2003年6月アーカイブ

2003年6月30日

掃除機バトル

掃除機を買い換えることになったんですが、これで嫁さんと揉めに揉めています。俺は掃除機と言われたらdysonしか頭にないわけで、嫁さんは紙パック式しか掃除機として認めない!と言うわけです。(言ってないかもしれませんが)
今はやりの紙パックがいらない、サイクロン式ってやつの中でも最強と言われるのがdysonなわけなんですが、難点はでかい。とにかくでかい。縦置きできないのでスペースをとりまくるわけです。まぁ、ものは英国からやってきているわけですから、家庭事情も全然違います。しかし、排気が部屋の空気よりもきれいという謳い文句(ホントかどうかは知りません)にクラクラ来ます。

紙パック式は俺の中ではどうしても古くさいイメージがあって(捨てるときにゴミと相対しなくていいって利点は認めます)、どうも好きになれないのです。もし、dysonが紙パック式よりも劣るのなら、まよわず紙パック式を選ぶでしょう。しかし、dysonは紙パック式に勝るとも劣らない性能を誇っています。

さぁ、どっちに軍配が上がるんでしょうか。dyson勝手に買って帰ろうかとか思ってるんですけどね。

さて、週末〆だったサイトが一応公開されました。
バレエスクールのサイトです。バレエスクールって黒背景がなぜか多いんですが、差別化を図るつもりで、白背景にして整理整頓されたすっきりサイトにしてみました。制作日数は正味3~4日ってところでしょうか。(スキャンなどの下準備はのぞく)
よかったら覗いてみてください。

参考サイト
dyson:http://www.dyson.co.jp/
岡本バレエスクール:http://www.okamoto-ballet.com/

2003年6月28日

〆なのに

6月29日にある新サイトを立ち上げるんですが、まだ作業中です。間に合うんでしょうか…
こういう突貫工事系は大得意なんですが。

さて、ひとつ発見があったので書いておきます。
マネックス証券のサイトなんですが、メンテナンス中はトップページから差し替えられて、肝心の会社の情報(口座数など)すら見られない状態だったんです。
いつからかはわからないんですが、最近はログインを弾くように設定されたようです。
実は今までのメンテ中でもマネックスのサイトを見ることができました。裏技があったんです。マネのサイトを構築した人ならわかると思います。URLの後ろにある文字列を入れて[ENTER]をポン。ログインこそできませんでしたが、これで口座情報などをよく参照しました。
.htaccessとかでごにょごにょごにょごにょ…(自粛)

そしてもう一つ。サイト作成にDreamweaverってソフトを使っているんですが、これのテンプレート機能やライブラリ機能を俺は多用するんです。恐ろしいほどに多用します。最近はこれをPHPに置き換えたりしているんですが、このDreamweaverの最新版で文字コードEUCにてテンプレートをつくってサイトを作っていく際に、テンプレート内の文字列を変更して反映させたら、HTML内の文字列が文字化けを起こしてしまうというバグを抱えていました。
バージョン6.1で直ったというリリースがあるのに、一向に直っていないようです。当サイトで文字化けがみつかったら、それはこのバグのせいだと思われます。バグじゃなきゃ誤字なんですが、俺は誤字が多いですね。特に変換ミス。かっこわるいです。

PCでの文字入力は修正が効きますが、かつてのタイプライター時代はミスタイプすれば即アウトだったそうです。当然、ミスタイプはとても恥ずかしい行為だったとかで、ビジネス文書ではそれはそれは気を遣ったんだそうです。
俺の知り合いにこのタイプライター使いがいるんですが(今はpc使ってます)そのタイピングの美しさはすばらしいものがあります。

さー、休憩終わり!

