2009年11月アーカイブ

2009年11月30日

丸の内のコミュニティサイクルが試験サービスを終了したので、いろいろ考えてみた。

大丸有エリアにある複数のポート間を移動する形のコミュニティサイクルが、11月30日で試験サービスを終了した。
1ヶ月ぐらいの間、かなり役に立ってもらいました。

国がバックアップしていたプロジェクトでもあり、試験サービスから本サービスに移行するかなって思っていたら、これを執筆している現在、そのようなアナウンスはないです。さみしいもんです。

このコミュニティサイクルは、入会金が1000円で、30分以内の利用なら無料というなんとも喜ばしいプラン(30分以降は時間に応じて課金、24時間こえると自転車を買い取ることになる)なのだけど、おそらくこのままだとサービス維持はできないだろうなという予感はしていた。お金が動かないから。

さらに、運用面でもコストがつきまとう。
30分以内の移動が無料であるなら、ほとんどのユーザーは30分以内の利用にとどめてしまうと考えられる。
主に丸の内から有楽町、あるいは大手町への移動の手段として使われていることが多いと予想されるため、その利用時間はおおむね5分以内。実際、僕が使った平均時間も、5分以内だった。唯一20分以上使ったのは、撮影の関係で有楽町周辺をウロウロしたときで、このときも30分をこえる利用にはならなかった。

お金にならない稼働があっても、自転車自体は自然に消耗してくる。
サービスインから1週間程度たったころから、整備が行き届いていない自転車に当たることが多かった。
自転車は一般的な変速機を有する6段変速だったので、使っているうちにチェーンやワイヤーが伸びて、変速の位置調整が狂ってくる。ただ、こういう狂いは調整台に乗せてチェックする程度では表に出てこなくて、実際にトルクをかけてみないとわからないことが多い。

故障でもしない限り稼働時間内の調整はないと思われるので、サービス時間が終わってからの調整をしていると考えれば、詳細なチェックができないのも納得のいくところ。
各ボルトの締め付けを確認して、空気圧やブレーキなどをチェックして変速を見て...というのを何十台もこなすには、それなりの人員が必要になってくる。
当初のサービス終了時刻が21時だったことを考えると、整備の時間をとっているのだろうなと想像できる。

運用コストとしてはさらに、各ポートでのトラブル対応要因としてのスタッフや、ポートに自転車が集中してしまわないように、車で自転車を運んでいる人など、人手を介さなければどうにもならない部分がたくさんある。

そういう意味では、今の規模では利益を上げられる体制にはならないということだろう。

ポートの数を増やして、新橋から神田、銀座や築地方面など、観光客を当て込んだ展開をしつつ、自転車はタフな内装変速機構を取り入れるなどしてメンテナンスコストを削減、ポートの形状も工夫するなどして効率化を図れば、十分サービスとしてやっていけるのではないかと思う。
ワンタイム料金と月額料金の2プランにするのも忘れずに。

わずか5分程度の自転車移動だったけど、電車を2本遅らせても遅刻しなかったのは驚きに値する。
普段どんだけ歩いてるんだと。

2009年11月 3日

会社を作りました

普段一緒に仕事をしている人と、会社を作りました。

個人のアライアンスを組んで仕事をしてきたのですが、やはり個人へ仕事を出せる会社というのはなかなかなく「法人格だったら出せるのに」という話もいくつかいただけていたりしたのですが、なかなか踏み出せずにいたところ、僕自身の環境が法人格を必要とする流れになってきているのもあり、予定を半年ほど前倒しして会社を作ることにしました。

そして先日11月2日に登記申請。速攻で電話がかかってきて補正があるっぽいですが、ひとまずコマを一つ前に進めることができたのだなって思ってます。

会社の名前は 株式会社hatteって言います。新会社法の施行により、ローマ字での登記が可能になったのもあって、なかなか見られない社名でもあります。
もともとアライアンスを組んでいたユニット名がhatteだったので、そのままそれを社名にしました。

「hatteって何ですか。はってって読むんですか?」とよく聞かれるのですが、hatteは日本語で書くと「張って」になります。
クライマーならすぐわかる言葉ですが、クライマーとそれを確保しているビレイヤーの間にある命綱、これを「張って」という意味で使われる言葉です。

この言葉が使われるときは、完登したときと途中で休みたくなったり、危険な状態になったりしたときです。いわばビレイヤーとの信頼関係を行使する、そんな意味が込められていると思って、hatteという名前にしました。

名刺をいただいている方々や、知り合いの皆様には改めてご挨拶状をお送りさせていただく予定です。

これからは会社としてがんばっていきますので、よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。