2009年3月アーカイブ

2009年3月24日

チョウバエ退治

暖かくなってくると悩むのは虫。蚊とか。ハエとか。
ここ最近になって風呂場に小さい虫が結構見られるようになった。見かけ次第水攻めにしたり、飛んでるところを直接ひっつかまえたりしていたのだけど、捕まえても捕まえても翌日にはまた飛んでたり、天井の水滴で溺れ死んでたり、張り付いてたり。

「これってタバコシバンムシの時みたいに、どこかで営巣してる系?」と疑い始めたのが先週。

それを期に1日数匹だったのが一気に桁を増して10匹オーバーするように。ちょうど暖かくなったのもあるんだろうな。
意を決して退治に向かうことにした。害虫退治。これってすごいいやな経験があって、それが蘇ってくる。

前述のように、僕は昔、タバコシバンムシって害虫と戦ったことがある。その際、家に住み着く害虫として、今回の小虫がチョウバエであることはあらかじめ知識として得ていた。

タバコシバンムシの記事については以下を参照してください。
タバコシバンムシ
シバンムシその後
巣・発見

今回のターゲットはチョウバエ。駆除するに当たって、まずは彼らの性質を調べる必要がある。

  1. 体長が数ミリのホシチョウバエと大きめのオオチョウバエがいるらしい
  2. 風呂場では排水口や浴槽下の汚れの固まり(スカムという)に生息するらしい
  3. 卵は2日で孵化、幼虫は2週間ほどでさなぎになって、さなぎは2日で羽化。はやくね?
  4. 幼虫は体長8mmぐらいで、灰色、または褐色。見たくない。
  5. スカム内でコロニーを形成していて、うごめいているらしい!
  6. 武器はカビキラーやパイプユニッシュが有効

ひとまず、パイプユニッシュを買いにホームセンターへ。800mlを3本買い込んだ。
深夜になってから、2ちゃんねる等で書かれてあるように、浴槽と壁の間の隙間にパイプユニッシュを流し込んで放置後、熱湯をかける。を実践。
確かにそれなりにスカムが流れてくるのだけど、あまり効果が上がる気がしない。

やっぱり、エプロン(浴槽のカバー)を外す必要があるみたいだ。

翌日、くしくも東京マラソンの日。友人の安藤さんが出走することを知っていたので、デイリーポータルで得た彼の番号をウォッチしつつ作業を開始。

※以後、汚い表現が苦手な方は、読まない方がいいです。見たい人だけ「続き」をクリック。

続きを読む: チョウバエ退治

2009年3月20日

TOKYOBAY 微速度撮影テスト

日没から夜にかけてとか、微速度撮影するときどうやればいいんだろうと、ちょっとテストしてみた。
本来、微速度撮影をする際は、露出を固定せねばならない。
しかし、日中の露出に合わせて固定してしまうと、日没後は真っ暗にならね?と思って、カメラにはっついて露出をチマチマといじりながら撮影してみたんだけど、やっぱり固定した方がいいねって結果に。

3秒インターバルで699フレーム。30分かそこら粘るだけで撮れました。もっと感動的な日没とか抑えたいとは思いつつ、またしみじみと君津にレンズを向けるんだろうな。
カメラはD2x。1/125 f5.6 ISO100から1/3段刻みで露出調整をかけてみてる。
正直なところ、カメラ側で補正をかけるよりは、どアンダーになってもいいからひとまず撮ってしまって、あとでPremiereとかでプッシュした方がいい結果になると思った。
ので、次はそれやってみる。

2009年3月16日

Twitterのbotを作ってみた。ColdFusionで。

最近流行しているTwitter bot。便利な情報をいろいろ送信してくれたり、気がつくと「botじゃなくて人なんじゃないか」と思えるほど感情豊かなやつから、ポップコーンを運んできてくれるやつまでいろんなbotがひしめいてます。

まとめサイトにはそれはそれはたくさんのbotが紹介されていて、おっと、こいつはフォロってもいいんじゃないのと思えるナイスなbotも見つかるかと思います。

と、ここまできたらなんかbotを作って見たくなるわけ。
アレをこーしてムフフ。とか思ってしまうわけ。
で、作ってみた。

twitter APIについては、以前ioBridge関係でやったことがあるので、今回は別のAPIから得たデータをtwitterでお返しするようなタイプのbotにしてみようと思った。

