2008年11月アーカイブ

2008年11月30日

御岳ボルダリング

小川山の惨敗を受けて、外岩特訓を兼ねて御岳へ。
御岳は岩質がチャートなので、小川山の花崗岩に比べると手に優しい反面、フリクションがないので滑ってしまうのが難点。

とりあえず今回は、10級から4級まで、様々な課題に取り組める「デラシネボルダー」を目指して行ったのだけど、なぜか通り過ぎてしまって御岳小橋エリアまで到達してしまい、仕方なくその周辺でウォームアップ。

ビデオで撮ったのはF岩というやつ。これ以外にすべり台岩というのも触った。

F岩は簡単な課題が多い岩だけど、折からの雨や霜でかなりしめってて危険だった。
乾いている程度のいいホールドを選びながらの登り。

まずは10級

スラブ。

もういっこ10級

カンテ。

そして8級

滑るチャートに戸惑いながらのトライも、次第になれてきた。
奥でオーストラリア岩を触ってる人がいる。

増水の影響もあって触れる課題がなくなってきたので、オーストラリア岩をやろうとするもランディングが悪く、すべり台岩へ。
6級を登ってみたら登れた。

お昼も過ぎていたので満を持してのデラシネ。
川の水を汲んでラーメンを作ったりして、キャンプ気分を満喫しながらのトライ。

10級

上部のホールドが水たまりになっていたりして、条件が悪い。

8級

クラックっぽいところを攻める。
10級よりカンタンに見えるけど、ホールドが小さく少なく、何回やっても違うホールドを触ってしまったりしてる。で、撮影の時も十分迷った。

6級ハング

初めてのハング系。
知らなかったのだけど一緒に登っていた人がスポット(墜落時にマットに誘導する人)をやってくれていた。ストイックな彼はそれとなくマットを貸してくれたりと、とてもいい人だった。
割といいホールドを持てるので、ヒールを決めたら後は乗り込むだけ。

4級ハング→4級トラバース→8級

6級よりカンタンに見えるけど、ホールドは小さめで取りにくく、リーチがない人はどうやって登るんだろうという課題。
6級同様、ヒールを決めたら何とかして乗り込む。
挑戦中「ここにホールドがあったらいいな」と思って飛びついたところに、運良くホールドがあるのを見つけて、落ちるの覚悟でやってみるものだと思った課題。

ビデオのバッテリーが残り数分だったので、そのまま4級のトラバースへ。
かかりの悪いフットホールドを最大限に効かせるべく、クラック内のホールドを探っては持っての繰り返し。
トラバースを終えたら好きな課題で岩の上につなげると楽しい。

もちろん、ビデオ前には必死のトライがたくさんあったのだけど、ここにはない10級スラブや7級、5級の課題など、まだ登れていないものもあるので、これは次回に持ち越し。
全部やれるようになったら、一気にデラシネ全課題を連続してやってみたい。

一通り終えたのでコーヒーを沸かして飲んでいたら、集団の人がやってきたのでデラシネを後に。
前回楽しませてもらった発電所エリアの岩で軽く体をほぐして終了。
4級がやれたのは自信につながった。

次は大分の八面山、そしてシーズンオフの小川山リベンジへと向かう予定。

2008年11月24日

外岩デビュー2 〜小川山惨敗〜

前回の御岳で味をしめた外岩。その勢いを借りて、ついに「日本のヨセミテ」として知られるクライミングの聖地、小川山へ行くことに。
ロープまだ持ってないのでボルダリングだけでもと。

土曜日はいつものようにジム通いで、かるーくやりますかねーと思っていたら、トップロープのルートが変わっていたりして、オンサイトトライー!とかなってしまって結局体力を使ってしまった。

しかも先週はデイリーポータルの安藤さんと横浜のジムに行ったりもしたので、体力的に充実した週でもあったので、果たしてちゃんと登れるか心配になりながら22時出発。

ガソリンを入れるために近所のスタンドに寄ったら、そのままディズニー帰りの車の波にもまれてしまって、渋滞を避けて浦安ICから乗ったのは1時間後の23時。間に合うんですかこれ。

