2006年7月アーカイブ

2006年7月28日

今更ながらだけど

PEPSI NEXを飲んだのだけど、ぜんぜん「ツキヌケ」なかった。
炭酸はカキーンと効くので、これが「ツキヌケ」なんだろうな。カキーンときた炭酸が次の瞬間に「フッ」と消える。その後でほのかな甘みが残る。
この辺はミスター味っ子な感じで攻められる。
「な…なんや、炭酸の刺激が一瞬で消えたで!そ、それになんや、この後から来る甘みは…!」
(口の中が徐々に黄金色に輝き始める)
「うわぁ!!!」

でもこの甘みは人工甘味料だから、こう、甘いのは甘いんだけど、自然な感じがしねーんだよ。って感じ。

レモンツイストの方が好きだ。

2006年7月27日

Americas Got Talent

すっごいわ。
審査員の前後の態度の違いもすごい。
なんとなくジョンベネちゃんを思い出してしまった。

迫力はこっちの方がすごいわけだけど。

2006年7月26日

東京不動産事情

べ、別に2ちゃんで「Blog再開したらマネックスのネックストラップをあげる」といわれたからこれを書いたわけじゃないからねっ!
たまたまヒマだっただけなんだからっ!
(ツンデレ)

住むところはたぶん浦安あたりになりそうである。理由は嫁さん側の親戚がおおいって事なのだけど、新しい職場が半蔵門にあるので、僕としてはできるだけ近くで、かつ、海があるところにしたかった。
なので、最初は「品川シーサイドにしようぜー」と調子乗っていたのだが、さすがは品川区。すんごい高かった。

でまぁ、浦安に落ち着くところである。

浦安っても広いのだけど、僕の選び方がなんか気に入られていない様子。
「新浦安?ダメダメ。だってGoogle Earthで高解像度写真が無いんだもん。」
とかこんな調子。
浦安の海はTOKYOBAYの野寺さんがいつも撮影しているところなので、僕はある種の憧れをもっているので、それはいっこうにかまわないのだ。
しかし浦安の海は著作権にまみれたアメリカの企業のライセンスが渦巻いているオリエンタルなランドがある。
風情もへったくれもあったもんじゃない。

ということで浦安から範囲を少し広げてみた。

西側に葛西。北側に行徳。

mixiで大先生に「昔、妙典というところに住んでいて…」という話をしてもらったときに、印象に残っていた行徳という地名。
「高解像度写真もあるし文句ないねー。できれば旧江戸川沿いがいい。」とか思っていたりしたら、こんな事件があった。

行徳ってガラ悪いのかしら。

江戸川区葛西は割と人気なところらしい。しかし「ヤンママとインド人がいっぱいいる」との情報もある。
葛西といえば葛西臨海公園である。ここはスポーツカイトがとても盛んなところなのである。

浦安周辺の物件には「ディスニーランドまで徒歩○分」とか書いてあるところもある。大阪では考えられないな。
USJのまわりは倉庫ばかりで人住んでないもん。

ある程度の物件に目星をつけて、不動産屋にメールで問い合わせ。郵送や電話やメールやFAXで物件の詳細を教えてもらう。
ここでの対応で訪問するお店を選ぶ。

不動産業界はまだまだIT化(古い言葉だが)が進んでいないのか、メールの書き方がすごい不自然だったりする。
バリバリに新しいシステムを入れても、人がついてきてなかったり。

たとえば1件目に返信をくれたところは、どうやらコンピューターを使って顧客管理をやってるみたいで、メールのテンプレートに名前を物件の地域名を流し込んでしまうような方法をとっていた。
おかげで文章に「人」が感じられない。これではまったくダメである。

2件目に返信をくれたところは、どういうわけか長文なのに改行がひとつもなかった。読みにくかった。

3件目はメールのやりとりになれている人なのか、やっとまともなメールが来た。

こんな調子である。

メールからうける印象ってのは、人それぞれ違うものだと思う。だから、僕が「いいひと」と思うメールでも、違う人が見たら「いくないひと」と思うこともあるかもしれない。
しかし、一般的に好印象をうける文章ってのはだいだいわかっているわけで、そのあたりキチッとしてたら、もっとお客さん増えるだろうなーとか思った。

それ以外にもたくさんメールをいただいた。

その中で我が家では「大杉!さん」と呼ばれている人のメールが印象的だった。
このメールは句点のかわりに「!」が使われている。しかし、置換処理ではない。強調したい部分がちょっと多いような感じのメールである。
きっとこの人は掲示板とかに書き込むときも「!」が多いんだろうな。
あまりに「!」が多いので、敬意を表して名前の後ろに「!」をつけて呼んでいる。ちなみに彼が登録したと思われる物件情報のページも「!」で溢れている。

このキャラクターが強烈で、訪問予定店舗リストの1番に入った。
それ以外に今はもう1件リストに入っている。FAXや電話のやりとりがとても丁寧で印象がよかった、ソフトバンク系列のお店だ。実は巨乳だと噂される上戸彩がCMしてるところ。

関西から関東へ引っ越しするとき、一番変わるところといえば「更新」や「礼金」だろう。関西はそんなもんはない。明朗会計だ。
ただ、個人的にはそういうのがないと関東の大家さんはやっていけないのかもしれない。
物件によっては更新事務手数料とかいって1万~家賃の半分とるところもある。これも常識なんだろうか。

で、うちからは車とバイクを持ち込むのだけど、車は駐車場の有無を確認するだけでいいのだけど、バイクがちょっと困ったことに。
「バイク専用置き場」が無いところは自転車置き場におくことになるのだけど、これがけっこういっぱいいっぱいなのだそうだ。
問い合わせで「1000ccなんですけど」っていえば「1000ccですか!」ってびっくりされる。絶対ハーレーだと思ってるな。この人。
400ccとかに間違われるぐらい小さい(セカンドバイクの230ccのバイクの方が大きい)バイクなのだけど、まぁそれはいいとしてだ。
関東でマンションとかに住んでる人はバイクどうしてるんだろう。ちょっと気になる。

そんな中、浦安市内で一戸建てで12万の物件が紹介される。駐車場もある。バイクもたぶん置ける。
旧江戸川に近く、割と静かそうなところだ。
バルコニーが小さいのが気がかりだけど、この安さは魅力的だ。と詳細を見てみたら「退去時にハウスクリーニング(当社指定業者)をすること」とある。
なにこのケチさ。
「給湯器こわれちゃいましたー」って連絡しても「我慢してください」とかいわれそうで嫌だな。

でもいいな…

8月中に物件を決めて、引っ越ししなければなりません。
もちろん、それ以外にもやることが山積みで、ホントはBlogなんて書いてるヒマないんだからっ!
(ツンデレ)

2006年7月12日

転職

転職することになりました。
9月から東京の某社にて仕事します。引っ越しです。えらいこっちゃです。

カミナリのやつは大阪に残していけるよう、なんとかします。

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。