たまたま会社の友人がメチャクチャなタイプミスでメッセージを送ってきていて、それに対してGoogleで検索した結果の件数をレスした時に「あ。これ、botにしよ」と思い立った。
twitterでbotに話しかけた言葉をキーワードにして、Google検索をかけ、その結果の件数を教えてくれるだけの、何の役に立つかもわからないbotを1時間ぐらいで作ってみた。
もちろん、ColdFusionで。

まだデバグ中なので、ソース解説は次回にさせて下さい。

ひとまず、使い方を。
http://twitter.com/googbot
こいつをまずフォローして下さい。

少ししたらフォロー返します。
次に「@googbot ほげほげ」と検索ワードをgoogbot宛に投げて下さい。
少ししたら何件ヒットしたか、件数だけ答えます。

フォロー返しは手動でやってるので、返すのが遅くなるかも。
あと、大人数に対応してないので、混み合ってきたらレスが返らなくなることがあるかも。

ということで、他人のタイプミスをいやらしく指摘してあげたい人など、是非ご活用下さい。

2009年3月11日

リテイク無制限!履歴書用の写真を自分で撮影してみた

最近の履歴書は手書きではなくてメールで添付して送ることも多いせいか、デジタルデータとして履歴書用の写真を持っておくのもいいみたいだ。

ということで、最新の履歴書用写真を撮りに行こう...と思ったところで

「デジタルにするには、結局スキャンとかしないといけないから、面倒じゃね?」

「スキャナ用意するか、複製写真みたいなことするのって、面倒じゃね?」

「幸い機材が家にあるんだから、使ってもよくね?」

そう思ったので、やってみることにした。
僕はカメラマンとしてこの世に存在していることもあるけど、本分は風景。ポートレートに関してはコマフォトとか見てライティングをちょっとかじった程度なので、正しいやり方かどうかは知らん。そこんとこよろしく。

続きを読む: リテイク無制限!履歴書用の写真を自分で撮影してみた

2009年3月 9日

リストラの件、たくさんのコメントメッセージありがとうございました。

先日のリストラエントリ。僕としてはかなりやっちゃった感があったんですが、皆さんからいただいた暖かいコメントやメッセージにとても元気づけられました。

中には一緒に働かないかと声をかけてくれたり、いろいろな会社を紹介してくれたりする方もいらっしゃって、本当に非常に助かりました。
今もコツコツ転職活動中ではありますが、ことごとく書類選考で落ちたり、フリーランスになったときのためにいろんな方にお会いしたりしています。

これからもお付き合いのほど、よろしくお願いします。
本当にありがとうございました。

室温をTwitterにポストする、Temp Loggerを作った

アメリカでβテスト中の、ホームオートメーションデバイス"ioBridge"を使って、自宅の室温をログってみたよ。

仕組みを説明する前に、ioBridgeって何なのかを軽く説明してみようと思う。

ioBridgeは4つの入出力ポートを持っていて、それぞれのポートにインターネット上からアクセスできるデバイス。
これを使って何をやるかは人次第なのだけど、たとえば、センサーの入力をメールで配信したり、逆にネットからの入力をポートを介して出力することもできる。

すでに、ioBridgeを使っていろんなガジェットをつくってる人がいる。

たとえばこんなやつ。

iPhoneから犬の餌やりができるという。

iPhoneで表示されているのは、ioBridgeを購入することでアクセスできる管理画面で、ここで各ポートに信号を送ったりできる。
もちろん、APIを介して自分で作ったアプリからアクセスすることもできる。

ioBridgeの仕組みは、まず、デバイスがLANを介してインターネットに接続し、ioBridgeの中継サーバーとセッションを張る。
管理画面はその中継サーバー内にあり、変更された値はサーバー内にPOSTされて、ioBridgeはそれをGETする...といったかんじ。
なので、外部から家のネットワークに入る必要がない。環境を選ばない点は非常にすばらしい。