2003年6月27日

円安キタァァァァァァァァァ

塩漬けくらっていたドル買いのポジションを、無事利益が乗っている状態でクローズできました。3000円ぽっちしか儲からなかったけど、株の反落で評価益が激減している今では、貴重な利益です。

このまま持っていればもっとあがるのでは?売るときはいつもそんなことを考えるのですが、一旦利益を確定させて仕切り直しするのも大切かと思います。

今度は別の通貨を買ってみようかと、皮算用真っ最中です。(仕事しろ)

2003年6月26日

買ったよ

近所のドコモショップで在庫があるとのことなので、買ってきました。SH505iの黒。税込みで27000円ぐらいだったと思います。

早速持って帰って、仕事の合間にFlashをつくって読ませてみました。処理はさすがにPCに比べると重いです。でも大昔のFlash(Ver.2とか3とか)の感じに似ている気がします。
ベクトルデータなので、携帯側で勝手にサイズ変更してくれるので、従来の待ち受けみたいに画面サイズを気にしなくていいのがいいですね。
説明書読んでいないので、どんな機能があるかわからないですが、まぁなんとかなるでしょう。

さて、先日買った某オーディオショップからやってきたヘッドホン。その名もER4Sと言います。イヤホンです。KOSSのThe plugってやつに似ていますが、こっちの方が古かったと記憶しています。
高級オーディオマニアの間ではかなり有名なので、よかったら検索してみてください。神楽坂に足を運べる人は視聴も可能だそうです。
で、使った感じなんですが、耳栓+イヤホンって感じです。周りの音はほとんど聞こえません。なので、音量を絞って聞いてもいい感じです。
仕事場で使うと、電話が鳴っても気がつきません。人がやってきても気がつきません。ある意味危険な代物です。
飛行機や新幹線ではバッチリでしょうね。

2003年6月25日

DoCoMo 505i

買うかどうか悩んでいたんです。こう見えても一応Flash開発者ですから、FlashのためにCLIEを買ったりもしました。
昔のFlashを知る人はいったいどれだけいるのでしょうか。そしてその人たちは、Fashが今のように進化すると予測できたでしょうか。答えはNO。
タダのアニメーションソフトがDBと連携してWEBアプリケーションになっちゃうなんて想像もしませんでしたよ。ましてや、携帯デバイスに実装されるなんて夢にも思ってませんでしたよ。

CLIEのFlashはmp3が使えないと言う決定的な弱点がありました。しかも、NetFrontでは現在Flashが使用できません。
ぼやいている間にFlashが今度は携帯に進出です。試さないわけにはいかないじゃないですか。しかし、CLIEはPDAとして使えるのでまだいいとして、Flashを携帯で動かしたいがために505iに買い換えるのはどうかと。
12ヶ月未満なのでSH505iで33000円もします。
正直携帯のカメラなんて俺には不要。いつも鞄に入れているT3かRTSで代用できます。iShotだって、肝心の送る相手が対応した端末じゃないとダメですしね。
送る相手がいたらもう、飛ばしまくりですよ。あんな写真やこんな写真やきわどい写真までもボコボコ送ってドコモの株価が上がっちゃうぐらいにパケット代を払いますよきっと。

つまり、いいたいことはカメラ無しのFlash対応携帯を出してくれって事だったんです。「使いもしないカメラ機能に何万も出したくない、しかしFlashは試したい…」そんな葛藤がここしばらく続いていました。

そしてついに、昨日買いに行ってみたんです。そしたら、目当てのSH505iは全色品切れ。やってられません。
今日、ドコモショップに問い合わせてみますが、それでだめなら諦めます。底辺開発者にも愛の手を!頼むぞDoCoMo!

2003年6月24日

スカウトがありました!