続きを読む: 外岩デビュー2 〜小川山惨敗〜

2008年11月17日

外岩デビュー

フリークライミングを始めて半年。
ジムでは6〜7級のボルダリングや5.10aのトップロープをいじくるようになってきたので、そろそろ外もいっとく?と思い立ち、昼前から御嶽へ。

車で神田を経由し、必要な物を買い込んで首都高→中央道→八王子ICから延々北へ。
渋滞とかいろいろに巻き込まれつつ、15時ぐらいに岩場着。みんな帰り始める時間じゃないのかこれ。
あらかじめ岩場のガイドブック的な役目を担う「トポ」を購入してあったので、それを見ながら初心者でも登りやすい近くの岩はないかなーと思っていたら「発電所エリア」なるところによさそうな岩を発見。

トポは手書きの岩のスケッチに矢印で登っていく方向が描かれているだけ。
あとは各々好きなようにのぼりんさい。ってことらしい。グレードも書かれているので、自分の実力にあわせた課題を選んで取り付いていく。

「忍者返しの岩」と呼ばれる超人気物件は、たくさんの人が集まってあーでもないこーでもないと、議論しながら課題に挑戦していく「セッション」と呼ばれるスタイルが取られるが、僕が登るような人少ないところは黙々と、ストイックに攻めるのが通常のようだ。
三脚を立ててビデオを撮りながら、いろんな課題にチャレンジしてみた。その記録を続きに。

続きを読む: 外岩デビュー

2008年11月14日

Adobe TLPへ移行するときの注意点、メリットまとめ

Adobeのライセンス制度である、Adobe Open Options 4.5 Licensing Program のTLPへ移行するべく、オンラインやリアル店舗で見積もりを取ったりして、気がついた注意点をいくつか挙げたいと思います。

TLP移行を行おうとしてる方は「ひょっとしたら安く済むんじゃね?」という甘い考えを、ことごとく打ち砕かれる悲しい結果になっていますので、是非ご一読ください。

続きを読む: Adobe TLPへ移行するときの注意点、メリットまとめ

2008年11月13日

投稿した記事の関連記事を表示するタグ&カテゴリ対応のMTモジュールを書いた

一般的なニュースサイトのように、特定の記事に関連したいくつかの記事を表示できればいいなって思っていて、最初はプラグインを見つけてきて改造しようとしてたんですけど、どうやらMTタグで作れてしまうと言うことなので作ってみた。

タグだけとか、カテゴリだけってのは今回も参考にしたサイトで紹介されていたのだけど、たとえば、タグがついてないエントリがあるBlogはどうすんの(長くやってる人とかそうだよね)と思ったときに、タグがないときはカテゴリから関連記事を取ってくればいいかなと。たとえば10件出したいとして、タグだけでは10件に満たなかったら、カテゴリから引っ張ってきて補完すればいいかなと。

そんな想いで作ってみたけど、予想以上に大がかりな物になってしまった。

コメントはmt:Ignoreで挟んであります。
こいつはまず、タグをOR検索かけて、関連記事を取得し、それを列挙していきます。
関連記事の件数が、指定した件数に達していないときは、カテゴリ検索をかけて、それを列挙していきます。
それぞれの動作フローはほぼ一緒なんですが、タグ、カテゴリそれぞれに自分自身が検索結果に入ってしまうのを排除するフラグを立ててます。
んで、タグ検索後のカテゴリ検索で、タグ検索で列挙した記事が重複しないようにするための配列も用意されています。

このため、タグとカテゴリで同じ記事がある場合、それが排除されるため、指示した件数よりも少ない件数で表示されてしまう「仕様」でもあります。
タグ=カテゴリといった動作をさせているBlogでは、前半のタグ部分だけの実装で済むと思うし、そもそも1個目のエントリから全部タグ付けしてるなら、こんな冗長なモジュールを入れる必要もないです。

