーツの選定は見事です。センスがあると担当の者も言っていました。ただ、リアフェンダーのウインカーが社外品になっていたのはマイナスなのです。これはそのままだと売れないので、別のパーツを使ったりして直す必要が出てくるかもしれません。目立った傷や転倒の跡もなく、走行距離にしては外観はとても綺麗です。2001年式でここまで綺麗なのはあまり見ません。しかし、色がスズキカラーじゃないのがちょっと残念ではあります(黒/銀だった)。」1年以上前の話だから詳しく覚えてないけど、こんなことを言われた。

結果的に俺は書類にサインをして、24万円を手にした。時間にして1時間ほど。

「あ、これで手続きは完了ですので、もう大丈夫ですよ」と言われたけど、視界から「元愛車」が消えゆくまで見送ったのは言うまでもない。

ネットでは買い取り価格提示後に「やっぱり売らない」と言った場合の例がおおくあるので、この例はまれなのかなと思うのだけど、もう少しゴネれば良かったかとたまに思い出しては考える。

ただ、バイクを売るというちょっと面倒なことが、たったの1時間で完了し、そのごすぐに仕事に戻れたというのは本当にメリットだといえる。忙しい人は利用してもいいと思う。
なじみのバイク店があるならそこを利用するのもいいだろうし、相見積もりをとるのもいいと思う。

たまたま運が良かっただけかもしれないけど、バイク王はそんなに悪いもんじゃなかったよというお話でした。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。