株が爆下げしてますね。
なんか、もう、笑っちゃうぐらいに下げてます。

最近転職サイトから「スカウトがありました」メールが来るようになりました。
ところが、スカウトしてくる会社の詳細を見てみると…
WEBデザイナーという名の営業であったり、なぜか制御系プログラマであったりします。この辺はスカウトと言うよりもDMに近いものなんでしょうね。
社名で検索してみると悪評がたっぷりある会社だったりするので、DMを出さないと人が集まらないと言うのもなんだか頷けます。

働ける会社ってのは山ほどあるんだと思います。ただ、本当に働きたい会社が少なくて、かつ働ける会社となるとほとんどゼロになっちゃうのが悲しいですね。

AppleがPowerMac G5を発表しましたね。
アルミ製の筐体。従来の1/3の騒音(現在は電子レンジ並みの音です)。64bitプロセッサ。最大で8GBのメモリ。Serial ATA…などなどもりだくさん。新OSもでるみたいですね。また「130もの新機能が130ドルなんだから、ひとつの機能あたり1ドルだよ!」とか宣うんでしょうか。全部使えばの話でしょうが。大半の人はその2割ぐらいしか使わないよとここで突っ込んでおきます。
静粛性は大歓迎です。今のMacはうるさすぎます。リリースを見るとファンの数を増やしたけど、回転数を抑えることで静かにしたんだよと書いてあります。しかし、それをどうやって確認するんでしょうか?「You find YODOBASHI Camera!」なんて音楽が流れている売り場で静粛性なんて確認できません。思い切ってYAMAHAあたりの防音ブースに置いてくれませんかね。
または無響室での測定結果を信頼できる研究期間のサイン入りで見せるとか。
Dual路線を突き進んできたMacがここに来てまたハイエンドだけDualに戻しちゃいました。コストの関係とかそんなのがあるんでしょうか。

まぁ、Dual好きで今のMacでも(867Dual)でも全然元気なので、買い換える気は更々無いんですけどね。Dual2GHzが安くなったら買いに行きそうだけど。

静粛性といえば、神楽坂の某オーディオショップから遮音性に優れた某ヘッドホンを買いました。

参考リンク:
Apple PowerMac:http://www.apple.co.jp/powermac/
神楽坂の某オーディオショップ:http://www.aedio.co.jp/

2003年6月23日

ただいま

昨日の最終便で大阪に帰ってきました。
そしてそのまま死んだように寝ました。
21日はマネックス証券の株主総会に出席して、総会レポートの制作をしました。そのため、他の人たちとは別行動。知り合いの皆さんにはご迷惑をおかけしました。

作業場所を探すのに苦労して、結局千駄ヶ谷から渋谷までダラダラと歩いて、渋谷WINS近くのスターバックスからレポートを送信しました。
編集と修正で3時間ちょっと。17時ぐらいまで作業をして、そのままホテルには戻らずに散歩。
青学のちかくを通って青山通りに。そのまま御所まで歩いてえーと結局四谷ぐらいまで歩き倒しました。

そのまま地下鉄で山王に戻って、ホテルに入って阪神の快進撃を見て、仕事開始。
その日は朝飯しか食べていなかったので、22時頃にホテルのレストランでパスタとフレッシュグレープフルーツジュース(1000円!)をいただきました。ウマー
部屋に戻ったら、いつの間にか寝ていて、4時半頃の目が覚めたらPCがバッテリー切れの警告を出していたので、携帯と一緒に充電してあげました。

22日はホテルのレストランで朝食。これもまたウマー
たらふくいただいたら、歩いて六本木ヒルズへ。ポイントカードの会員になると展望台が20%OFFらしいので、会員になってから展望台へ。公式サイトではガラガラの展望台にカップルと思わしき二人が夜景を見ているような写真がありますが、現実は違います。人の嵐。人の山。景観もさることながら、それを見る人を見るのも楽しいです。しかし、今回の目的はこれではありません。実は更に上に行くことができるんです。本来へリポートがある屋上の周辺をウッドデッキで整備して、ガラスのない、風を感じながら景色を楽しめる展望台があります。追加で1000円取られます。
そこに行って東京の(ちょっとかすんだ)風景を山ほど撮りました。
六本木ヒルズはこれでおしまい。なんだかよくわからないブランドやお店なんて目もくれません。そういえば展望台にはロモが売ってました。