ただし、タイムラグが若干発生するし、ベータテストなせいか、サーバー自体がレスポンスを返さないことすらある。

とりあえず僕は「家電にTwitterさせる」のが目的だったので、ioBridgeに接続した何らかのセンサーの値を、Tweetさせてみようと思い立った。
購入時に専用に設計された温度センサを一緒に買っておいたのだ。

ioBridgeのSTOREにいけば、ioBridge本体やそれに接続できるテスト用のボード、延長コードなど様々なオプションを購入できる。
まぁ正直なところ、テスト用のボードとシリアル変換ボード、サーボコントローラーぐらいがあれば、あとは自作できるので問題ないと思う。

前置きが長くなった。道具は揃ったので早速室温をTweetするデバイスを作ってみようと思う。

続きを読む: 室温をTwitterにポストする、Temp Loggerを作った

2009年3月 3日

リストラ対象になりました。現在求職中です。

ここ最近Blogの更新が滞っていたのは、表題の通りリストラ対象になってしまい、転職活動をしたり残務を処理していたりしたせいであります。
本来ならこの場では「転職しました or 転職します」って報告をする予定だったんですが、入社するはずの会社から採用を見送るメールが届いてしまい、結局今のところ転職先が決まらないという絶体絶命なピンチに陥ってしまいました。
※この辺の話は大人の事情で書くことはできません

というこで、退職1ヶ月を切って転職活動をやり直さなければならず、ここで一つ、お仕事募集のお知らせを挟ませてください。

主に得意とする分野は、Flash、Movable Type系の開発、制作および、それにまつわる変態的プロジェクトの数々です。
主な使用言語はActionScriptとColdFusion。PHPやPerlも一応使うことはできます。
現在、FlashとGainerやioBridgeを使ったフィジカルコンピューティング分野に足を突っ込んでいます。

たとえば抽出をTwitterでお知らせするコーヒーメーカーを作ってくれ(リンク先はmixiの中の人作)とか、部屋の温度をTwitterでお知らせするデバイスを作ってくれとか、部長が席に着いたらこっそりメールしてくれるサービスを作ってくれとか、公団住宅の空きを知らせてくれとか、彼氏が既婚者かどうか調べてくれとか、そういうのもできます。
あと、資産設計の伝道師である内藤忍氏のBlogの運営をサポートしています。

記事のライティングや写真撮影もできます。

元々は大阪の教育ソフト会社でDirectorを使っていました。なのでLingoも使えます。
WEBディレクションに必要とされる幅広い知識を有しているのも特徴です。
何でもやりたがりですから、雑学的な分野では他の人を寄せ付けません。だからといって引かれることもありません。

こんな私に興味がおありの読者の方、マイミクの方、レジュメを送りますので一声おかけください。
どんなやつなんだろう、会ってみたいなってのでも結構です。私もこの機会に、たくさんの方とお会いしたいです。

社員としてはとれないけど、外注先として...でもOKです。

健康状態は至って良好です。趣味はフリークライミングと自転車と水泳とランニングと、筋肉疲労の効果的回復の研究です。

ご興味がおありの方は、
Shingo.Okamoto@gmail.com
までご一報下さい。

よろしくお願いします。

はてな界隈でUR祭なようなので、マニアな俺がさらに補足してみる

UR賃貸住宅は抽選ではなく先着で、最強であることを惜しみなく紹介する
UR賃貸住宅の契約作戦を自重しないで補足しちゃうよ

を読んでみて、皆さんうまくまとめていらっしゃるなと思いつつ、URマニアからさらに補足してみる。

URは旧公団住宅なので、公団って言った方がわかる人もいるかも知れない。
まあいわば国営の住宅みたいなもの。
URがもてはやされている理由としては、まず、契約に際して保証人がいらないこと。審査が簡便なこと。住宅のクオリティが高いことの3点が挙げられる。

