« mixiコミュニティ管理で注意すべき10の事項 | ホーム | セグウェイの件で日本SGIに怒られた »

2008年12月10日

iPhoneの機内モードは、日本でも有効なのか

iPhoneに搭載されている「機内モード」。iPhoneからでる電波をすべて切ることができるので、電話のないiPhone(要する時iPod touch相当)にすることができる。
アメリカでは当たり前のように使われていると思われるこの機能、日本ではどうなのだろう。

簡単にググったらすでに航空会社に問い合わせしている人もいるようで、結果は「使ってOK」とのこと。

しかし、乗務員や飛行機会社によっても解釈は異なるし、見かけ上は携帯電話そのものなので誤解を招くこともあるだろうから、聞かれても「機内モードだよ!」とヲタ切れしないようにしよう。

先日、北九州→羽田(ANAコードシェアのSFJ便)の機内で機内モードにしたiPhoneで映画を見ていたところ、それを見たCAの方が
「お客様、iPhoneをお使いですか?」
と声をかけてきた。

僕は画面に表示された飛行機マークを指さして示すと「あ、結構です。ご協力ありがとうございます。」と何でもない反応。
どうやらiPhoneの機内モードについては各社それなりに浸透しているようだ。

ただし、機内モードとはいえ、飛行機内では使えない時間帯が存在することを念頭に、以下のことに気を付けて利用したい。

1:地上滞在中および離着陸時はすべての電子機器類の使用が禁止されているため、機内モードのiPhoneであっても使うことはできない

2:安定飛行中(シートベルトサインが消えるか、電子機器の使用OKの放送があって以後)、機内モードでの利用は可能だが、もちろん通常の電波を発するモードに切り替えてはいけない

3:つまり、搭乗前にあらかじめ機内モードに設定しておかないと、安定飛行に入って電源を入れたとたんに、法に触れることになる

飛行機に乗る前には必ず機内モードに設定の上、電源を切って搭乗する。これ。鉄則。

普通の携帯は機内でカメラとか使えないけど、iPhoneみたいな機内モードが普及したら、みんな空の写真を気軽に撮れていいのになっておもう。
ちなみに飛行機を降りたら携帯の電源を入れるわけだけど、iPhoneの場合は機内モードを解除するのをお忘れなく。

僕はそれで、半日連絡を絶ったことがある。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://okamot.com/mt/hage-tb.cgi/1847

いろいろ日記 - iPhone 機内 (2010年6月11日 11:14)

iPhoneには「機内モード」というものがあり、それであれば電波を発しないので、ANAなどは安定飛行中に使用可能のようです。 【参考】 iPhone を機... 続きを読む

コメント(2)

福岡~羽田のスカイマークを利用しました。
機内でiPhoneを使用していたところ客室乗務員に声をかけられました。
「お客様iPhoneをご利用ですか?」
「あ、機内モードで使用しています」
「スカイマークでは乗務員から見て機内モードでご利用いただいているかどうか判断できませんので、他の携帯電話と同様電源をお切りいただいております」
「あ、そうなんですか。スイマセンでした」
と紳士的に対応し(?)電源を落としたのですが、iPhoneをあてにして文庫本一冊持っていなかったので退屈で退屈で…
往路はJALを利用したのですが、なんにも言われませんでした。やはり航空会社、あるいは客室乗務員により対応はまちまちなのかもしれません。

僕は機内でパソコンを広げたんだけど、wifiのハードウェアスイッチをオフで。でもこれ客室乗務員さん確認しなくていいのかなぁと思いつつ使ってましたが、何も言われなかったよ。

知らないで無線ラン出しっぱなしでパソコン使ってる人も多いんだろうとおもうけど、危険じゃないのか?
と心配になりました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、はげが2008年12月10日 16:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「mixiコミュニティ管理で注意すべき10の事項」です。

次のブログ記事は「セグウェイの件で日本SGIに怒られた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。