地下鉄に乗って浅草へ。
並木藪蕎麦(美味しんぼで出ています。)で蕎麦をいただきます。関東風のなかでも更に濃いめのダシに酔います。まんがに出てくる主人とそっくりの人がいたので、きっとその人が主人なんでしょう。
雷門は現在貼り替え中でありませんでした。写真とっておくべきだったかな。
次にやげん堀でふりかけを大量購入。この店のにおいが好きです。
なお、このやげん堀のふりかけの“のりごま”は、マネックス証券社長の松本氏が好んでいることで有名。朝食は必ずのりごまごはんなんだそうです。

また地下鉄に乗って今度は神田に行きます。
かんだ藪蕎麦でまたまた蕎麦をいただきます。ここのお店は注文を通すときに「せいろ2枚ぃぃぃぃぃ~~~~~」と言うことで有名。おかわりを頼むと「せいろ1枚おかわりぃぃぃぃ~~~~」となります。瓶ビールグラス2つなら「ビール1本お二人さんん~~~~~」ここではせいろ蕎麦を2枚いただきました。

蕎麦屋を後にして、秋葉原へ。ここで松本社長とばったり出会いました。休日に出没するというウワサはどうやら本当らしいです。
車とカメラの話をちょっとして、社長は秋葉原の人混みに消えていきました。

タクシーで小石川植物園へ。しかし、閉園時間が迫っていて、入ることができませんでした。しかたなく、地下鉄で新宿に出て、都庁を外から眺めてみたりします。
ヨドバシカメラとか見たりして、そのままバスで羽田へ。
おみやげを買ったり色々店を見て回ったりして、俺は適当なベンチを見つけて仕事開始。2時間ぐらい時間をつぶして、パスタ屋で食事をとって、飛行機に乗って帰りました。

セキュリティチェックの際に、小物入れにRTSをドカンと乗せて渡したら、X線を通さないでくれました。それだったらフィルムも裸で乗せておけばよかったな。

東京風景の写真は今夜あがる予定です。

参考リンク
六本木ヒルズ公式サイト(展望台):http://www.roppongihills.com/jp/facilities/tcv/index.html
藪蕎麦(藪蕎麦を歩く):http://www.tokyo-kurenaidan.com/yabu1.htm
やげん堀:http://www.asakusa-umai.ne.jp/umai/yagenbori.html
宿泊したホテル:http://www.anahotels.com/tokyo/

2003年6月21日

東京に来ています

ひとがすげー多い。
いつ来ても多い。
みんなどこから来てるんだ?

2003年6月16日

引っ越しちょっと完了

仕事ができる程度に環境を整えることができました。
家具とかハードウェアもちょっと変わっていたりします。インターネット関係はまだつながっていないので、しばらくはNTT DoCoMoの@FreeDでやるしかないようです。スキャンを担当しているMacからレタッチ等の作業を担当しているThinkPadをギガビットイーサネットで接続できました。しかし、家庭内のネットワークがまだキチンと構築できていないので、それぞれを接続するのは当分先になりそうです。

スキャナの接続もまだ…せめてフラットベットだけでも繋ぎたいところです。でないと、今制作しているサイトの作業ができないままです。公開予定は29日。あと2週間しかありません。
死ぬ気でやろう。

2003年6月13日

引っ越し

事務所を移転します。
現在の場所から100mほど東。家賃高くなります。でも広くてきれいで静かで快適です。お客さん呼んでも恥ずかしくないです。
現在抱えている仕事に必要な機材を旧事務所に残して作業を継続しつつ、新事務所に他の機材を移して(ひとつひとつ手でもって運んでます)、週明けには移転完了となる予定です。
明日に業者に頼んで大きな家具を運んでもらいます。冷蔵庫と洗濯機と食器棚とテーブルだったかな。日曜日には会社の後輩たちが手伝いに来てくれて、その他の荷物を運び出します。月曜日に電話回線の移設工事が行われて、仕事環境が完全に移転完了となります。