保証人がいらないから、その筋の人とかいろんな人が住んでたりもする。俺の住んでる団地には会社の転売をやってるドイツ人がいる。でもなんかトラブルになったとかはない。
審査は恐ろしく簡便。収入を証明できる書類さえあればOK。収入がない人は基準貯蓄額を証明できる書類を用意したりする必要がある。
んで、住宅のクオリティ。新築になればなるほどクオリティが高くなってる。もちろん、古い住宅でもそれなりにリフォームがされているので、予算と築年数に合わせてチョイスできるよ。
著名建築家が手がけた住宅もチラホラあります。
大阪の南船場では安藤忠雄が。
東京の東雲では山本理顕、伊東豊雄、隈研吾、元倉眞琴、山本圭介、堀啓二

これらは上記Blogにも書かれてあることなのでここで詳しくは書かない。
ここでは、さらに突っ込んだURならではの特徴を紹介したい。

1:敷金が分割払いできる。
URは礼金や仲介手数料がいらない代わりに、敷金が3ヶ月分かかる。一般的な不動産屋さんで契約する場合と比べて初期費用は少ないのだけども、この3ヶ月分をさらに3回に分けて支払うことができてしまう。
1年ごとに1ヶ月分を支払っていくのだ。計3回。
対象住宅が決まっているけれど、引っ越し費用を圧縮したい人には非常にうれしい制度でもある。

2:原状回復不要なリフォームプランが存在する
これは住んでみてから知ったのだけど、たとえば3DKの間取りで壁を取り払って2LDKにしてしまうとか言う驚愕のプランも存在する
季刊のURの広報誌にプランの紹介があるので、住んでる人は一度チェックしてみるといい。ライトなプランだとカメラ付きインターホンにするってやつだった。

3:合い鍵は管理者ですら持っていない
これは団地によるのかも知れない。URは入居時に鍵を全部渡してくれる。このため、管理者であっても合い鍵を持っていないのだ。
あと、鍵の交換もOK。合い鍵を預けたり許可もらったりする必要もなかった。
部屋に強制的に入らなければならないとき、ドアをぶちこわしたりするそうだ。ホントかな。

あと、予約に際しての補足。これは俺の経験上の話なのだけど、ネットに出てる物件は窓口の残り物ではないって事がわかっている。
窓口には窓口の、ネットにはネットの物件が存在していた。
これは、ネットで確認しつつ窓口に出かけたことがあるので、間違いない。
また、SOHO対応などの特殊な部屋は窓口でしか受け付けてもらえない。

オンラインで情報が更新されるのは、09:30、12:00、15:00、18:00を基本として、たまーに0時過ぎに情報が更新されたこともあった。
人気の住宅に関しては、空きが出ても1分ぐらいで予約されてしまうので、フォームに自動入力するプラグインとかで勝負しないとまずとれない。

窓口では、日月は割と部屋が少なく、火水木に物件が多く出る傾向にあるようだ。朝から窓口に行って、ちょっと並べば目的の部屋をささっと検索かけてくれる。

次にペット共生住宅について。
URは基本的にはペット禁止。全国にほんの少しだけペット可の住宅もあることはあるけど、競争率はメチャクチャ高い。
ナイショでペット飼ってしまうと、最悪の場合強制退去になることもあるから、やる気のある人は覚悟しとけ。
※ペットが住めないのがわかってるので、ペット嫌いの人が必然的に多くいる。鳴き声一発で即通報なんて当たり前。

そして家賃について。
URは安いというのは都市伝説。家賃は周辺の相場に合わせて常に調整されている。家賃には募集家賃と継続家賃があって、それぞれ周辺相場に合わせて調整されることになってはいるけど、昨今の不況の影響もあって、継続家賃の調整については現在の所見送りすることになっている。
うちの団地は新築で募集していた頃に比べて、15%ぐらい値上がりしていた。
家賃は安くないけど、支払ってもあまりあるメリット、それこそがUR最強の理由でもある。

最後に、ネットでの空き情報をいち早くメールするサービスが存在している。
一つはURの情報サイト(有料)で、もう一つがうちのサービス(無料)。設定に時間がかかるばかりか今は忙しすぎてちょっとさらに時間がかかるけど、ネットでの部屋の空き状況をチェックしたい人は是非申し込んでみて下さい。

詳細はこちら。
UR賃貸の空き情報をメールで配信するサービスのテストユーザー募集

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。