ポイントとしては初めのタグ検索で列挙するところに
<mt:setVar name="entryIDList" key="$entryid" value="1">
として、エントリIDをKEYとしたハッシュを生成しているところ。
これをあとのカテゴリのところで
<mt:unless name="entryIDList{$entryid}">
として利用してます。エントリIDをキーとしてハッシュから値を取り出し、もし、IDがあれば1が、なければ空文字列が返るので、unless使って条件分岐させてます。

それ以外の部分は参考サイトをみて、あとは適当に動くように改造しました。

もうちょっとシンプルにかけるかなとか思いつつ、とりあえずこれで実装して動かしてます。
重いのなんの。プラグイン書けよって感じ。

参考:WingMemo:エントリーアーカイブに関連する記事一覧を表示する

2008年11月11日

Adobe CS4 をとにかく安く買いたい!そんな人のための購入プランを考えてみた。

本日11/11よりAdobe CS4日本語版の予約が開始されました。発売は12/19です。開発期間が短かったこともあり、劇的な機能追加はみられない(と言いたい)のですが、やはり制作者としては環境を最新にしておきたいという気持ちもあります。

しかしながらアップグレード代はなかなか高額で、おいそれと出せるようなものでもないです。計画的に毎月「税金」を積み立てていた人などでなければ、「さて、どうやってお金を作るかな」と思い始めていることだと思います。

私自身、MacProとCS3 MasterCollectionを同時買い(しかもこれまでのWindowsライセンスをそのままに、Mac版を新規買い)した経緯もあり、毎月ローンを支払っているわけであります。
ダブルローンでますます生活が苦しくなるかも知れない中、どうせならできるだけ安く買いたいよねという想いから、いろいろな購入プランを考えてまとめてみました。

皆様のアップグレードの一助となれば。

続きを読む: Adobe CS4 をとにかく安く買いたい!そんな人のための購入プランを考えてみた。

2008年11月 8日

H&Mで買い物したらハンガーくれた

DSC_1936

今日はH&M原宿のオープン日。
寝坊して昼からジムに行って、5.10aにはじき返されたりして、夕暮れあたりから表参道を経由して原宿へ。
狙いはCOMME des GARCONSとのコラボモデル。
ギャルソンって高いしぃ。H&Mなら安く買えるかなーって。

黒いシャツとセーターを買いました。黒ばっかりですが。

んで、レジに行ったら店員さんが「ハンガーはご利用になりますか?」って聞いてくるんです。
レジでハンガーは取っ払われるのが常識と思ってたので意外だと思いながらも「はい」と即答。
んで、ハンガーも一緒に持って帰れました。

コラボモデルのハンガーはH&Mとギャルソンのダブルネーム仕様。持っててちょっぴり嬉しいかもしれない。というか、やっぱりシャツとかを掛けるハンガーってどうしても少なくなりがちなので、もらえるのは嬉しいなと。
またかいにいこ。

オープン日なので数時間の行列を覚悟していったんですが、18時で行列はあるものの、5分も待たずに入店。レジ待ちも数分程度でした。相変わらず試着は並んでますが。
地下1,地上3の4フロア構成で、メンズは地下に。レディースが1,2,3。フロアごとの性格付けもされているのだけど、銀座と違うのは年齢層。上に上がるごとに若くなっていきます。3階はモロ10代仕様。

ギャルソンは2Fに。メンズフロアにはメンズのギャルソンモデルが置かれてます。ハンガーやタグが違うのでそれを目印に探すといいかと。
アクセサリ関係はユニセックスになってるものもあったり、あと、銀座店で売っている商品もチラホラ見えました。

ギャルソンコラボモデルは銀座店でも取り扱いがあるという話なので、ギャルソンが目的の人は銀座に行くのもいいかもしれないです。

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。