現在、フィルムスキャナやカメラ機材は新事務所の荷物の山に埋もれてるので、撮影、スキャンといった作業ができません。Surface diskも作業を一旦止めています。

銀行にあった貯金の半分をマネックス証券に移して、俺の人生史上最大の買いをしました。(金額的にはたいしたことないです)
ETF のTOPIXのやつを888円で。九州電力を1871円で。株数はヒミツ。テクニカルなことは全然考えてません。貸株サービスってのがあるんですが、持っている株を貸し出すことで金利がちょっとつくそうです。来月にならないとわからないみたいです。

参考:
マネックス証券(http://www.monex.co.jp/)
貸株サービス(http://www.monex.co.jp/visitor/shohin/kashikabu/index.html)
ETFのTOPIXのやつ(http://quote.yahoo.co.jp/q?s=1306.t&d=c&k=c3&z=m&h=on)
九州電力の株価(http://quote.yahoo.co.jp/q?s=%B6%E5%BD%A3%C5%C5%CE%CF&d=c&k=c3&h=on&z=m)
九電の誇る最強の地熱発電所・見学無料(http://www.kyuden.co.jp/company/kigyo/thirmal/t_hatsuden/t_hattyoubaru.html)
九電・キャラ的にはでん子の方がいい(http://www.kyuden.co.jp/)

2003年6月11日

車検ともろもろ

会社の休みをもらって、車検とかもろもろを片づけました。
9時から区役所に行って、転居届と同時に住民票の写しをもらっておきます。次に警察署へ行き、免許証の住所を変更します。
重量税とか車検の手数料がいるので、そのままコンビニでお金をおろします。GSX-R1000をちょい乗りで使うという何とも贅沢な。

バイクをおいている実家に戻って、汚れを拭き取って最終チェック。
オイルのにじみや変な部分がないかどうかを見ておきます。ライトの点灯、ウインカーも問題なし。懸念事項としては1:フェンダーレスにしているけど、大丈夫かな(インナーフェンダーは装着済み)。2:ウインカーを社外品にかえたけど、大丈夫かな(位置などは問題ないと思う)。3:片目HIDは本当に通るのか?

念のため、最低限の整備ができる工具を鞄に詰め込みます。
忘れ物がないかどうか確認して、車検場に向かいます。車検場はいつもガソリンを入れているスタンドのすぐそば。車検場に縁がある人にとっては、この上なくいい環境といえます。

車検場に到着。まずは何をすべきなのかわかりません。
とりあえず下見をかねて、適当なところに入ってみました。登録関連をやる事務所のようです。今回は住所変更もするので、あとで世話になると思われます。
内部でもう一つの建物とつながっています。こちらは検査関連をやる事務所のようです。ここまで来て書類などを買ってないことに気がつきました。売店を探します。
車検場の北側に売店がありました。行政書士事務所も一緒にあって、書類書きができない人はここで書類を書いてもらうようです。
OCR5号様式とかいうのと、なにやら書類セットを受け取り、重量税と検査手数料を支払います。
次にさっきの検査関連をやる事務所に行って、受付を済ませます。書類に不備があると、赤ペンでチェックしてくれました。この時点で車検証の住所がどうとかは問題ないみたいです。

書類一式を持ってレーンに入ります。4輪駆動車のサイドスリップテストとかをやる機械をそのまま通り越して、2輪レーンにいきました。結構並んでいます。
まずは外観チェックをしているようです。俺の順番まではしばらくあります。ああーひまだなー。見学するにも距離がありすぎるし、なんか殺伐とした雰囲気だし。向かいのバイク業者といつケンカが始まってもおかしくない、250cc以下はすっこんでろ。そんな雰囲気です。って思ってたら、俺の前の業者さんが順番を譲ってくれました。

ちょうど前では結構古いバイクが車検を受けているところでした。どうやら排気ガス検査をするみたいです。マフラーに変な棒をつっこんでCOとHCの測定を行っているんですが、何度やってもCOが基準値をこえているみたいです。始動直後で排気が安定していないんだろう。ってことで業者さんおもっきりふかしてます。ふかしますふかしますふかしまくります。レーンとはいえ出口と入り口だけのトンネルのようなもの。CO基準値オーバーの排気が一気に後ろに襲いかかります。みんなたまらずよけています。

結局順番があるので、彼はレーンに並び直すことにしたみたいです。
俺の順番が回ってきました。書類のセットをそのまま渡します。
キーをONにして、ライトのチェックOK。ウインカー前側左右OK。クラクションOK。前ブレーキランプ点灯OK。後ろブレーキランプ点灯OK。各部の締めもOKみたい。フレーム番号とエンジン形式の照合OK。

つぎにテスターに乗って検査です。
後輪でスピードを測るって事を知らせて、まずは前輪のブレーキテスト。前の電光掲示板に「ブレーキをかける」って出たので、適当にかけました。結構左右に振られます。「後輪を乗せる」って出たので、ちょっと進んで後輪をセット。ガコガコガコンと姿勢制御ブロックがタイヤを適正な位置に持っていきます。
なんだかおもしろくなってきました。左側にあるスイッチを踏むと「スピードテスト」って出ました。40km/hで足を離します。そういえばさっきの前輪ブレーキ、握りが甘かったかも…とか後悔する余裕も出てきています。
スピードテストOK。「しばらくまつ」って出ました。待ちます。そしたら「ブレーキふむ」って出ています。知らない間にブレーキテストになってました。うりゃ!ってブレーキを踏みます。「ブレーキテスト ○」って出ました。残るは最後の難関、光軸テストです。
白線にライト位置をあわせて(これも適当)、ちょっと待つとピーピーと警告音を発しながら変な機械が出てきます。ライトは上向きにします。
なにやら前後にカクカクと機械が動いているように見えます。しばらく前で怪しい動作をされて、掲示板を見ると「ライト ○」と出ました。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

光軸ばっちりやん!
レーンを出てバイクを置いて、検査完了印が押された書類をもって、検査課へ。指示された書類を渡すと、新しい車検証とシールが手渡されました。
と、本来はここでおしまい。でも、俺には住所変更が必要です。
また売店に行って住所変更用の書類 OCR2号様式とかいうのを買います。バイクは手数料がかからないそうです。
適当に内容を埋めて、受付に出しておくと名前を呼ばれました。不備があるから、この部分を書いてよ。って事らしいんですが、その場で書かせてもらえました。なんとか受理。しばらくして、新しい車検証が交付されました。

これで手続きは全部完了。バイクに戻ってステッカーの貼り替えをします。が、うまくはがれてくれません。はがしにくいとは噂に聞いていたのですが、ここまで激しいとは思いもよらずでした。しかたなく、びりびりになった状態のシールのまま家に帰ります。

帰りはスピード検問をやってました。のんびりしていたのでよかったですけど、ヘタすれば青切符もらってたかもと思うとガクブルです。

家に帰って猫を日なたに出してあげて、シールの貼り替えをしました。ビシッと決まった最新のシール。バイク自体は何も変わってないですが、有効期限が2年延びたのは精神的に安心感が出てきます。
最初の2年は何もいじらないと決めていました。次の2年は…

2003年6月10日

だれこれ?

仕事で使っているDirectorってソフトの拡張機能であるXtraをネットで購入しました。OSControl Xtraっていって、Director内でOSのインターフェースを実現できる!かつWin&Macの各インターフェースに勝手に切り替えてくれる!というすごいXtraなんですが、ユーザー登録が完了して、使っているソフトのシリアル番号に対応したレジストレーションキーファイルなるものをメールで送って来たんです。

Hello Shinfo Okamoto,

Thank you for registering the OSControl Xtra.

おいおい、シンフォって誰だよ。またやってしまったよ。
以前、msnが俺のことをソニーなんて言ってくれたことがあったけど、あれは直ってるのかなと調べたら、まだ直ってない。俺はソニーじゃない。ランクで2番をいただいているから、今のところは許しておいてやる。

梅雨入りしたんですね。
バイク乗りにとってきびしいシーズンです。登山用のレインウェアで今日は仕事に出てみましたが、やっぱゴアは最高っす。

参考リンク:
Macromedia Director(http://www.macromedia.com/jp/software/director/)
OSControl xtra(http://xtras.openspark.com/index.php?page=OSC_home)
msn マネックスで検索(http://search.msn.co.jp/results.asp?FORM=msnh&v=1&RS=CHECKED&CY=ja&cp=932&q=%83%7D%83l%83b%83N%83X)

2003年6月 8日

俺の話を聞けよ。アンダーソン君。

マトリックス リローデッドを見に行ってきました。
個人的にはエージェント・スミスが大好きだったりします。あまり書くとネタバレになってしまいそうなんで、詳しく書きません。

帰りにボケッと泉北1号を走っていたら、スピード違反で検挙されちゃいました。いやぁ、久しぶりだ。
白バイ隊員はある程度ギャグのわかってくれる人だったので、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

「ねぇ、またがらせてよ。」「それだけは勘弁して」「これなに?」「●●だよ」「これは何のメモ?」「あまり関係ないことが書いてあるよ」「いつもどこからくるの?」「●●●。」「へぇ、そんなところから。くるときも検挙したりしてるの?」「いや、警らしながら。」「帰るときも?」「そう。」

「この近くでおいしいお店知らない?」「いやぁ、僕もここに住んでるわけじゃないからねぇ」「そっか。」「お昼まだなんですか?」「帰りにどこかに寄ろうと思って。」「この近くに“ラーメン●●”ってあるらしいですよ。あ、反対側ですね」「じゃーまた捕まらないとダメだね。」「いやぁ、それはダメですよ。安全運転してくださいよ。」

「ねぇ、またがっちゃダメ?」「だめです。」「免許もっててもダメ?」「だめ。」

白バイにまたがらせてはもらえませんでしたが、写真は特におとがめなかったので、何枚かとらせてもらえました。
素材にしていいのかなぁ。相手が国家権力なだけに、ちょっとこわいな。

2003年6月 6日

車検だ!

体調不良で数日間ぶっ倒れていました。腸炎らしいです。何度かなっていますが、いやな病気です。

会社を休んでいる間に、車検の予約を済ませることができました。期限が6月の12日だったので、休みの関係と混み具合から見て11日の水曜日に予約を入れました。
ちょっと他の人とは違う手続きになるようです。

まずは、住所変更届を出さないといけないみたいで、どうせなら新住所で登録してしまおうと言うことで、午前中に転居届を区役所に出しに行かなければなりません。新住所の住民票をついでにとっておきます。
この手続きを午前中に済ませて、午後に車検場に乗り込みます。検査場は家の近所なので、かなり余裕を持って挑めます。

車検の日までに自賠責保険の継続手続きや、ライトの片目をHIDにしているので、光軸のチェックも必要です。
来週の車検にかけて、いろいろ忙しくなりそうです。

2003年6月 2日

写真撮りに行ったのに何も撮らずに帰ってきた2

どうやら、草原は牧場として使われているみたいで、その牛が登山道に入って迷わないようにと、ロープを張っているとのこと。登山者は、ロープをはずして登山道に入って、またロープを渡しておかなければなりません。

さて、地図を確認して、進むべきルートをチェックします。行程としては1時間半~2時間程度。しかし、カメラ機材を山ほど抱えたこの体で、そんなペースで行けるわけないなとはなから諦めています。
登山届けを出しましょう。あれれ、ポストが見あたりません。仕方ないので、そのまま行くことにします。

降りしきる雨が、木々の葉にたまって大粒のしずくになって降ってきます。風が吹けば一面スコールのような状態になります。それが何度も何度もやってきます。
雨が降っているのかどうかはわかりません。
登山客は俺以外にはいないようです、少なくとも前後には誰もいません。

少し進むと真新しい足跡がありました。一人登っているようです。
森の中をしばらく行くと、少し開けたところに出ました。みたら展望台とあります。普段はここから湯布院の街を見ることができるんでしょうが、今目の前にある景色は流れる霧だけです。
パンを腹に詰め込んで再スタートします。

由布岳登山の感想を聞くと「何度もあるスイッチバックと変わらない景色にうんざり」という声を聞くことがあります。スイッチバックというのはつづら折れのことで、急登を避けてジグザグに登っていくことをさします。
何度折り返したか忘れた頃に、植生が変わってきました。徐々に背が低くなってくることがわかります。

雨が強くなってきたので、スイッチバックのところにある木陰に傘を仕込んでしばらく休みました。すると、下から足音が聞こえてきます。
三脚を抱えた人が、かなりのペースで進んでいきました。自分の装備を見直したくなる瞬間です。
負けるわけに行かないなと、少しして、再スタート。

もはや登山の目的は撮影でなく訓練になりつつあることを実感しながら、何度も何度もスイッチバック。もう何回折り返したか忘れてしまった。

少し行ったら今度は前から人が来た。さっきの人とはまた別の人だった。どうやら、登山客はこの3人だけみたい。
GPSによると、山頂まではもうすぐと出ているので、さっきの人はすでに山頂に着いている可能性がある。いいなぁ。

だんだん登りがきつくなってきたところで、さっき抜かしていった人とすれ違う。これで山頂を目指している人は俺だけということになります。
ふと見上げると、双頭の山頂が霧の中にぼんやりと浮かんで見えます。GPSによればあと数百メートルでつくとのこと。
最後のスイッチバックを曲がり終えて、現れたのはガレ場。何とか踏み場を見つけて、最後まで上り詰めました。

その地点が双頭のまたの部分、その名もマタエです。ちょうどそのとき、12時を知らせる音楽が鳴り響きました。め・メヌエット?
何と登るのに3時間もかかってしまっています。下山に2時間だとして、このままでは帰りのバスに間に合いません。マタエから山頂までは15分。山頂に行っていては、間違いなく置いてけぼりをくらいます。

携帯で下山することを伝えて、急いで下山しました。

結局写真は撮らずじまい。残ったのは両肩の激しい筋肉痛。
また夏に登ろう。由布岳はいい山だよ。そう思いながら、タクシーで集合場所に戻りました。

あーあ

EIRで遊ぶとしましょう。

2003年6月 1日

写真撮りに行ったのに何も撮らずに帰ってきた

こんなこと、ありませんか。
俺はしょっちゅうです。

今回のロケ地は大分県湯布院!湯布院!行きたい温泉No.1でありながら、行ってよかった温泉No.1ではないという不思議な温泉!湯布院!(行ってよかったNo.1は草津温泉)
湯布院の象徴である豊後富士こと、由布岳。今回のターゲットは由布岳に決めました。

しかし、九州地方に台風がジャストミート、深夜から明け方にかけて大分県をかすめていくという予報でした。
夜にかけて風が強くなって、いかにも台風といった雰囲気だったんですが、朝は雨が小雨に変わり、霧もさほど濃くないようだったので、とりあえず雨対策をした装備で由布岳に向かうことに。

駅前からタクシーで登山口まで。

ついてみるとあら不思議。横殴りの雨、ものすごい勢いで流れる霧。しばらくその場で立ちすくんでみました。携帯で登山開始の連絡を入れ、さっさと登り始めます。火山帯独特の草原。晴れていたらとても気持ちがいいんでしょう。

しばらく進んでいくと、入り口らしきものが見え、ロープが渡してあります。「え!登山禁止なの?」と思いながら進んでいくとそれは…(つづく)

このアーカイブについて

このページには、2003年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年5月です。

次のアーカイブは2003年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。